卒業の日 パート2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
卒業の日 パート2
Graduation Day Part II
監督 ジョス・ウィードン
脚本 ジョス・ウィードン
前作 卒業の日 パート1
次作 フレッシュマン
テンプレートを表示

卒業の日 パート2」(原題:Graduation Day Part II )は、『バフィー 〜恋する十字架〜』第3シーズンの最終回。バフィーと市長の最終対決が描かれる。

解説[編集]

  • このエピソードを最後に、コーディリア役のカリスマ・カーペンターとウェスリー役のアレクシス・デニソフが降板する。
  • 市長の正体であるオルヴィカンはCGによって作成された。
  • このエピソードでラリーとハーモニーが死亡する。

ストーリー[編集]

フェイスの血を奪うことに失敗したバフィーは、エンジェルに自分の血を飲ませる。エンジェルはバフィーの血を飲み干し、彼女を病院に運び込む。そこにはフェイスを見舞いに来た市長もおり、市長は担当の医師から、フェイスは脳にダメージを負っており回復の見込みはないと聞かされていた。

バフィーの夢

昏睡状態に陥ったバフィーは夢の中でフェイスと出会う。フェイスはバフィーに妹ができること、市長の弱点は彼がいまだ持ち続けている人間性であると話す。

戦闘準備

昏睡から覚めたバフィーは、市長らに対する戦争を決意する。一方、フェイスを愛してしまった市長は、聖天の日を前に手下であるバンパイアらに卒業生らの皆殺しを指示する。

卒業式

卒業式に来賓として出席した市長は卒業生を前に、祝辞らしからぬ演説をする。そして日食が始まったとき、彼は脱皮し、オルヴィカンと化す。しかしバフィーは他の卒業生らとともに応戦、市長を図書室で退治する。

こぼれ話[編集]

ラストシーンの校舎の爆破場面

撮影は夜明け前に住宅地の公園で行われた。しかし、近隣の住民の苦情[1]で撮影スタッフはその後、この地域の立ち入りを禁止された[2]

配役[編集]

※俳優名(役名/声優名)の順。名前の下は役の簡単な説明。

メイン・キャスト[編集]

ゲスト出演[編集]

助演[編集]

用語[編集]

  • 聖天の日
    人間が純粋な悪魔になる日。またはその儀式のこと。

脚注[編集]

  1. ^ 爆破の音が大きすぎて住民たちを起こしてしまったため。
  2. ^ 第2シーズンのDVDの音声解説による。
  3. ^ 出演当時の芸名はラリー・バグビー3世。本業はミュージシャン。

外部リンク[編集]