夜のピクニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜のピクニック
著者 恩田陸
発行日 2004年7月30日
発行元 新潮社
ジャンル 青春小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 346
コード ISBN 978-4-10-397105-4
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

夜のピクニック』(よるのピクニック)は、恩田陸小説、およびこれを原作とした日本映画である。

概要[編集]

小説新潮』にて2002年11月号から2004年5月号まで連載後、2004年7月30日新潮社から発売され、第2回本屋大賞、第26回吉川英治文学新人賞を受賞した。また、2004年度『本の雑誌』が選ぶノンジャンルベスト10では1位に選ばれた。2006年9月に新潮文庫でも発売された。『図書室の海』(2002年2月、新潮社)には、歩行祭の前日譚『ピクニックの準備』が収録されている。また、ピクニックの準備と夜のピクニックでは、登場人物の設定が違うなどいくらかの相違がある。

著者の母校である茨城県立水戸第一高等学校の名物行事「歩く会」をモデルにしている。本書では80kmの歩行祭と記してあるが、実際の「歩く会」は70kmとのこと。

ストーリー[編集]

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたが、一度も話をしたことがなかった。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは誤解して…。

登場人物[編集]

榊姉弟以外は北高の3年生。

西脇融(にしわき とおる)
テニス部。同級生の甲田貴子とは異母兄妹。
甲田貴子(こうだ たかこ)
同級生の西脇融とは異母兄妹。母はシングルマザー
戸田忍(とだ しのぶ)
融の親友。水泳部。以前に内堀亮子と付き合っていた。原作では眼鏡をかけている描写があるが、映画版ではかけていない。はっきりと言及はされていないものの、貴子のことが好き。
遊佐美和子(ゆさ みわこ)
貴子の親友で和菓子屋の娘。北高男子の憧れの的。原作と映画版では兄弟の設定が異なる。
榊杏奈(さかき あんな)
貴子と美和子の親友で帰国子女。2人には好きな人のことを打ち明けないまま、高校3年生になる春に再びアメリカへ行ってしまう。
後藤梨香(ごとう りか)
融と貴子のクラスメイト。映画版では、戸田忍の事が好きという設定になっているが、原作では言及されていない。
梶谷千秋(かじたに ちあき)
融と貴子のクラスメイト。国立大文系を目指すクラスに所属している。原作では戸田忍に対して密かに好きという感情を抱いているが、映画版では春山という生徒のことが好き。
榊順弥(さかき じゅんや)
杏奈の弟。アメリカに住んでいるが、わざわざ日本までやって来て歩行祭に飛び入りで参加する。実は去年も来ていた。
高見光一郎(たかみ こういちろう)
融と貴子のクラスメイトでロックをこよなく愛する。昼間は死んだように静かなので「ゾンビ」とあだ名される。原作では背が低い設定になっているが、映画では長身である。
内堀亮子(うちぼり りょうこ)
美和子のクラスメイトで、戸田忍の元カノ。校内で付き合った男子は数知れず。融のことを狙っているらしい。超打算的女と忍に言われている。

映画[編集]

夜のピクニック
The Night Time Picnic
監督 長澤雅彦
脚本 三澤慶子
長澤雅彦
製作 牛山拓二
武部由実子
出演者 多部未華子
石田卓也
郭智博
西原亜希
貫地谷しほり
松田まどか
柄本佑
高部あい
加藤ローサ
池松壮亮
音楽 REMEDIOS、DAKOTA STAR
主題歌 フタリMONKEY MAJIK
撮影 小林基己
編集 掛須秀一
配給 ムービーアイ松竹
公開 2006年9月30日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1.4億円
テンプレートを表示

2006年9月30日に公開。それに先立って物語の前日譚を描いたオムニバス形式のDVDドラマ『ピクニックの準備』が9月15日に発売された。撮影場所には著者の母校であり、この作品の舞台となっている茨城県立水戸第一高等学校が実際に使われた。また、出演者も著者の「アイドルっぽくない俳優を使ってほしい」というリクエストがあり、その要望に添ったキャスティングになった。

キャッチコピーは「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ピクニックの準備[編集]

映画公開のおよそ1か月半前から順次Yahoo!動画で無料配信されたのち、2006年9月15日にDVD作品として発売された。映画の主な登場人物にスポットライトを当てた10篇の短編作品を収録。新潮社文庫の『図書室の海』に収録されている原作とは内容が異なり、エピソードはすべて脚本の三澤慶子らによるオリジナルで、映画の前日譚を描く。「片想いの長さ」もう一つの杏奈編は特典映像として収録されているため、レンタル専用DVDには収録されていない。ちなみに、特典映像にはこれら短編作品のメイキング映像が収録されている。

  • 「おまじない」杏奈編
    • 監督・共同脚本:長澤雅彦 出演:加藤ローサ
  • 「告白」さくら編
    • 監督:渡邊孝好 出演:近野成美、大津尋葵、田山涼成
  • 「序奏」高見編
    • 監督:下山天 出演:柄本佑、嶋田久作
  • 「願い事」千秋編
    • 監督・共同脚本:井坂聡 出演:松田まどか、若月徹
  • 「シナリオの行方」梨香&忍編
    • 監督:宮野雅之 出演:貫地谷しほり、郭智博
  • 「おかいもの」亮子編
    • 監督・脚本:鶴田法男 出演:高部あい、海老澤健次
  • 「むりっぽい」貴子編
    • 監督:長澤雅彦 出演:多部未華子、石田卓也
  • 「ひみつ」美和子編
    • 監督:宮野雅之 出演:西原亜希、中里アミ、小野まりえ、鈴木達也、石田卓也
  • 「はてのない」融編
    • 監督:長澤雅彦 出演:石田卓也、多部未華子
  • 「片想いの長さ」もう一つの杏奈編
    • 監督・共同脚本:長澤雅彦 出演:加藤ローサ

なお出演者のうち2人(多部・貫地谷)はのちに連続テレビ小説のヒロインに抜擢されている。

CM[編集]

ナナムジカ「Ta-lila〜僕を見つけて〜」のCM。『夜のピクニック』にインスパイアされて作られた。 世界最短15秒シネマとして、『COUNT DOWN TV』(TBS)内で放送。全3話。

  • 監督:長澤雅彦
  • 出演:唐沢寿明(先生役)、上原美佐(生徒の月子役)
  • 第一話 2005年4月16日放送
  • 第二話 2005年4月23日放送
  • 最終話 2005年4月30日放送

外部リンク[編集]