この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

水谷優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずたに ゆうこ
水谷 優子
プロフィール
本名 西久保 優子
(にしくぼ ゆうこ)
愛称 ケロリン
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛知県海部郡
死没地 日本の旗 日本東京都
生年月日 1964年11月4日
没年月日 2016年5月17日(満51歳没)
血液型 O型
身長 157 cm
職業 声優女優ナレーター歌手
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 西久保瑞穂
活動
活動期間 1985年 - 2016年
デビュー作 飛行場アナウンサー、サラ・ザビアロフ(『機動戦士Ζガンダム』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

水谷 優子(みずたに ゆうこ、1964年11月4日 - 2016年5月17日[1])は、日本声優女優歌手ナレーター。最後は青二プロダクションに所属。以前はぷろだくしょんバオバブに所属していた。夫はアニメーション演出家の西久保瑞穂[2]

愛知県海部郡出身(後に大阪府高槻市に転居)。身長157cm、体重46kg[3]血液型はO型。大阪府立島本高等学校卒業。愛称はケロリン

生涯

1985年に『機動戦士Ζガンダム』の飛行場アナウンサー役でデビュー。『Ζガンダム』のサラ・ザビアロフ役を経て、『マシンロボ クロノスの大逆襲』のレイナ・ストール役や『赤い光弾ジリオン』のアップル役などの演技が評価され、人気を得ていった。 1988年に『エースをねらえ!2』の岡ひろみ役で初主演を果たす。


1990年に放送が開始された『ちびまる子ちゃん』で、お姉ちゃん(さくらさきこ)役を亡くなる2016年まで演じた。


1991年頃よりディズニーミニーマウスの日本語吹き替えを担当。アニメ、ゲームの他、東京ディズニーリゾートではアトラクションやショー、パレード、エレベータ内アナウンス等でもミニーマウスとして声の出演をしている。


MIPPLEなどの声優ユニットで活動したこともある。

1994年11月、西久保瑞穂と結婚[2]。西久保は『赤い光弾ジリオン』や『天空戦記シュラト』などの出演作で監督を務めていた。

2011年9月までぷろだくしょんバオバブに所属していた。その後フリー期間を経て、2012年12月1日より青二プロダクションに所属。

2016年5月17日乳癌のため東京都内の病院にて死去。51歳没。2年ほど前に乳癌の摘出手術を受けており、『ちびまる子ちゃん』のアフレコも5月22日・29日放送分を収録した4月22日まで参加していたが、5月に入って入院していたという。また、病名に関しても限られた人物に明かしていたという[4][5][6]。訃報を受けて『ちびまる子ちゃん』公式サイトでもスタッフのコメントを出したほか、原作者のさくらももこもブログで追悼のコメントを発表、声優仲間や業界関係者、ファンもネット上で追悼の声を寄せている[7][8]。また死去に伴い、あかほりさとると共に前身番組から数えて10年以上続けてきたラジオ番組『一生ポリケロ』も同年5月28日付放送分で終了することとなった[9]

夫の西久保によると、『まる子』の最後の収録から一週間後に体調が悪化して入院[2]。病院でも台本を持ち込むなど仕事を継続する意思を示していたが回復することなく、「仕事に行きたい」が期せずして最後の言葉となった[2]

死去から約1ヶ月半後の7月3日にお別れ会『壮行会「あえてよかった」』が青山葬儀所でおこなわれ、ファン約700人が参列し、共演歴のある関俊彦井上和彦TARAKOも参加した[10]

特色

出崎統あかほりさとる作品によく声をあてていた。特に出崎監督からはその声の演技が高く評価され、『エースをねらえ!』で主演して以降、出崎作品では高確率で重要な役に配置されていた。

人物像

かなり演技に入り込む性格で、アフレコ中に台詞と同時に体を動かしてNGを出したり、挙句の果てには隣の声優を殴ることもあったという。このため、同業者の中には「アクション声優」と呼ぶものもいた。

尊敬する声優として、『ちびまる子ちゃん』などでも共演し、事務所の先輩でもあった富山敬を挙げていた。

出演作品との関わり

マシンロボ クロノスの大逆襲』でレイナ・ストールを担当していた頃、浜村淳がパーソナリティを務めるラジオ大阪の人気ラジオ番組『サタディ・バチョン』に、「新人声優をやっている者」として投稿、採用されたことがある。

デジタルモンスター』が世間で人気だった頃、『デジモンアドベンチャー』に武之内空役として声をあてていたこともあり、自身のラジオ番組『アニメ探偵団II』では1999年-2001年頃までデジモンに関する便りが全体の3、4割を占めていたことがある。そのため、番組内では頻繁にデジモンの話題をしていた。

2006年8月25日の『朝日新聞』夕刊の「コミック・ブレーク Vol.83」のインタビューでは、幼い頃『ブラック・ジャック』をよく読んでいたことを語っている。また、ピノコのようなキャラクターを好んでいたという。作品に多く出演したあかほりさとるとは、ラジオ番組『ポリケロいろいろ』などで一緒にパーソナリティを務めており、その縁で逝去後におこなわれたお別れ会ではあかほりが司会を務めている[10]

その他

好きな動物はイルカイルカショーのお姉さんに強く憧れたことがあり、声優紹介番組『ヴォイスアクター』の企画にてイルカショーの体験をさせてもらうことができ、興奮を隠せないでいた。イルカグッズが所狭しと並んだ部屋も映されており、オンエアの間、ひたすらイルカの話尽くしであった。中日ドラゴンズのファンで、公式応援歌CDでも一曲歌っている。

後任

水谷の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品

太字はヒロイン・メインキャラクター。

テレビアニメ

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1999年

2000年

2003年

2005年

2011年

2012年

劇場アニメ

1988年

1989年

1990年

1992年

1993年

  • 蒼い記憶 満蒙開拓と少年たち(河村スミ子)

1995年

1996年

1997年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2010年

2015年

Webアニメ

2008年

2014年

2015年

ゲーム

1990年

  • 雀偵物語2 宇宙探偵ディバン 出動編(マリー)

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2015年

2016年

吹き替え

女優

映画

海外ドラマ

アニメ

テレビドラマ

ラジオ

CD

ドラマCD

CM、その他

著書

ブルーレイとDVD

2015年

  • 東京ディズニーリゾート ドリームフォースマイルII《ダイジェスト版》スペシャルイベント編 ショー&パレード編(ブルーレイ/DVD、2015年2月4日発売)(ミニーマウスの声)

脚注

  1. ^ 声優・水谷優子さん、乳がんで死去 『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃんなど,ORICON STYLE,2016年5月19日
  2. ^ a b c d “「まる子」姉役声優の水谷優子さん 夫が明かした“最期の言葉””. 女性自身. (2016年5月29日). http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010001-jisin-ent 2016年5月29日閲覧。 
  3. ^ 水谷優子 - フジテレビ”. フジテレビ. 2012年2月14日閲覧。
  4. ^ 「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役、声優の水谷優子さん死去 51歳,産経ニュース,2016年5月19日
  5. ^ 声優:水谷優子さん乳がんで死去,毎日新聞,2016年5月19日
  6. ^ 声優の水谷優子さん死去 「まる子」の姉役など,NHKニュース,2016年5月19日
  7. ^ 水谷優子さん追悼続々「若すぎます」 さくらももこ氏らもコメント,ORICON STYLE,2016年5月19日
  8. ^ 「もうあの優しい笑顔が見られないなんて」 水谷優子の訃報に深い悲しみ、神谷明や緒方恵美ら声優仲間がメッセージ,ITmedia,2016年5月20日
  9. ^ 水谷優子さん出演ラジオ番組終了へ、共演あかほり氏「続けられない」,スポーツニッポン,2016年5月23日
  10. ^ a b “水谷優子さんお別れの会に700人参列 まるこ役・TARAKO「さよならは言わないよ」”. オリコンスタイル. (2016年7月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2074429/full/ 2016年7月3日閲覧。 
  11. ^ 2代目お姉ちゃん役が声優・豊嶋真千子に決定”. ちびまる子ちゃん公式サイト. 2016年5月29日閲覧。
  12. ^ からくり剣豪伝ムサシロード”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月6日閲覧。
  13. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  14. ^ キャストリスト”. ふしぎの海のナディア. 2016年6月27日閲覧。
  15. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  16. ^ きこちゃんすまいる”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  17. ^ “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  18. ^ “ブラック・ジャック スペシャル〜命をめぐる4つの奇跡〜”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/122.html 2016年5月3日閲覧。 
  19. ^ “ブラック・ジャック”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/123.html 2016年5月3日閲覧。 
  20. ^ STAFF&CAST”. スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-公式サイト. 2016年6月19日閲覧。
  21. ^ “ブラック・ジャック21”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/124.html 2016年5月3日閲覧。 
  22. ^ キャスト紹介”. スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-公式サイト. 2016年6月14日閲覧。
  23. ^ CAST・STAFF”. 愛・天地無用!アニメ公式サイト. 2014年9月12日閲覧。
  24. ^ 暴れん坊力士!!松太郎|テレビ朝日 2014年3月2日閲覧
  25. ^ TVアニメ放送15周年特別作品に、尾田栄一郎先生描き下ろしキャラ「ワールド」登場!演じるのは俳優・古田新太さん!!”. ONE PIECE.com. 2014年8月27日閲覧。
  26. ^ エースをねらえ!2”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  27. ^ エースをねらえ!ファイナルステージ”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  28. ^ “ブラック・ジャック 空からきた子ども”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/120.html 2016年5月3日閲覧。 
  29. ^ “ブラック・ジャック FINAL EPISODE”. オデッサ・エンタテイメント. http://www.odessa-e.co.jp/cont/bjfinal/episode.html 2016年5月3日閲覧。 
  30. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  31. ^ “ブラック・ジャック 劇場版”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/20.html 2016年5月3日閲覧。 
  32. ^ “ブラック・ジャック ふたりの黒い医者”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/131.html 2016年5月3日閲覧。 
  33. ^ 名探偵コナン 戦慄の楽譜”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  34. ^ キャスト・スタッフ”. ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年. 2016年6月10日閲覧。
  35. ^ セーラームーンアニメ、四天王に岸尾だいすけ、鳥海浩輔ら”. コミックナタリー. 2014年6月30日閲覧。
  36. ^ フブキ・ナハタ”. 『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』公式サイト. 2015年8月21日閲覧。
  37. ^ 週刊ファミ通』2012年10月4日号。
  38. ^ 登場機体”. スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE. 2013年11月7日閲覧。
  39. ^ 『デジモンアドベンチャー』原作のドラマチックな冒険物語を体験しよう”. ファミ通.com. 2012年10月16日閲覧。
  40. ^ 金田一耕助の傑作推理5 死仮面”. テレビドラマデータベース. 2013年7月14日閲覧。
  41. ^ 『キャラクターボイスコレクション 女性編1』 角川書店、1994年、164頁。

外部サイト