バフィー・アン・サマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バフィー・アン・サマーズ
Buffy Anne Summers
生誕 1980年10月24日
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスアメリカ合衆国の旗
死没 2001年
サニーデール
職業 バンパイア・スレイヤー[1]

バフィー・アン・サマーズ(Buffy Anne Summers)は、1992年の映画『バッフィ・ザ・バンパイアキラー』、およびテレビドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』の主人公。スピンオフ作品『エンジェル』では脇役として登場する。

映画ではクリスティ・スワンソン、テレビドラマではサラ・ミシェル・ゲラーが演じた。

エピソード[編集]

ロサンゼルス[編集]

バフィーはロサンゼルスの高校に通うチアリーダー。奇妙な男(ドナルド・サザーランド)と出会ったことがきっかけでバンパイア・スレイヤーになる。バンパイアの王(ルトガー・ハウアー)らによるプロム襲撃を察知し、校長に知らせるが信じてもらえず、1人でバンパイアたちに立ち向かう。

サニーデール[編集]

第1シーズン[編集]

その後、通っていた高校を退学になり、『バフィー』第1シーズンでロサンゼルスからテレビシリーズの物語の舞台となるサニーデールに引っ越してくる。最初、サニーデール高校の女王的存在コーディリアと仲良しになるが、彼女とは仲がよくないウィロー、ザンダーとも友人になる。その後、コーディリアからは些細な誤解から変人扱いされる。

謎の男エンジェルと知り合い、後に彼がバンパイアであることを知る。

第2シーズン[編集]

「高潔」でエンジェルは魂を失い「アンジェラス」になる。第2シーズン最終回で、校内で起きた殺人事件を理由に校長のスナイダーから退学を宣告される。バフィーは彼にたいし、「高校生のころ女の子にもてなかったでしょ」と応じる。その後、エンジェルをアカスラの体内に封じ込める。

第3シーズン[編集]

アン」では、ロサンゼルスでウエイトレスをしていたが、客のリリーがトラブルに巻き込まれているのを知り、彼女を助ける。その後サニーデールに帰り、ジャイルズの計らいで復学に成功する。

エンジェルが地獄から戻る。しかし、エンジェルはバフィーとの将来に不安を感じ、バフィーが宿敵リチャード・ウィルキンズを倒した後、サニーデールを去る。

第4シーズン[編集]

第4シーズンでは大学の寮で生活する。バンパイアのエンジェルとは、彼女が政府のエージェントであるライリーと交際したこと、彼女がエンジェルとフェイスの仲を疑ったことから距離ができる[2]

第5シーズン[編集]

バンパイアのスパイクから愛を告白される。第5シーズン最終話で、開いてしまった地獄の門を閉じるため、鉄塔から身を投げ、死亡する。

第6シーズン[編集]

第6シーズン第2話でウィローの魔法によって復活する。

第7シーズン[編集]

第7シーズンでは再建されたサニーデール高校のカウンセラーになる。シリーズ最終回、バンパイアのスパイクに愛を告白する。

サニーデール崩壊後[編集]

サニーデール崩壊後、ヨーロッパに移住する。ケイレブのテロで崩壊したウォッチャー・カウンシルを再建する[3]

第8シーズン[編集]

スコットランドに居住する。ウィローとザンダーとともに行動を共にする。第12話で後輩のスレイヤーであるサツと恋におちる。

脚注[編集]

  1. ^ (エンジェル第5シーズンから)ウォッチャー・カウンシル(後見人委員会)のリーダー。カウンシル内での階級は大佐
  2. ^ 『エンジェル』第1シーズン
  3. ^ 『エンジェル』第5シーズン参照