高屋敷英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高屋敷 英夫(たかやしき ひでお、1947年8月1日 - )は、岩手県出身の脚本家小説家である。元妻は、同じく脚本家の金春智子

来歴[編集]

東洋大学文学部を中退後、虫プロダクションに入社し、脚本作りや演出を手伝う。その後『あしたのジョー』で脚本家デビューし、退社後、マッドハウスを経て1979年頃にフリーのライターになる。テレビドラマ・テレビアニメの脚本を多数手掛け、1970年代半ばから1983年頃までテレビアニメの演出家としても活動した。

演出を担当した主なアニメ作品は、『元祖天才バカボン』『家なき子』『ベルサイユのばら』『忍者マン一平』(チーフディレクターも務めた)など。『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』では、毛利蘭のペンネームを使用している[1]

小説家としても活動しており、作品に『小説ドラゴンクエスト』(I - III)などがある。

近年では、マッドハウス作品を中心にシリーズ構成を務めており、脚本も手掛けている。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

1975年
1976年
1977年
1978年
  • 宝島(-1979年、ディレクター)
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
  • めぞん一刻(-1988年、シリーズ構成(53話以降)・脚本)
1988年
  • F-エフシリーズ構成・脚本)
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1995年
  • 飛べ!イサミ(-1996年、シリーズ構成(元妻金春智子との共作)・脚本)
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2016年
2018年

OVA[編集]

1986年
1987年
1988年
1991年

劇場アニメ[編集]

1981年
  • マンザイ太閤記(監督・脚本)
1984年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1994年

テレビドラマ[編集]

1987年

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 飯岡順一『私の「ルパン三世」奮闘記 アニメ脚本物語』河出書房新社、2015年、38-39ページ、ISBN 978-4309275598
  2. ^ グラゼニ : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]