汚れた女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
汚れた女
Dirty Girls
監督 マイケル・ガースマン
脚本 ドリュー・ゴダード
前作 母の嘘
次作 空虚
テンプレートを表示

汚れた女」(原題:Dirty Girls )は、『バフィー 〜恋する十字架〜』の第7シーズン18作目(通算140作目)。

エンジェル』第4シーズンの「オルフェウス」の続編。

「お前は誰だ?」以来降板していたエリザ・ドゥシュク演じるフェイス・レーヘンが再び登場する。

ストーリー[編集]

ブリンガーズに追われていたシャノンは、通りかかったトラックの運転手ケイレブに助けを求める。だが、ケイレブはファーストに協力する殺し屋で、彼女は腹部を刺され、道路に投げ出される。ウィローが運転する車でサニーデールに戻ってきたフェイスは、路上に倒れていたシャノンを発見、病院に運び込む。バフィーはケイレブを倒すことを決断し、スレイヤー候補生とともにケイレブが潜伏するワイン倉庫に乗り込むが、返り討ちに遭い、候補生2名を失ってしまう。

出演者[編集]

俳優(役名/声優)の順。

メイン・キャスト[編集]

ゲスト[編集]

助演[編集]

クレジットなし[編集]

音楽[編集]

  • ロバート・ダンカン Robert Duncan - "Something About Buffy"

外部リンク[編集]