大佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大佐(たいさ、だいさ)とは、軍隊の階級のひとつ。

概要[編集]

軍階級上では佐官に区分され、少将または准将の下、中佐の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-5に相当する。

名称[編集]

カーネルとキャプテン[編集]

Colonelの呼称については、16世紀のスペインまたはイタリアでの縦隊(colonna / columena)に由来し、その長はカピタン(Capitán)が務めていた。後に、「中隊長(陸軍)大尉、カピタン / キャプテン」との混同を避けるため「縦隊」の部分が残ったと推測される[1]。Colonelはラテン語のcolumnella(小さな柱)に起源を持つ。縦隊長(cabo de columena、変化して cabo de colonel、カボ・デ・コロネル)が直接の語源。省略されてColonelとなった。

英語では、陸軍大佐はカーネル (Colonel)、海軍大佐はキャプテン (Captain) と呼び、ヨーロッパの言語の多くで、同様の区別がある。英米陸軍などにおいては Captain は大尉を意味する。
空軍大佐は陸軍大佐と同じ呼び名であることが多いが、イギリス空軍やイギリス空軍を範としたインド空軍オーストラリア空軍ニュージーランド空軍などではGroup captainと呼ばれる。

日常的には、中佐 (Lieutenant Colonel) もカーネルと呼ばれることが多い。

イギリス陸軍の連隊にはカーネルという名誉職(階級ではない)があり、連隊長と訳される。これはあくまで名誉職であり、連隊指揮権を有するのはその下の「commanding officer」である。名誉職のカーネルを階級のカーネルと区別したいときは、「Colonel of the Regiment」(直訳 連隊のカーネル)などという。

さらに、「Colonel-in-Chief 」という名誉職もあり、連隊所有者、名誉連隊長などと訳される。連隊長(カーネル)の上に位置し、名目上は連隊の最上位である。かつてのドイツ陸軍にも「Chef eines Regiments(英訳 Colonels-in-Chief of a Regiment)」という類似の名誉職があり、名誉連隊長、名誉大佐(ただし、ドイツ陸軍にはこれとは別に名誉階級の大佐がいたので紛らわしい)などと訳される。

名誉大佐[編集]

詳細は名誉大佐を参照。

野口英世(日本の医学者)やカーネル・サンダースケンタッキー・フライドチキン創業者)など名誉大佐の敬称を送られた人物も多く存在する。が、これらも軍事とは無関係で、つまり、カーネル(≒大佐)を名乗るからと言って軍人だとは限らない。

エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセルは大統領になる前はカーネルを名乗っており、これにならってリビアカダフィ大佐(カーネル・カダフィ)もカーネルを名乗っている。これらの場合の「カーネル」の語義については諸説がある(ムアンマル・アル=カッザーフィー#名称表記の項を参照のこと)。

なお、キャプテンという敬称は、船長、機長、スポーツチームのリーダーなど、軍隊の階級以外でも使われており、日本語でも外来語として定着している。つまりキャプテンを名乗るからといって軍人とは限らないことが、日本でもよく理解されている。

「大佐」[編集]

日本語における大佐は律令制下の五衛府四等官として登場する。四等官においては1番目である「督(かみ)」を文字通り補佐するのが2番目の「佐(すけ)」である。

なお、中国においては上校、大韓民国では大領と訳されている。

沿革[編集]

かつての陸軍にあっては、平時の最大の部隊は連隊だったことから、連隊将校団の長(連隊長)たる大佐が平時の最高の階級とされることもあった。スイスにおいては現在も平時には大佐が最高階級である。

海軍においても、艦隊は臨時編成のものであって、個々の軍艦が独立の単位であったことから、艦長たる大佐が常時置かれる最高階級とする海軍も多かった。そのため、複数の軍艦を以て艦隊を編成するに際しては、最先任艦長に代将の職責を付与して艦隊を指揮させることがあった(詳しくは代将参照)。米国海軍でも、1862年7月16日までは大佐が最高階級であった。

多くの国の海軍では、4条の線で階級が表される。

日本[編集]

旧日本軍[編集]

明治3年9月18日太政官布達第604号で兵部省に設けられた陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級の4番目として陸軍大佐と海軍大佐が設けられたのが最初である。これらは四等官に倣って官位と分掌事務がセットとなった職員の等級であったが、明治6年5月8日太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。こうした経緯から西欧語が持っている「集団の大黒柱」というニュアンスはない。

日本陸海軍では、当初は兵科に属する高等武官奏任官1等)のみを「陸軍○○大佐」や「海軍大佐」と呼称し、陸軍各部に属する高等武官や兵科以外の海軍高等武官には「大佐」の呼称は用いなかったが、後に階級呼称の統一を図り、「大佐」の語を含めるようになった。

「大佐」の読み方であるが、日本海軍では、「だいさ」と読んでいた(その他、一般的には、「たいさ」である。)。

自衛隊[編集]

警察予備隊の警察官(1950年-1952年)では一等警察正(いっとうけいさつせい)、保安官(1952年~1954年)では一等保安正(いっとうほあんせい)、海上警備官(1952年)では一等海上警備正(いっとうかいじょうけいびせい)、警備官(1952年~1954年)では一等警備正(いっとうけいびせい)がそれぞれ相当する。

自衛隊では一等陸佐(いっとうりくさ)・一等海佐(いっとうかいさ)・一等空佐(いっとうくうさ)(略称は1佐(いっさ))に当たる。

一般に連隊長・群長に補職され、陸海空共通の役職としては自衛隊地方協力本部長や防衛駐在官の殆ど[2]が1佐である。警察では警視長または警視正に相当し、中央官庁では本省課長または本省室長に相当する。現在、陸海空で女性の1佐は十数名存在する。

なお、1佐はさらに職責に応じて(一)~(三)に分類される。以下は陸上自衛隊における区分。

  • (一)は陸上幕僚監部の課長、方面総監部の人事・情報・防衛・装備部長、師団幕僚長、副旅団長、方面直轄部隊長(方面混成団長及び方面特科隊・施設隊・後方支援隊)及び将補(二)職の部隊長(将補の充足不足や改編等に限る)、学校長・補給処長等の一部において指定職が将補(一)指定部隊の副長・方面総監部等所在駐屯地業務隊長職等。海上自衛隊において代将に任じられるのはこの職責にあるものである。
  • (二)は旅団幕僚長、師団普通科連隊長・特科連隊(隊)・戦車連隊長、第1戦車群長、部隊長職が陸将補(二)及び一等陸佐(一)が補職される部隊の副長職等、師団等司令部所在駐屯地業務隊長他1佐(二)を指定とする部隊の長等
  • (三)は師団(旅団)司令部第3部長等、旅団普通科連隊長、特科・後方支援隊長、第12ヘリコプター隊長等旅団隷下の1佐職の部隊長等または駐屯地司令(分屯地司令)を兼務する大隊長・補給処支処長[3](通常の大隊長・補給処支処長・駐屯地業務隊長の指定階級は2等陸佐

なお、陸上自衛隊においては1佐(一)の指定職のうち特定の役職にあるものを准将相当[4]として扱い、乗車する車両前面に赤色の台座に金色帽章一つが表示された車両標識を掲示する[5]

参考文献[編集]

  • 阪口修平:編「近代ヨーロッパの探求12 軍隊」ミネルヴァ書房、2009年。

脚注[編集]

  1. ^ 阪口、左読みP47
  2. ^ アメリカ駐在のうち1名が将補で、他に少数の2佐がいる。
  3. ^ 但し、関東補給処古河・松戸・用賀支処長等1佐(一)による指定職もありこの限りではない。また師団(旅団)司令部等所在駐屯地以外の駐屯地における業務隊長で1佐の隊長が存在するが、通常は俸給表により1佐(三)の者が指定される
  4. ^ 1佐(一類)の職の一部が諸外国では准将相当とされる慣例に基づく
  5. ^ 将補職の部隊長等に着任した場合・指定職たる副旅団長や師団幕僚長に着任し当該の者が使用を容認した場合等・1佐職の団長等で必要に応じて使用する「待遇の一環」であり、将補への昇任による当該階級でなくなった時点や当該部隊長の職を下番して他の部隊長に着任した場合は白色の台座に戻る場合もある。ちなみに栄誉礼受礼者には該当しないため栄誉礼は行われる事はなく、また通常の1佐職(連隊長・群長等)は白色台座の帽章1個が提示される

関連項目[編集]