一瀬隆重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちせ たかしげ
一瀬 隆重
生年月日 (1961-01-18) 1961年1月18日(56歳)
出生地 兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマオリジナルビデオ
活動期間 1984年 -
主な作品
帝都物語
リング』、『らせん
呪怨』、『THE JUON/呪怨
備考
株式会社オズ代表取締役(廃業)
オズラ・ピクチャーズ社長(廃業)

一瀬 隆重(いちせ たかしげ、1961年1月18日 - )は、日本の映画プロデューサーである。映画製作会社の株式会社オズ代表取締役、オズラ・ピクチャーズ社長(現在は廃業)。ハリウッドの代理人はICMパートナーズ

兵庫県神戸市出身。関西学院中学部・高等部卒業。関西学院大学中退。

経歴[編集]

  • 少年時代から多数の映画に刺激を受け、大学時代の1980年に製作・監督を務めて44分のカラー8ミリ自主映画『ウルトラQ No.29「闇が来る!」』[1][2]を制作(製作=いちせ会)、1981年には原作・製作・監督を務めて54分の8ミリ自主映画『理想郷伝説』を制作(製作=いちせ会、1981年8月14日中野公会堂で公開[3])した。
  • 1983年に大学を中退して上京し『空気の缶づめ』(1983年)[4]、『夢で逢いましょう』(1984年[5]などの8ミリ映画を制作。
  • 1984年、23歳の時に『星くず兄弟の伝説』(手塚眞監督)でプロデューサーを務め本格的にデビューした。初のメジャー作品で、エグゼクティブプロデューサーを務めた1988年公開の『帝都物語』は、興行収入18億円(配給収入10.05億円)を記録し注目される存在となる。
  • 2012年7月6日、株式会社オズが経営不振により法的整理の手続きに入ったと報道された。[6]これに伴い公式ブログやウェブサイトも閉鎖され、2015年9月9日付で、破産手続き開始の決定を受けた[7]
  • 2015年6月13日、屍憶 THE BRIDEのFacebook ページ[8]で、Yahoo!台湾の映画ページに掲載されている一瀬隆重プロデューサーからのメッセージ動画[9]が紹介された。

人物[編集]

著書『ハリウッドで勝て!』では日本映画界の現状に苦言を呈し、業界の異端児と称されることもあった。芸術性の高い映画よりも娯楽映画として世界で興行的にも成功する映画の制作を追求し、日本以外では、タカ・イチセTaka Ichise)名義で活動している。

担当作品[編集]

映画[編集]

製作[編集]

製作総指揮[編集]

プロデューサー[編集]

脚本[編集]

企画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 帝都物語(1991年、アニメ版企画)
  • 団地妻'98 危険な情事(1997年、製作)
  • 団地妻'98 危険なエクスタシー(1997年、製作)
  • 愛人霊(1999年、製作)
  • 続・愛人霊(1999年、製作)
  • 呪怨(1999年)
  • 呪怨2(2000年)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウルトラQ No.29「闇が来る!」 - Japanese Horror Movies Database、2017年9月18日閲覧。
  2. ^ ヤマダ・マサミ 「ウルトラQ伝説 -日本初の空想特撮シリーズの最終資料-」アスペクト社、1998年4月9日。ISBN 4-7572-0052-8。p. 198.
  3. ^ 理想郷伝説 - 日本映画データベース、2012年6月20日閲覧。
  4. ^ 空気の缶づめ - 日本映画データベース、2012年6月20日閲覧。
  5. ^ 夢で逢いましょう - 日本映画データベース、2012年6月20日閲覧。
  6. ^ 一瀬隆重氏の「オズ」が法的整理を決定 - 映画.com・2012年7月7日
  7. ^ ホラー映画「リング」「らせん」製作のオズが破産 負債総額7億円”. スポニチ (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  8. ^ 屍憶 - Facebook、2015年6月17日閲覧。
  9. ^ 屍憶 - 【首播】監製獨家專訪 - Yahoo奇摩電影、2015年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]