あの、夏の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あの、夏の日
とんでろ じいちゃん
監督 大林宣彦
脚本 石森史郎
大林宣彦
製作 芥川保志
大林恭子
音楽 學草太郎
撮影 坂本典隆
配給 東映
公開 日本の旗 1999年7月3日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あの、夏の日 とんでろ じいちゃん』(あの なつのひ とんでろ じいちゃん)は、大林宣彦監督の映画作品。「新尾道三部作」の第3作。原作は山中恒の小説『とんでろ じいちゃん』。

作品概要[編集]

1998年尾道市制100周年を記念し、“新尾道三部作”と称して“尾道三部作”(『転校生』・『時をかける少女』・『さびしんぼう』)に倣った尾道を舞台にする3映画作品が制作されることになり、それに伴い『ふたり』・『あした』に続く最終作として制作されたのが本映画である。1998年の夏に撮影が行われ、1998年12月13日に試写会が行われた[1]

それまでに制作された“尾道三部作”・“新尾道三部作”の計5作品とは異なり、主人公には老父とその孫を登用した、幻想的な展開の作品になっている。また、それまでの映画ではほとんど使われていなかった尾道弁も頻繁に表れている。

なお原作者は、この作品が尾道を舞台に映画化すると言う提案を受けたとき、本当に内容が破天荒なこの作品でいいのかと、問い返したとされている。

ストーリー[編集]

おじいちゃん(大井賢司郎)に痴呆の症状が見られるということを知った大井由太の両親はお見舞いに行こうとするが、2人とも仕事が忙しくてどうしてもいくことができない。そこで、いつも一人で考え事をしていて、「ボケタ」とあだ名をつけられた孫の由太がおじいちゃんのもとへいくことになる。

しかし、そこで由太はおじいちゃんと生活しているうちに不思議なことをたくさん知ることになる・・・

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・編集:大林宣彦
  • 企画・製作・プロデューサー:芥川保志大林恭子
  • 原作:山中恒『とんでろ じいちゃん』旺文社
  • 脚本:石森史郎、大林宣彦
  • 音楽:學草太郎山下康介
  • 編曲・指揮:山下康介
    • 主題歌:『あの、夏の日』(作詞・作曲:學草太郎、編曲:山下康介、コーラス:コールリリック)
    • 主題歌:『やくそく』(作詞・作曲:學草太郎、編曲:山下康介、唄:佐野奈波)
  • 挿入歌:『ジョスランの子守唄』(訳詞:近藤朔風、作曲:バンジャマン・ゴダール、唄:中村淑子、伴奏:日本ビクター・サロン管弦楽団)
  • 撮影:坂本典隆
  • 美術:竹内公一
  • 照明:西表灯光
  • 音響デザイン:林昌平
  • 録音:内田誠
  • ビジュアルエフェクト:徳永徹三
  • 方言指導:吉田多美重
  • 方言指導協力:大原穣子
  • SPECIAL THANKS:高橋士郎

その他[編集]

当時中学生であった宮崎あおいのヌードシーンが含まれており、宮崎がブレークした後にお宝発掘のような形で、雑誌やファンの間で一時話題となったこともあった(とは言っても、大事な部分は草や手で隠されている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]