突撃!パッパラ隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
突撃!パッパラ隊
ジャンル ギャグ少年漫画
漫画
作者 松沢夏樹
出版社 エニックス
掲載誌 月刊少年ガンガン
発表号 1991年4月号 - 2000年8月号
巻数 全18巻 / 新装版:全18巻
漫画:逆襲!パッパラ隊
作者 松沢夏樹
出版社 一迅社
掲載誌 Comic REX
発表号 2006年7月号 - 2011年3月号
巻数 全8巻
アニメ:突撃!パッパラ隊
監督 前島健一
シリーズ構成 小出一巳、末永光代
キャラクターデザイン 小林ゆかり
音楽 増田隆宣
アニメーション制作 マジックバス
製作 テレビ愛知SOFTXマジックバス
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1998年10月3日 - 1999年3月27日
話数 全25話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

突撃!パッパラ隊』(とつげき!パッパラたい)は、松沢夏樹による日本漫画作品。『月刊少年ガンガン』(エニックス(現・スクウェア・エニックス))にて1991年4月号から2000年8月号まで連載された。全144話、単行本全18巻、一迅社より新装版全18巻。

この項目では、続編である『逆襲!パッパラ隊』(ぎゃくしゅう!パッパラたい、一迅社刊『Comic REX』で2006年7月号から2011年3月号まで連載、全62+1話)についても述べる。

概要[編集]

突撃!パッパラ隊[編集]

鉄砲で撃たれても死ぬことのない不死身の主人公・水島は、「死神」と呼ばれ恐れられていた。そんな彼は、最も死に近いとされている「地の果て最前線」「地獄の最強部隊」こと「パッパラ隊」に配属になった。

だがその部隊の正体は、実は遊んでばかりのオキラク部隊であった。この隊を嫌う水島だったが、ランコやとびかげ等との出会いもあり、少しずつ現状が変わって行く…訳も無く、今日も彼はランコ達にイジられるのであった。

OPERATION:1からOPERATION:38までを『第1部』。OPERATION:39からOPERATION:108までを『第2部(シュバルツ・ラント編、作者曰く疾風怒濤編)』。OPERATION:109からOPERATION:125までを『第3部(パッパラアカデミー編)』。OPERATION:126からFINAL OPERATIONまでを『第4部(未来編)』と大まかに分けることが可能。時期によってギャグの質などに変化がある。

しっとマスクや少女漫画家志望の隊長など、インパクトのあるキャラクターが続出し、作者自身もスイカ頭のカレー好きとして登場する。

ちなみにコミックスの頭には「これまでの戦禍!?」として前巻までのあらすじが描かれるが、パッパラ隊が地形が変わるくらいの破壊を巻き起こすため、毎巻違う地形が描かれている。

逆襲!パッパラ隊[編集]

一迅社刊『Comic REX』で2006年7月号より連載が開始された。前作の『パッパラ隊』からはキャラも舞台も一新という形で描かれているが、作者の公式サイトによると『突撃!パッパラ隊』の続編であるとのこと。

設定は『突撃!』の約200年後であり、この作品におけるパッパラ隊は、スットン強帝国への反乱軍という設定になっている。前作から引き続き登場するキャラクターは、2009年11月現時点ではとびかげ・しっとマスク・桜花のみだが、メインキャラには前作のキャラと同じ名字の者が多い。

第6話に登場した「ほんのおちゃっぴい」から革命闘争によりスットン強帝国を打ち建てた「5人の姉妹」が、『突撃!』最終回に登場した水島とランコの娘達に酷似しているが詳細は不明。『突撃!』終了後の作者インタビューでは、「今後、この続編を描く予定は?」という質問に対して、「もう十分描いたので、もし、描くとしても、パラレルワールドとかですかね。『第2部』からのパラレルワールドで、本編とは違い恋心を抱いてないマーテルが、ミラルカを裏切り、発明品を駆使して、後光院家を乗っ取る話とか描いてみたいですね。あ!そのパラレルワールドの未来とかでもいいですね。女装した水島に惚れて、本編でも使用していた相手を惚れさせる装置で、水島と両思いとなって、本編でも使用していた性別を逆転する薬で、完全に女にした上で、結ばれるとか…ダメですかね?」と答えているが、結局続編を書いたらしい。

登場人物[編集]

テレビアニメ[編集]

この作品は後にテレビアニメ化され、1998年10月3日から1999年3月27日までテレビ東京系列局各局にて放送された。全25話。制作はテレビ愛知が担当(テレビ愛知が初めてアニメの制作に参加した作品である)。

本来、銃撃戦や過激なノリのギャグが売りの本作だが、アニメ化に当たり(キー局のテレビ東京規制の兼合いや早朝放送という点を考慮し)大幅に修正された。

声の出演[編集]


スタッフ[編集]

  • 原作・キャラクター原案 - 松沢夏樹(エニックスガンガンコミックス」刊)
  • 監督 - 前島健一
  • 監修 - 出崎哲
  • シリーズ構成 - 小出一巳、末永光代
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 小林ゆかり
  • メカデザイン - うみこなみ
  • 美術監督 - 脇威志
  • 美術設定 - 佐藤正浩
  • 色彩設定 - 小林恵
  • 撮影監督 - 神山茂男
  • 編集 - 船見康恵、伊藤東平
  • 音響監督 - 藤山房伸肝付兼太
  • 音響演出 - 藤山房枝
  • 音響プロデューサー - 山田太平
  • 音楽 - 増田隆宣
  • 音楽プロデューサー - 宮住俊介
  • オープニング・エンディングアニメーション
    • 絵コンテ・演出 - 前島健一
    • 作画監督 - 小林ゆかり
  • アシスタントプロデューサー - 岩田和彦
  • プロデューサー - 沖本行克、出崎哲、菅野哲夫
  • 制作 - テレビ愛知、SOFTX(現・テレビ東京メディアネット)、マジックバス

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ギザギザMAKE A MOTION」
作詞・作曲 - 永井真人 / 編曲 - 増田隆宣 / 歌 - Misty(ソニーレコード
エンディングテーマ「Wanna Wanna」
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 永井真人 / 歌 - Misty(ソニーレコード)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 不死身のアイツにダイナマイトでおちゃっぴー 小出一巳
末永光代
前島健一 真野玲 小林ゆかり
2 スットン・マフィアに愛のトラップを 市川卓 青木雄三 伊達勇登 阿部和彦
3 なまいき女隊長は恋のライバル 小出一巳
末永光代
前島健一 酒井伸次 森中正春
4 渚のハイカラ将軍は美女がお好き 土屋理敬 御厨恭輔 李鐘玄
5 セーラー美少女は十万馬力の恋がたき 岡嶋国敏 下坂英男
6 乙女の戦い! 花の都で大決戦 植田浩二 四分一節子 熨斗谷充孝 竹上貴雄
7 非情の罠! ドラグネットは破滅の使者 日色如夏 八凪哲
8 美人お姉さんは恐怖の訪問者 末永光代 えがみきよし 酒井伸次 森中正春
9 とびかげちゃんは秘密がいっぱいデンジャラス + 白鳥沢の野望 近藤真智子 高橋滋春 花井信也
10 ランコちゃんのキケンでパニック里帰り 末永光代 岡嶋国敏 小田仁
11 ドラグネットの逆襲! パッパラ祭は嵐の予感!? 市川卓 えがみきよし 土屋浩幸 大坪雪麿
12 クリスマスの秘密指令はハッピー・デート 土屋理敬 青木雄三 熨斗谷充孝 鈴木伸一
13 水島クンはキュートで華麗なプリティ・ウーマン 市川卓 小田原男 高橋滋春 森中正春
14 気まぐれお嬢様は宇宙よりの使者 植田浩二 富永恒雄 花井信也
15 トライアングル・デートはWanna Wanna[ワナワナ]ジェラシー・エモーション 日色如夏 八凪哲
16 真冬の怪談!? ホラー・ハウスでスリルな一夜を 土屋理敬 岡嶋国敏 小田仁
17 ドラグネット最終指令! 狙われた花嫁 市川卓 えがみきよし 土屋浩幸 大坪幸麿
18 恋のラビリンスはクラッシュハートなデンジャーゾーン 植田浩二 高橋滋春 鈴木伸一
19 愛のカウントダウン! バレンタインは危機100発 市川卓 日色如夏 八凪哲
20 神秘の海でみんなで人魚でおちゃっぴー 土屋理敬 青木雄三 花井信也 森中正春
21 乙女の戦いPART2 海の孤島で灼熱バトル 植田浩二 えがみきよし 熨斗谷充孝 小林ゆかり
22 さよならマイちゃん!? ウイルスバスターズでミクロの大追跡 土屋理敬 小田原男 前島健一 小柴さくら
山本径子
23 湯けむり美人いずみちゃんキッスで温泉バトル 市川卓 岡嶋国敏 土屋浩幸 柳瀬雄之
24 ランコVS水島 愛と哀しみの最終決戦ラスト・バトル!? 植田浩二 高橋滋春 八凪哲
25 地球消滅!? 愛と別れのカウントダウン! 土屋理敬 前島健一 小林ゆかり
テレビ愛知制作・テレビ東京系列 土曜8:00枠
前番組 番組名 次番組
突撃!パッパラ隊
(本作よりテレビ愛知制作アニメ枠に)

ドラマCD[編集]

スタッフ
  • 原作 - 松沢夏樹
  • 脚本 - 山下久仁明
  • 演出 - 早瀬博雪
  • 音楽 - 水野久興
声の出演

ゲームソフト[編集]