アフロディシア・キングズベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフロディシア・キングズベリーは、『バフィー 〜恋する十字架〜』に登場する架空の人物。演じた俳優はエイミー・チャンス

肩書[編集]

サニーデール高校の生徒。

特徴[編集]

ゴシップ好き。
また口が悪く、『25ワットの女』[1]と呼ばれる。
コーディティの一人。
髪の色は赤毛。

エピソード[編集]

ヘルマウスへようこそ

高校の更衣室でブルー[2]から聞いたバフィーに関する噂を同級生オーラに伝える。

死霊の王[3]

冒頭部分で恋人といちゃついているところをバフィーに妨害される。[4]
その翌日バフィーに対し散々悪態をつく。

関係する人物[編集]

学園の女王。

脚注[編集]

  1. ^ ザンダーの命名。輝かないという意味。
  2. ^ 詮索好きの高校生。性別は不明。
  3. ^ このエピソードでラストネームがキングズベリーとわかる。
  4. ^ バフィーは彼女がバンパイアに襲われていると誤解したのだった。