土屋理敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
土屋 理敬
(つちや みちひろ)
プロフィール
主な作品
映画劇場版MAJOR メジャー 友情の一球
2008年
アニメキミキス pure rouge』(2007年
二十面相の娘』(2008年)
ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』(2011年
舞台 『田村さんはどうもアヤしい』(1996年
『石塚さんアップアップ』(1998年
『コツゼンと横山さん』(1999年
『嵐の中の広志さん』(2001年

土屋 理敬(つちや みちひろ、1965年 - )は、日本劇作家脚本家俳優

来歴[編集]

東京都出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。演劇集団円の演劇研究所に所属していたが、同士とともに劇団おばけおばけを発足させた。俳優として舞台に出演していたが、それだけでなく、脚本演出も行った。近年では、演劇のみならず、テレビアニメの脚本を多く手がけている。カサヰケンイチ監督した『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!シリーズ』『MAJORシリーズ』『キミキス pure rouge』や、富沢信雄が監督した『二十面相の娘』においては、各話の脚本だけではなく、作品全体を通してのシリーズ構成も手がけている。アニメーション映画をはじめとする映画においても活動の場を広げており、加戸誉夫が監督した『劇場版MAJOR メジャー 友情の一球』にて脚本を担当した。また、もともと在籍していた古巣にあたる演劇集団円では、重松清小説『カシオペアの丘で』を舞台化する際に、土屋が脚本、演出などを手がけた[1]

作風[編集]

原作が既に存在する場合を除けば、戯曲タイトル人名を冠するのが特徴である。劇団おばけおばけでのオリジナル戯曲は、『田村さんはどうもアヤしい』、『石塚さんアップアップ』、『コツゼンと横山さん』、『嵐の中の広志さん』と、いずれもタイトルに登場人物が含まれている。また、演劇集団円など他の劇団のために書き下ろした戯曲にも、『梅津さんの穴を埋める』など同様の例が散見される。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

漫画[編集]

怪盗ペルティング ( 白石れいん シナリオ 原作)

OVA[編集]

小説[編集]

舞台[編集]

  • 田村さんはどうもアヤしい(1996年) - 作、演出
  • 石塚さんアップアップ(1998年) - 作、演出
  • コツゼンと横山さん(1999年) - 作、演出
  • 嵐の中の広志さん(2001年) - 作、演出
  • 梅津さんの穴を埋める(2005年) - 脚本、演出
  • 田中さんの青空(2008年) - 脚本
  • 高橋さんの作り方(2010年) - 脚本
  • カシオペアの丘で(2011年) - 劇作、脚本、演出

出演[編集]

舞台[編集]

  • 石塚さんアップアップ(1998年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ げきぴあ編集部「台本と演出を担当した土屋です。」『舞台のウラ話 from 演劇集団円演出 土屋理敬 vol.2 - げきぴあぴあ2011年4月15日
  2. ^ シンデレラボーイ”. AT-X. 2016年6月11日閲覧。
  3. ^ 二十面相の娘”. テレコム・アニメーションフィルム. 2016年5月15日閲覧。

関連項目[編集]