海辺の映画館―キネマの玉手箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海辺の映画館
キネマの玉手箱
(Labyrinth of Cinema)
監督 大林宣彦
脚本 大林宣彦
内藤忠司 / 小中和哉
製作 中村直史
小笠原宏之
門田大地
製作総指揮 奥山和由
出演者 厚木拓郎
細山田隆人
細田善彦
吉田玲
成海璃子
山崎紘菜
常盤貴子
音楽 山下康介
撮影 三本木久城
編集 大林宣彦
三本木久城
制作会社 PSC
製作会社 「海辺の映画館―キネマの玉手箱」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2020年7月31日(予定)[1][2][3]
上映時間 179分(第32回東京国際映画祭)[4]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

海辺の映画館―キネマの玉手箱』(うみべのえいがかん―キネマのたまてばこ、英題:Labyrinth of Cinema)は、2020年7月31日[1][2]公開予定[3][5]の日本映画。大林宣彦監督作品[4]尾道の映画館で日本の戦争映画特集を観ていた戦争を知らない若者3人がスクリーンの世界へとタイムリープし、明治維新から第二次世界大戦までの戦争を体験し映画のヒロインたちがその犠牲となる姿を目撃して、原爆投下前夜の広島で出会った原爆の犠牲となる定めの移動劇団「桜隊」の運命を変えるべく尽力する姿を、モノクロサイレントミュージカル時代劇アクションなどさまざまな映画の表現や様式を総動員して描く[6][7]。映倫区分はPG12[8]

2020年4月10日肺がんのため逝去した大林宣彦監督の遺作となった[9][10]

製作[編集]

3か月の余命宣告を受けて集大成となる前作『花筐/HANAGATAMI』(2017年12月公開)を完成させた大林は、休暇を兼ねて故郷の広島・尾道で兼ねて気軽にエンターテインメント作品を撮ってみてはとの誘いを受けて、直後より広島での巡演中に被爆し全滅した移動劇団「桜隊」を題材として本作の企画に着手した[7][11]。7歳で終戦を迎え自身を「敗戦少年」「平和孤児」と表現する大林はクランクインに先立って「広島の原爆を描くことを使命と考えてきた」と語り、「平和のために役立つことを芸術で表現したい」「そのために生かされている」と語っている[12]

撮影は闘病と並行して2018年7月2日にクランクインし、翌8月中旬にかけて尾道市を中心に隣接する福山市で行われた[12][13]。大林宣彦監督が尾道で撮影するのは『転校生 さよなら あなた』(2007年公開)以来、12年振り。[14]、尾道がメインのロケ地になるのは同市の市制施行100周年記念作品として製作された『あの、夏の日 とんでろ じいちゃん』(1999年公開)以来、20年振りになった[12][15]。キャストには、主演の若手俳優3人と大林が見初めた本作が映画デビューとなる新人の吉田玲[16][17]に加え、常盤貴子ら近年の大林作品の常連から尾美としのり[15]ら往年の大林作品ゆかりの俳優、本作で俳優引退となる大ベテランの犬塚弘[18]、ミュージシャンの高橋幸宏、映画監督の手塚眞らのバラエティ豊かな顔ぶれが名を連ねた[10]

「気軽にエンターテインメントを」のつもりで着手した作品がやり始めたら本気になって、キャスト、スタッフ総勢300人が関わり上映時間が3時間に及ぶ、大林の抱く「反戦」「厭戦」の思いが全編に貫かれた前作を上回る大作として完成した[10][11]

封切り[編集]

劇場公開に先立ち、2019年11月1日、第32回東京国際映画祭の「Japan Now」部門に出品され、ワールド・プレミア[3]上映された。上映後、舞台挨拶および第32回東京国際映画祭 特別功労賞の贈呈式が行われた[19]。続いて同年11月24日、広島国際映画祭2019の「ヒロシマEYE」部門に出品され、クロージング上映として上映。上映後、大林監督トークショーおよび広島国際映画祭2019 ヒロシマ平和映画賞の授賞式が行われた[20]

2020年4月10日の劇場公開を予定していたが[6]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて3月31日付で公開延期が発表され[21]、新たに同年7月31日に公開予定となった[1][2]。6月4日、新たに7月31日公開と決まる[22]

あらすじ[編集]

今夜限りで閉館する、尾道で唯一残る映画館「瀬戸内キネマ」を訪れた青年3人が「日本の戦争映画大特集」の最終オールナイト上映で映画の世界にタイムリープするファンタジー。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

登場人物の中には、大林宣彦監督の過去の作品に登場した人物と同姓同名の人物が幾人か含まれている(演者は異なる)。中でも大林作品の中で「尾道三部作」と通称される『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』の3作全てから同姓同名の登場人物が採用されている。

馬場毬男
演 - 厚木拓郎
鳥鳳介
演 - 細山田隆人
団茂
演 - 細田善彦
希子(のりこ)
演 - 吉田玲
斉藤一美[注 1] (過去作『転校生』および『転校生-さよなら あなた-​』の主人公の1人と同姓同名)
演 - 成海璃子
芳山和子[注 2](過去作『時をかける少女』の主人公と同姓同名)
演 - 山崎紘菜
橘百合子[注 3] (過去作『さびしんぼう』のヒロインの1人と同姓同名)
演 - 常盤貴子

その他[編集]

杵馬(瀬戸内キネマ支配人)
演 - 小林稔侍
爺・ファンタ[注 4](過去作『ハウス』の登場人物と同じ愛称[23]
演 - 高橋幸宏
老婆(チケット売場)
演 - 白石加代子
近藤勇
演 - 尾美としのり
坂本龍馬
演 - 武田鉄矢
能を踊る男
演 - 南原清隆
千利休
演 - 片岡鶴太郎
中岡慎太郎
演 - 柄本時生
西郷隆盛
演 - 村田雄浩
大久保利通
演 - 稲垣吾郎
芹澤鴨
演 - 蛭子能収
酒匂(苦力姿)
演 - 浅野忠信
川島芳子
演 - 伊藤歩
宮本武蔵
演 - 品川徹
お通
演 - 入江若葉
浅野深夫上等兵[24]
演 - 渡辺裕之
映画監督(小津)
演 - 手塚眞
映画監督(山中)
演 - 犬童一心
お季
演 - 根岸季衣
奈美子 (新聞記者・爺・ファンタの娘)
演 - 中江有里
加也を刺す上官/車掌/倉庫番A
演 - 笹野高史
滝上等兵/軍曹(日本軍駐屯地) 郵送
演 - 本郷壮二郎
愛姫 (滝の中国女) 11:30
演 - 川上麻衣子
金城亀二
演 - 満島真之介
金城亀吉(村長)
演 - 大森嘉之
宮地節子(列車のおばさん)
演 - 渡辺えり
丸山定夫
演 - 窪塚俊介
男の子の父
演 - 長塚圭史
男の子の母
演 - 寺島咲
映画館で幸せそうに居眠りする客
演 - 犬塚弘

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第32回東京国際映画祭 特別功労賞(大林宣彦監督)[19]
  • 広島国際映画祭2019 ヒロシマ平和映画賞[25]

関連商品[編集]

サウンドトラック

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 転校生』『転校生-さよなら あなた-​』の主人公の役名。
  2. ^ 時をかける少女​』の主人公の役名。
  3. ^ さびしんぼう』のヒロインの役名。
  4. ^ HOUSE ハウス』の登場人物の役名。

出典[編集]

  1. ^ a b c 海辺の映画館ーキネマの玉手箱の2020年6月4日のツイート2020年6月4日閲覧。
  2. ^ a b c “大林宣彦監督の最期のメッセージを掲載したパンフレットも完成! 渾身の“最新作”「海辺の映画館」7.31公開決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年6月4日). https://thetv.jp/news/detail/234876/ 2020年6月4日閲覧。 
  3. ^ a b c 大林宣彦監督が東京国際映画祭の特別功労賞を受賞!”. Movie Walker (2019年11月2日). 2019年11月17日閲覧。
  4. ^ a b 海辺の映画館―キネマの玉手箱 - 第32回東京国際映画祭”. 第32回東京国際映画祭 (2019年). 2019年11月17日閲覧。
  5. ^ スターダスト オフィシャルサイト - ニュース 常盤貴子 第32回東京国際映画祭にて出演映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」舞台挨拶!”. スターダスト (2019年11月2日). 2019年11月17日閲覧。
  6. ^ a b 入倉功一 (2020年2月13日). “大林宣彦監督『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4月10日公開!豪華キャスト登場の予告編公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0114083 2020年4月12日閲覧。 
  7. ^ a b 石井健 (2019年10月25日). “玉手箱のような集大成 大林宣彦監督の新作「海辺の映画館」”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/entertainments/news/191025/ent1910250001-n1.html 2020年4月19日閲覧。 
  8. ^ 海辺の映画館―キネマの玉手箱│アスミック・エース”. アスミック・エース (2019年). 2019年11月17日閲覧。
  9. ^ 映画監督の大林宣彦さん死去、82歳…「時をかける少女」「転校生」”. 読売新聞オンライン (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  10. ^ a b c 小菅昭彦 (2020年4月16日). “原点回帰であり、集大成 大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」”. 時事ドットコム. 時事通信社. https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041500630 2020年4月19日閲覧。 
  11. ^ a b “映画「海辺の映画館 キネマの玉手箱」 大林監督新作 時代への危機感”. 毎日新聞. (2019年10月31日). https://mainichi.jp/articles/20191031/dde/018/200/018000c 2020年4月19日閲覧。 
  12. ^ a b c 北村哲朗 (2018年7月8日). “末期がんの大林監督、原爆を描く新作撮影 故郷でロケ”. 朝日新聞デジタル. 2019年11月17日閲覧。
  13. ^ “映画:「海辺の映画館-キネマの玉手箱」 大林監督、尾道で新作 「人間とは何か」を描く /広島”. 毎日新聞. (2018年7月2日). https://mainichi.jp/articles/20180702/ddl/k34/200/265000c 2020年4月19日閲覧。 
  14. ^ 「海辺の映画館」TIFF上映に大林宣彦が登壇「あと3000年は生きて作ろうと思う」”. 映画ナタリー (2019年11月1日). 2019年11月17日閲覧。
  15. ^ a b 尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白…理由を知り涙”. スポーツ報知 (2019年4月19日). 2019年11月30日閲覧。
  16. ^ “ミュージカル映画「隣人のゆくえ」吉田玲、大林宣彦監督最新作の主人公に抜てき!”. 映画.com. (2019年9月11日). https://eiga.com/news/20190911/1/ 2020年4月19日閲覧。 
  17. ^ “大林宣彦監督が見初めた新人女優・吉田玲とは? 「海辺の映画館」メイキング写真公開”. 映画.com. (2020年3月3日). https://eiga.com/news/20200303/6/ 2020年4月19日閲覧。 
  18. ^ “90歳の犬塚弘、俳優卒業宣言「頭も口も大丈夫だけど下半身が駄目」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年10月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191002/geo19100204000004-n1.html 2020年4月19日閲覧。 
  19. ^ a b 大林宣彦監督「これから3000年生きる」と力強くアピール 東京国際映画祭の特別功労賞に輝く - 第32回東京国際映画祭”. 第32回東京国際映画祭 (2019年11月1日). 2019年11月17日閲覧。
  20. ^ 広島)大林宣彦監督、広島国際映画祭で「平和」を語る”. 朝日新聞デジタル (2019年11月28日). 2019年11月30日閲覧。
  21. ^ “大林宣彦「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が公開延期に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月31日). https://natalie.mu/eiga/news/373546 2020年4月10日閲覧。 
  22. ^ “大林宣彦監督の遺作、映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」の公開日が7月31日に決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年6月4日). https://hochi.news/articles/20200603-OHT1T50299.html 2020年6月4日閲覧。 
  23. ^ ただし、過去の映画に登場した「ファンタ」は女性である。
  24. ^ モデルは佐野浅夫。佐野がかつて櫻隊の所属役者だったことが根拠。また役名のニュアンスを考えた場合、苗字から「あ」を除くと「さの」となり、名前の「深」の対義字が「浅」であることから「さのあさお(佐野浅夫)」になる。
  25. ^ 広島国際映画祭2019「ヒロシマ平和映画賞」は海辺の映画館ーキネマの玉手箱」に決定!!”. 広島国際映画祭実行委員会 事務局 (2019年9月30日). 2019年11月30日閲覧。
  26. ^ 海辺の映画館-キネマの玉手箱- 山下康介”. Rambling RECORDS. 2020年6月21日閲覧。
  27. ^ “大林宣彦監督 遺作映画のサントラ「海辺の映画館」7.17発売!監督自身が弾いたピアノ曲も収録”. 中日スポーツ東京中日スポーツ (中日新聞社). (2020年6月17日). https://www.chunichi.co.jp/article/74496 2020年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]