エンジェル (バフィーのエピソード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンジェル
Angel
監督 スコット・ブラジル
Scott Brazil
脚本 デヴィッド・グリーンウォルト
David Greenwalt
前作 群れ
次作 私はロボット、あなたはジェーン
テンプレートを表示

エンジェル』(原題:Angel )は、テレビドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』の第1シーズンの第7話。

このエピソードでエンジェルがバンパイアであること、ダーラとエンジェルの関係が明らかになる。

ストーリー[編集]

バフィーの活躍に手を焼いたマスターは、3人組のバンパイアを刺客として送る。一方、バフィーは謎の男エンジェルのことを想いながら街を歩き、くだんの3人組に襲われるが、エンジェルの助けで窮地を脱する。彼を自宅に泊めたバフィーは翌日、彼がバンパイアであることを知る。エンジェルを悪の道に引き戻そうとするダーラはバフィーの自宅を訪問、彼女の母ジョイスを襲う。母が襲われたことを知ったバフィーは事件をエンジェルの仕業と思い込み、彼の殺害を決意する。そしてブロンズでエンジェルと対決したバフィーは、エンジェルから過去の出来事を聞かされる。そこにダーラが現れ、エンジェルが自分の昔の恋人だったことを明かす。

キャスト[編集]

主演[編集]

ゲスト出演[編集]

助演[編集]

  • チャールズ・ウェスリー(3人組のリーダー / 三宅健太