大庭秀昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大庭 秀昭(おおば ひであき)は、日本のアニメーション監督、アニメーション演出家。

来歴・人物[編集]

1994年にNHK BSアニメ『おまかせスクラッパーズ』の総監督をつとめた。また、2002年にアニメ『電光超特急ヒカリアンシリーズ』の監督をつとめた。

近年[いつ?]では、キッズアニメ(例えば現在は『かみさまみならい ヒミツのここたま』、過去には『名探偵コナン』や『たまごっち!シリーズ』、『ポケットモンスターダイヤモンド&パール』、『ハピネスチャージプリキュア!』)の絵コンテや演出をつとめる傾向があるが、上述のとおり中年向けや家族で楽しめるアニメの制作にかかわることが多い。

2016年、高森顕徹が仏教の世界観を描いた『なぜ生きる』シリーズを原作とした映画『なぜ生きる 蓮如上人と吉崎炎上』の監督をつとめた[1]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]