False Memories

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

False Memories』(ファルス メモリーズ)は、テレビシリーズ『バフィー 〜恋する十字架〜』のコミック版。タイトルの意味は「偽りの記憶」。4部作。2001年7月25日から同年11月7日にかけてダークホースコミックスから発行された。内容はテレビシリーズの第5シーズンの中盤に位置する。

特色[編集]

「偽りの記憶」のタイトルが示すとおり、回想シーンがテレビシリーズのときの展開と異なる。

たとえば、ドーンは小学生のころ、当時、高校生だったザンダーに恋心を抱いていたが、コーディ[1]の存在を知り、彼の元を去る(テレビシリーズではこのシーンはない)。

また、『運命の少女』[2]、第2シーズンの『高潔』の1シーンがテレビシリーズと異なり、いずれもドーンが絡むストーリーになっている。

ストーリー[編集]

異国から来たバンパイアがマスター[3]を復活させようとするストーリー。ドーンはバフィーに無断でスパイクの隠れ家を訪ねる。ハーモニーはバフィーをとらえようと獣用の罠を仕掛ける。バフィーはこのハーモニーの罠を見破り、ドーンの居場所を聞き出そうと彼女を尋問する。ザンダーの仕事場にバンパイアと化したブリンガー[4]が現れ、彼を拉致する。彼等はザンダーをマスターを復活させるための生贄にしようとしていた。

登場人物[編集]

バフィー・アン・サマーズ
バンパイア・スレイヤー。
ドーン・サマーズ
バフィーの妹。
コーディリア・チェイス
ザンダーの元恋人。回想シーンで登場する。
ハーモニー・ケンドール
スパイクの恋人。バンパイア。
ザンダー・ハリス
土木作業員。バフィーの親友。
スパイク
バンパイア。
アンジェラス/エンジェル
バンパイア。バフィーの元恋人。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コーディリアの愛称。
  2. ^ 第1シーズンの最終回。
  3. ^ 第1シーズンの敵役。
  4. ^ ファースト・イーブルに仕える神官のような存在。

外部リンク[編集]

ダークホースコミックスのホームページ