THE JUON/呪怨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE JUON 呪怨
The Grudge
監督 清水崇
脚本 スティーヴン・サスコ
製作 ロバート・G・タパート
一瀬隆重
製作総指揮 サム・ライミ
ジョー・ドレイク 他
出演者 サラ・ミシェル・ゲラー
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 山本英夫
ルーカス・エトリン
編集 ジェフ・ベタンコート
配給 アメリカ合衆国の旗 コロムビア映画
日本の旗 日本ヘラルド映画/クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年10月22日
日本の旗 2005年2月11日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
日本語
製作費 $10,000,000
次作 呪怨 パンデミック
テンプレートを表示

THE JUON 呪怨』(The Grudge)は、2004年制作のアメリカ映画PG-12指定。日本映画『呪怨』のアメリカ・リメイク作品。全米興行収入2週連続No.1。キャッチコピーは、死んでも逃げられない。

作品解説[編集]

当初は米国で撮影される予定だったが日本で撮影された。米国人役者が日本に来て一番驚いたのは、「ホラー映画にもかかわらずポルノ描写がまったく無い(もしくはそういった描写がないようにスタッフが気をつかっている)点」だったという。これは一般的に、ハリウッドのホラー映画では前半にポルノ描写を含んだいわゆる「主人公達においしい」シーンを盛り込みつつ、中盤以降にホラー描写を一気に持ってくる(これにより多くの観客は前半での自分勝手な主人公達に嫌悪感を抱き、後半以降主人公達が酷い目にあってもあまり不快に感じなくなるという効果もある)という、ある種ジェットコースター的なストーリーの映画が多く存在するからである。

撮影中のスポンサー達の要求は清水監督が引くほど霊を出しまくるものだったという。

ストーリー[編集]

小学校の教師であるピーター・カークが妻のマリアの前で謎の飛び降り自殺を遂げる。これが忌まわしい事件の始まりであった。恋人のダグ・マッカッシーと日本に留学している介護学生のカレン・デイヴィスはある家に行ったきり連絡の取れなくなっている関根洋子の代わりにアレックス・ベイカーにその家に行って欲しいと頼まれる。かつて佐伯家と呼ばれウィリアムズの家となっているそこは寝たきりの老婆、エマ・ウィリアムズが放置されていた。そしてそこでカレンは恐ろしい何かを見て気を失ってしまう。カレンの来る数日前、日本に来て神経質な妻ジェニファーや祖母のエマを伴い家に越してきたマシュー・ウィリアムズはある時、2階の部屋で痙攣し失神したジェニファーの姿も発見しそして彼にも恐怖が襲いかかる。さらにマシューの妹のスーザンにも恐怖が及ぶ。カレンの事を捜査に来た中川秀人刑事らにも恐怖が忍び寄る。

キャスト[編集]

()はDVDでの日本語吹き替え版。

オリジナル版との違い[編集]

  • オリジナル版での俊雄は「押入れに隠れている最中に、母親によって向こう側の世界に連れて行かれた」という設定だったが、本作の場合は剛雄に風呂場で殺されているシーンがある(その後にマーと一体化した模様)。剛雄の最後も日本版とは異なる。
  • ストーリーのキーポイントとなる小林俊介は、ピーター・カークという外国人に変更されている。
  • マシューとジェニファー・ウィリアムズ夫妻は徳永勝也・和美夫妻とは結末が異なる。
  • カレン・デイヴィスの顛末もダグ・マッカッシーという恋人がおり仁科理佳とは異なる。
  • 中川秀人刑事の行動や結末も中川健一刑事とは異なる。相棒の五十嵐陽介刑事は健一と共に死亡した五十嵐大介刑事と違い不明。
  • 関根洋子の行はビデオ版の村上柑菜を思わせるものとなる。
  • オリジナル版では主人公の女性は皆死んだが、本作ではカレンやマリアは辛くも生き延びている。

続編[編集]

2006年製作の続編『呪怨 パンデミック』では佐伯伽椰子の出生の秘密が判明。パート3の『呪怨 ザ・グラッジ3』は2009年に製作されたが、日米共に劇場では公開されずDVDスルーの作品となった。

関連書籍[編集]

その他[編集]

リブート[編集]

現在は、サム・ライミが本作をリブートする予定[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006年6月号『日経エンタテインメント!』(日経BP社
  2. ^ サム・ライミが「THE JUON 呪怨」をリブート:映画ニュース - 映画.com

外部リンク[編集]