きこちゃんすまいる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

きこちゃんすまいる』は、『BE・LOVEパフェ』(講談社刊)にて連載された布浦翼による日本漫画作品

作品概要[編集]

無愛想だがみんなから好かれている天才少女きこが、周囲の人物と一緒に騒動を巻き起こすドタバタコメディー。 アニメ版は、1996年10月5日から1997年9月27日までTBSで放送された。放送時間は、毎週土曜日17:00-17:30。全51回(126話)。

主な登場キャラクター[編集]

二の宮家/篠宮家[編集]

アニメでは二の宮(にのみや)で、原作では篠宮(しのみや)となっている。

二の宮きこ(にのみや きこ)
雪乃五月
本作品の主人公で幼稚園児。199X年9月1日生まれ。「筑紫哲也 NEWS23」の時間になれば就寝するなど、大人顔負けの博学や強靭な精神力を併せ持っている。おかっぱ頭と釣りあがった目がトレードマーク。性格は無口で態度がデカイ。趣味はホラー映画やUFOなどのオカルト関係。しかし、蜘蛛が大の苦手。AB型。
二の宮まきこ(にのみや まきこ)
声:高田由美
きこの母親。至って普通の主婦。なお、きこの名前の由来は母親から来ている。B型。
二の宮太郎(にのみや たろう)
声:宮本充
きこの父親。サラリーマン。軟弱で優柔不断なところもあるが、心優しき性格。きこの外見と性格は父親譲りとされている。高校時代は野球部に所属し、甲子園にも出場したことがある。A型。

猫社会[編集]

ほんとは天使(ほんとはてんし)
声:岡野浩介
二の宮家の飼い猫だが、その正体は見習い天使。二の宮家の人からは「猫ちゃん」という名前で呼ばれている。全ての人間を幸せにするため地上界にやって来た。不運の日々の連続だが、それでもめげずに生きている。5匹の子猫(子天使)の親でもある。
子天使
声:川田妙子(パ)、水谷優子(ピ)、丹羽紫保里(プ)、瀧本富士子(ペ)、天野由梨(ポ)
天使とローザの間に生まれた子猫たち。全員オスで、天使の血が流れている。
ローザ
声:渡辺美佐
猫社会におけるマドンナ。1人で気ままな生活を送っているが、子天使たちの母親にされてしまった。よくエステに通っている。
小錦(こにしき)
声:島香裕
猫社会のボス。名前の如く体が大きい。2匹の子分を連れている。乱暴者だが子供には優しい。
小虎&三吉(ことら&さんきち)
声:小形満(小虎)、石野竜三(三吉)
いずれも小錦と行動する子分。
ほんとは悪魔(ほんとはあくま)
声:梅津秀行
天使のライバル。彼とは逆に全ての人間を不幸にしようと企んでいる。

幼稚園児[編集]

吉永さおり(よしなが さおり)
声:天野由梨
きこのライバル。高飛車で見栄っ張りの持ち主。子供劇団に所属している。
マサカド
声:瀧本富士子
常に笑った顔をしたお調子者園児。まいに一目惚れをしてバレエ教室に通うようになったが上達はしていない。まいのパシリにされている。
静(しずか)
声:川田妙子(32、33話のみ大谷育江
きこと同じクラスの園児。常にマドカとコンビを組んでいる。面倒見がよい。
マドカ
声:丹羽紫保里
きこと同じクラスの園児。「怖い」が口癖だが、実際にはそんなに臆病でもないようだ。
守(まもる)
声:松本さち
さおりのパシリにされているお坊っちゃん。ヴァイオリンを習っている。将来の夢は科学者になること。実はきこに惚れている。
さやか
声:荒木香恵
きこと同じクラスの園児。母親にねだってパーマをかけた。他の園児と比べて出番は少ない。

保母と周辺の人物[編集]

柴原めぐみ(しばはら めぐみ)
声:水谷優子
さみだれ幼稚園すみれ組の担任保母。高校時代はテニス部に所属した。熱心で何事にも張り切るタイプだが、いつも痛い目に遭っている。
園長
声:峰あつ子
さみだれ幼稚園の女園長。乗り物が苦手。
かおり先生
声:小林優子
さみだれ幼稚園の保母で、既婚者。原作ではめぐみが幼稚園に戻って来るまで、すみれ組の担任をしていた。
みゆき先生
声:渡辺美佐
さみだれ幼稚園の保母。
直木龍之介(なおき りゅうのすけ)
声:磯部弘
めぐみの高校時代に知り合ったテニス部のコーチ。めぐみとのデートはトラブル続きで必ず失敗に終わっている。
堂島ショウコ(どうじま ショウコ)
声:松井菜桜子
めぐみの先輩で、大富豪の娘。「コショウ夫人」の異名を持ち、近づく人はクシャミを連発する。

バレエ教室[編集]

バレエの先生
声:田中敦子
きこが通うバレエの先生。普段は優しいが、バレエのお稽古が終わって一人になると性格が凶変する。
白鳥まい(しらとり まい)
声:大谷育江
きこのバレエでのライバル。普段は大人しく小さいが、物を食べると巨大化する。マサカドをこき使っている。バレエ教室から家に帰る時には必ず母親とバレエの練習をしながら帰る。
10年後は天才のプリマドンナになっている。マサカドとの交際も続いているが相変わらずこき使っている。
白鳥いずみ(しらとり いずみ)
声:片岡富枝
まいの母親。昔は細身のバレリーナだったが、今では巨大な体になっている。登場するたびにバレエ教室の扉を体で破壊する。きこ達によくお腹の贅肉で遊ばれる。マサカドをまいが太る原因と見なして二人を引き裂いたことがある。

その他[編集]

怪盗ラパン
声:安原義人
アニメ終盤に登場した怪盗。怪しげなフランス語(日本語交じり)を話している(一例として「わかりましたセニョリータ」「これで終わりジュブレ」など)。
ナレーション
声:堀内賢雄
作品の解説を務めるナレーションだが、独特な語り口で盛り上げる(主な口癖として「と言うわけで」「~たりする」など)。

アニメスタッフ[編集]

  • 原作:布浦翼(講談社『BE・LOVEパフェ』掲載)
  • エグゼクティブ・プロデューサー:村田英憲
  • プロデューサー:小野辰雄、出崎哲
  • 制作担当:松崎義之(マジックバス)
  • 文芸:小出一巳、末永光代
  • 脚本:伊東恒久土屋理敬武上純希、小出一巳、末永光代、星川泰子、丸尾みほ金春智子、近藤真智子、高屋敷英夫、出崎遠太、植田浩二
  • 総監督:四分一節子
  • 監督補:棚橋一徳
  • 絵コンテ・演出:四分一節子、木宮茂、高野カリン、御厨恭輔、石踊宏、酒井伸次、小村敏明、高橋滋春、石山タカ明、井上修、前島健一、木村真一郎、加藤洋人、岡嶋国敏、昆進之介、秦義人、棚橋一徳、雄谷将仁、渡部高志、則座誠、大庭秀昭、出崎哲、冨永恒雄、日色如夏、山崎たかし、宮崎一哉、なみきまさと多田俊介、殿勝秀樹、井武もんた、野舘誠一、野田作樹、腰繁男、仁賀緑朗、森田浩光、青木悠三、山崎友正、山口美浩
  • 総作画監督・キャラクター設定:小林ゆかり
  • 作画監督:池田裕治、松本勝次、松崎一、梶浦紳一郎、小林ゆかり、藤田正幸、高田三郎、高鉾誠、平岡正幸、森中正春、鈴木伸一、進藤満尾、加藤洋人、斉藤英子、井武もんた、小山和洋、柳瀬雄之、浅野ヒロ、都丸保、川口幸治、小田仁、小林勝利、丸山泰英、鈴野貴一
  • 動画検査:小原充、山下宗幸、吉村涼子、佐藤房枝、藤岡正宣、菅原秀樹ほか
  • 美術監督:松本真奈美(スタジオじゃっく)
  • 背景:浦田健吉、日比野晶子、横段真由美、小林敦夫、相原澄子、米本智子、加藤幸子ほか
  • 色彩設定:鈴城るみ子
  • 色指定:三橋曜子(シャフト)、横田こずえ、大多和由里、福原奈津子ほか
  • 特殊効果:前川孝
  • 撮影監督:岡崎英夫(IMG)
  • 撮影助手:升沢達也、谷口直之、中村昌樹、本宮美津恵、西重成(以上、IMG)ほか
  • 編集:井上和夫
  • 音楽:中川幸太郎
  • 音楽協力:日音
  • 音響監督:加藤敏(東北新社)
  • 音響効果:横山正和
  • 録音調整:阿部佳代子
  • 音響制作:東北新社
  • 現像:IMAGICA
  • タイトル:マキ・プロ
  • 番組宣伝:田中瑞穂(TBS
  • アニメーション制作:マジックバス
  • アニメーション制作協力:シャフトイージー・フィルム、オフィス蒼、グループZEN
  • 製作:エイケンTBS

主題歌[編集]

オープニング:「SUPER LOVE
作詞:佐々木美和、作曲・編曲:大島こうすけ、歌:SO-FI
前期エンディング:「…of You」(第1話 - 第29話)
作詞:鈴木蘭々/森園真、作曲:平井夏美、編曲:千住明
歌:鈴木蘭々
後期エンディング:「愉快な鼓動」(第30話 - 第51話)
作詞・作曲:階一喜、編曲:亀田誠治、歌:米倉千尋

関連商品[編集]

漫画関連[編集]

アニメ関連[編集]

アニメ版放送当時、セイカノートから各種文具が発売されていた。

TBS 土曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
きこちゃんすまいる