Last Gleaming

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Last Gleaming』は、2010年にアメリカ合衆国で発売されたコミック。テレビドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』のコミック版。2010年9月1日ダークホースコミックスから第1作が発売された。5部作。

バフィーが再びサニーデールに戻る話である。

作者[編集]

あらすじ[編集]

前作『Twilight Part4』のラストでスパイクと再会したバフィーは、一連の事件の真相がかつてヘルマウスと呼ばれた旧サニーデール[1]にある種[2]にあると決論づける。

スパイクの宇宙船[3]に乗ってサニーデールに到着したバフィーたちの前に、復活したマスターが現れる。

一方、バフィーらとは別行動をとっていたアンジェラスは、戦闘中マンティコアに出会い、マインドコントロールされてしまう。そして再びトワイライトを名乗り、バフィーらを襲う。

アンジェラス殺害を先延ばしにするバフィーに不信感を抱いたジャイルズは、単独で種を破壊しようとするが、先回りをしていたアンジェラスによって阻まれる。

数ヵ月後、サンフランシスコに移住したバフィーは、ザンダーらと暮らしながらバンパイア退治を続けていた。

登場人物[編集]

バンパイア・スレイヤー

特色[編集]

ジョルジュ・ジーンティ作のPart1の表紙画は、映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のパロディとなっている。[4]

脚注[編集]

  1. ^ テレビシリーズの舞台となった架空の田舎町。本作中の時点では消滅している。
  2. ^ 万物の源。この世とあの世の通路の役割を果たす。
  3. ^ 正確には脱出用のポッド。スパイクが宇宙船を手に入れたいきさつはコミック『Stranger Things』で明かされる。
  4. ^ wikia.comからの引用

外部リンク[編集]