嶋田久作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しまだ きゅうさく
嶋田 久作
本名 嶋田 哲夫
生年月日 (1955-04-24) 1955年4月24日(63歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市瀬谷区
国籍 日本の旗 日本
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1984年 -
配偶者 既婚
事務所 ザズウ
主な作品
映画
帝都物語』/『大誘拐
僕らはみんな生きている
屋根裏の散歩者』/『D坂の殺人事件
『秋聲旅日記』/『亀は意外と速く泳ぐ
『殺しのはらわた』
クローンは故郷をめざす
キツツキと雨
『らもトリップ「微笑と唇のように結ばれて」』
劇場版 タイムスクープハンター -安土城 最後の1日-
『先生と迷い猫』
狐狼の血
テレビドラマ
『もどり橋』/『海照らし』
この愛に生きて』/『クラインの壺
青の時代』 /『ハゲタカ
ブラッディ・マンデイ
ランナウェイ〜愛する君のために
翳りゆく夏』 /『おかしの家
撃てない警官
徳山大五郎を誰が殺したか?
ゲーム
キングダム ハーツ シリーズ
海外アニメ
ヘラクレス
オーディオブック
押絵と旅する男
音楽ビデオ
FOREVER MINE

嶋田 久作(しまだ きゅうさく、1955年4月24日 - )は、日本俳優神奈川県横浜市戸塚区(現:瀬谷区)出身。ザズウ所属。

略歴[編集]

幾徳工業高等専門学校中退、東洋大学文学部哲学科を卒業後、コンピュータ会社のプログラマー、バンドのキーボード奏者、生協レジ打ち、庭師などを経て、1984年飴屋法水の誘いを受け劇団東京グランギニョルの旗揚げ公演に参加。29歳で俳優となる。

入団時、座長の飴屋から芸名の命名にあたり、共に風貌が似ているとの理由からハワード・フィリップス・ラヴクラフトに因む「ラヴクラフト嶋田」と、夢野久作に因む「嶋田久作」を提示され、後者を選択したという。

劇団は当時の小劇場の中にあって異質な存在として耳目を集めるも、1986年、4作品を残して解散。しかし、この劇団が『帝都物語/ガラチア』を上演した際に嶋田の演技が関係者の目にとまり、同名作品の映画化に当たって抜擢を受ける事となった。

1988年、『帝都物語』の魔人、加藤保憲役で映画に初出演。原作者の荒俣宏は同作を文庫化する際、加藤の容貌を嶋田本人に似せて書き直している。またメガホンを取った実相寺昭雄からは以後常連として遇されたほか、岡本喜八市川準滝田洋二郎大林宣彦ら斯界の大物から相次いで起用を受け、遅咲きながら短期間で異色俳優としての地位を固めた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 東京グランギニョル 「マーキュロ」 (1984年、アートシアター新宿) - 夜間高校の教師 役
  • 東京グランギニョル] 「マーキュロ」再演 (1985年、アートシアター新宿) - 同上
  • 東京グランギニョル 「帝都物語 /ガラチア」(1985年、原作:荒俣宏/アートシアター新宿) - ヘルムト白井 役
  • 東京グランギニョル 「ライチ・光クラブ」(1985年、下北沢東演パラータ) - ライチ 役
  • 東京グランギニョル 「ライチ・光クラブ」再演 (1986年、都立家政スーパーロフトKINDO) - 同上
  • 東京グランギニョル 「ワルプルギス」(1986年、大塚ジェルスホール) - ナタ・デ・ココ 役
  • 三上晴子・飴屋法水 共同企画「バリカーデ」(1987年、大崎高周波鋼業跡)
  • ハロルド・ピンター・コレクション(1988年、セゾン劇場) - ビル 役
  • MMM「スキン/Skin#1 デパートミックス」(1988年、渋谷パルコ SPACE PART3) - 嶋田博士 役
  • MMM「スキン/Skin#2 バッファローミックス」(1989年、近鉄アート館) - 嶋田マシン(サンプリングの声と映像のみ)役
  • MMM「スキン/Skin#3 246ミックス」(1989年、青山246club) - 同上
  • MMM「スキン/Skin#4 パウワウダブ」(1989年、青山スパイラルホール) - 同上
  • 明治生命ミュージカル「アニー」(1989年、青山劇場 1990年、新神戸オリエンタル劇場) - ルースター 役
  • 三島由紀夫近代能楽集「道成寺」(1990年 サンシャイン劇場) - 骨董屋の店主 役
  • コレクター(1992年、キリンプラザ大阪) - フレディー 役
  • ダッチライフvol.3「ドナドナ」(1993年 吉祥寺バウスシアター)
  • 幻の街 もう一つの神戸物語 (1993年、PARCO劇場)
  • 太陽が死んだ日(1997年アートスフィア、シアタードラマシティ)
  • HARAJUKU PERFORMANCE + Special 飴屋法水 ×山川冬樹 ゲスト出演 (2008年、ラフォーレ原宿)
  • GACKT眠狂四郎無頼控(2010年) - 三雲迅雷 役

オリジナルビデオ[編集]

webドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

海外アニメ[編集]

ラジオ[編集]

  • 青春アドベンチャー「スカラムーシュ」ダジル侯爵・嶋田久作、原作・ラファエル・サバティーニ、演出・江澤俊彦(2009年、NHK-FM)

オーディオブック[編集]

音楽ビデオ[編集]

バラエティ・紀行番組[編集]

  • 今夜は最高!(1988年1月30日、日本テレビ)
  • 玖保キリコの「よるのようちえん」(オーディション残酷物語)(1988年3月11日、フジテレビ
  • NY者(1988年、フジテレビ)
  • とんねるずのみなさんのおかげです (1989年9月21日、フジテレビ)
  • 地球ZIG ZAG ユーゴスラヴィア篇(1990年、毎日放送)
  • 世界・美の旅「愛と幻想のウィーン〜世紀末のクリムト〜」(1991年5月5日、テレビ東京)
  • 風に吹かれて(1991年11月15日、TBS)
  • 優雅なエゴイズムエリック・サティと椅子』(1994年9月4日、MBS)
  • 田原総一朗の人間発掘スペシャル「アメリカに勝った男!」(1995年7月9日、テレビ朝日) - 池田敏雄
  • NHKスペシャル 『150億光年 銀河紀行』(1996年1月2日、NHK総合)
  • スタジオパークからこんにちは (1996年、NHK総合)
  • 美女東風 番組内サイレントミニドラマ(1996年、日本テレビ)
  • 徹子の部屋(1996年11月28日、テレビ朝日)
  • 富士通スペシャル『世界遺産──時を超える旅』道と世界の遺産編(1997年1月3日、テレビ東京9
  • 遠野の物語を伝えた男 佐々木喜善の生涯(1997年) - 佐々木喜善
  • 2つの旗の下に〜嶋田久作の見た香港返還後〜(1997年9月9日、関西テレビ)
  • テクノマエストロ(1998年6月29日、フジテレビ)
  • 東京綺譚『夢の軌跡』(2001年1月2日、フジテレビ)
  • ティーンズTV「デジタル進化論」(2001年、NHK)
  • スタジオパークからこんにちは(2001年5月4日、NHK総合)
  • 報道ステーション 『2007年問題』ナレーション(2005年7月19日、テレビ朝日)
  • 未来創造堂亀の子たわし』(2006年7月7日、日本テレビ)
  • わたしが子どもだったころ 〜上條さなえ編(2007年4月4日NHK-BShi 2009年2月22日NHK総合) - 父親 役
  • 夢路(2007年11月、TBS)
  • NHKハイビジョン特集 『秘宝公開 驚異の仏画「五百羅漢図」』(2008年10月12日、NHK BS-hi) - 狩野一信
  • にっぽん原風景紀行 大阪府・能勢町、兵庫県・丹波篠山(2009年10月14日・21日、BSジャパン)
  • 高校生講座ベーシック10シーズン3国語(2011年4月、ETV)
  • にじいろジーン ゲスト(2012年2月25日、フジテレビ)
  • おはなしのくにクラシック 『論語』(2012年7月9日、ETV) - 孔子 役
  • 超入門!落語 THE MOVIE「死神」(2017年8月14日、NHK総合)- 死神 役
  • 世界一周 魅惑の鉄道紀行 #196│北海道 日本最北端×最東端 夏の北海道 美味絶景の旅へ! 2時間スペシャル(2017年9月11日、BS-TBS)
  • 使えるテレビ ザ・ディレクソン 『独立国 新潟』(2017年12月24日、BS1) - 永田 役
  • 世界一周 魅惑の鉄道紀行 #210│ハプスブルク家王室の旅路 特別ツアー 皇帝列車に乗って! ウィーン少年合唱団 天使の歌声の秘密(2018年01月29日、BS-TBS)
  • みんなのオリンピック(4) 『亡き母への思い』(2018年3月28日、BS1) - 理髪店の客 役
  • 世界一周 魅惑の鉄道紀行 #217│南イタリア 世界遺産 日帰りの旅妖精の家 アルベロベッロの奇跡×白亜の巨大像(2018年04月02日、BS-TBS)

CM[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「半分、青い。」オールアップ! 猫可愛がり。だからダメなんだ~嶋田久作blog~、2018年5月18日
  2. ^ インタビュー18 嶋田久作”. NHK連続テレビ小説『半分、青い。』. NHK (2018年7月14日). 2018年7月22日閲覧。
  3. ^ “田辺誠一:WOWOWドラマWで主演 出世欲全開の元エリート警官に”. まんたんウェブ (株式会社毎日新聞デジタル). (2015年11月18日). http://mantan-web.jp/2015/11/18/20151117dog00m200026000c.html 2015年11月18日閲覧。 
  4. ^ “キンコメ今野浩喜がドラマで欅坂と初共演”. 日刊スポーツ. (2016年6月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1663008.html 2016年6月14日閲覧。 
  5. ^ “『昔話法廷』続編決定 アリ、舌切りすずめ、乙姫が訴えられたら”. ORICON STYLE. (2016年6月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2074109/full/ 2016年6月26日閲覧。 
  6. ^ 仲村トオル主演、江上剛氏の『ラストチャンス再生請負人』連ドラ化 - ORICON NEWS(2018-05-18 07:08)
  7. ^ “早くも映倫チェックが心配?「天使の牙」は撮影快調!”. 映画.com. (2003年3月25日). http://eiga.com/news/20030325/11/ 2016年4月17日閲覧。 
  8. ^ “横浜で映画撮影に参加しよう!来春公開の話題作がエキストラ募集”. 映画.com. (2005年5月10日). http://eiga.com/news/20050510/14/ 2016年4月17日閲覧。 
  9. ^ “及川光博に“ミッチー・ビーム”禁止令!?「クローンは故郷をめざす」初日”. 映画.com. (2009年1月13日). http://eiga.com/news/20090113/2/ 2016年4月17日閲覧。 
  10. ^ “K-20 怪人二十面相・伝”. 映画.com. (2008年12月20日). http://eiga.com/movie/53311/special/ 2016年4月17日閲覧。 
  11. ^ “松嶋菜々子主演、アジア版「ゴースト」ポスターを独占入手”. 映画.com. (2010年8月13日). http://eiga.com/news/20100813/12/ 2016年4月17日閲覧。 
  12. ^ “役所広司「キツツキと雨」ドバイ映画祭最優秀男優賞受賞に感激”. 映画.com. (2012年2月11日). http://eiga.com/news/20120211/10/ 2016年4月17日閲覧。 
  13. ^ “東京セレソンデラックス「くちづけ」を堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化”. 映画.com. (2012年9月1日). http://eiga.com/news/20120901/1/ 2016年4月17日閲覧。 
  14. ^ “要潤&杏、夏帆が戦国時代で奮闘 「タイムスクープハンター」映像公開”. 映画.com. (2013年3月12日). http://eiga.com/news/20130312/5/ 2016年4月17日閲覧。 
  15. ^ “亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」公開は15年1月31日に決定!追加キャストも発表”. 映画.com. (2014年9月12日). http://eiga.com/news/20140912/6/ 2016年4月17日閲覧。 
  16. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  17. ^ Cast of 算法少女”. 2016年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]