高屋敷英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高屋敷 英夫(たかやしき ひでお、1947年8月1日 - )は、岩手県出身の脚本家・小説家である。元妻は、同じく脚本家の金春智子

経歴[編集]

東洋大学文学部を中退後、虫プロダクションに入社し、脚本作りや演出を手伝う。その後『あしたのジョー』で脚本家デビューし、退社後、マッドハウスを経て1979年頃にフリーのライターになる。テレビドラマ・テレビアニメの脚本を多数手掛け、1970年代半ばから1983年頃までテレビアニメの演出家としても活動した。

演出を担当した主なアニメ作品は、『元祖天才バカボン』『家なき子』『ベルサイユのばら』『忍者マン一平』(チーフディレクターも務めた)など。『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』では、アルセーヌ・ルパンの作者である「モーリス・ルブラン」から拝借し、毛利蘭のペンネームを使用している[1][注 1]

小説家としても活動しており、作品に『小説ドラゴンクエスト』(I - III)などがある。

近年では、マッドハウス作品を中心にシリーズ構成を務めており、脚本も手掛けている。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 飯岡順一『私の「ルパン三世」奮闘記 アニメ脚本物語』河出書房新社、2015年、38-39ページ、ISBN 978-4309275598

注釈[編集]

  1. ^ この名前は後年、同様の拝借の仕方で『名探偵コナン』のヒロインの名前として有名になる。

参考文献[編集]