イーサン・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イーサン・レイン
生誕 イギリス
死没 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国旧サニーデール
職業 魔術師
貸衣装屋
製菓会社の社長

イーサン・レインは、『バフィー 〜恋する十字架〜』に登場する架空の人物。ロビン・サックスが演じた。

イーサンが登場するエピソード[編集]

第2シーズン[編集]

ハロウィン

貸衣装屋を営み、ハロウィン用の衣装に呪いをかける。この結果、怪物の格好をした子供たちは怪物になってしまう。そして、貴婦人の格好をしたバフィーは内気な貴婦人に、幽霊の格好をしたウィローは幽霊に、戦士の格好をしたザンダーは戦士になってしまう。悪党の格好をしたラリーは痴漢になり、バフィーを襲おうとしてザンダーにボコボコにされる。

『過去の秘密』

憑依する悪魔アイゴンから逃れるため、バフィーを身代わりにする。

第3シーズン[編集]

第6話『バンドのためのチョコバー』

サニーデール高校を通じて薬物の入ったキャンディーをばら撒く。背後には悪魔崇拝を行う市長リチャード・ウィルキンズの陰謀があった[1]

第4シーズン[編集]

『新しい男』

ジャイルズを悪魔に変身させる。

第8シーズン(コミック版)[編集]

The Long Way Home

バフィーの前に現われ、エンジェルとスパイクの幻影を見せる。その後、アメリカ軍の基地でボル将軍に射殺される。

関連する人物[編集]

ルパート・ジャイルズ
イーサンの旧友。

脚注[編集]

  1. ^ バフィーは校長の関与を疑い、校長のスナイダーを締め上げるが、彼は無実だった。