異世界美少女受肉おじさんと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
異世界ファンタジー美少女受肉おじさんと
ジャンル ラブコメディTSF
異世界コメディ[1]
漫画
原作・原案など 津留崎優
作画 池澤真
出版社 Cygames
小学館(単行本)
掲載サイト サイコミ
レーベル サイコミ×裏サンデー
発表期間 2019年11月18日 -
巻数 既刊8巻(2022年11月現在)
アニメ
原作 池澤真・津留崎優 / Cygames
監督 山井紗也香
シリーズ構成 竹内利光
脚本 竹内利光・赤星政尚
キャラクターデザイン 大和葵
音楽 渡辺剛
アニメーション制作 オー・エル・エム Team Yoshioka
製作 ファ美肉製作委員会
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2022年1月12日 - 3月30日
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

異世界美少女受肉おじさんと』(ファンタジーびしょうじょじゅにくおじさんと)は、原作:津留崎優、作画:池澤真による日本漫画作品[1]。『サイコミ』(Cygames)にて2019年11月18日から毎週月曜日更新で連載されている[2]。サブタイトルは「ファ美肉おじさんと◯◯」。略称は『ファ美肉』、『ファ美肉おじさん[3]

あらすじ[編集]

会社員・橘日向は、冴えない容姿とイケメンな幼馴染・神宮寺司のせいで、モテない日々を送っていた。「こんなにモテないなら、いっそ金髪美少女になってチヤホヤされたい」と愚痴を零していたら、突然現れた愛と美の女神の手により、司と共に異世界転移してしまう。そして日向は、目が覚めると金髪美少女になってしまっていた。日向は男の姿に戻るべく、女神の言うままに魔王を倒す旅に出る。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

主要人物[編集]

橘 日向(たちばな ひなた)
声 - M・A・O(女)[4]伊東健人(男)[4]菊池紗矢香(小学生)
本作の主人公。32歳の平凡な男性会社員[1]。女神によって身体を日向の好みとしている金髪の美少女として作り変えられ[1]、神宮寺司と共に異世界へ転移させられることになる[5]。自宅にはビール以外の食料を買い置きしておらず料理もできないなど生活力は低く司に頼りっぱなしだが、コミュニケーション能力は高く誰とでもすぐ仲良くなれ周囲の人物が困っていると当たり前のように手を差し伸べる。年の離れた妹がおり、美少女化してからは妹用の服を着たりしている。
愛と美の女神に選ばれた勇者であり、髪に隠れたうなじの部分に女神の紋章がある。ステータスは基本ゴミだが、「運」だけは高い。身体的なステータスは低いものの勇者としての力は大きく、司を通して発揮されたり、魔族によって起動した兵器・メーポンのエネルギー源としてサブコックピットに放り込まれた際には、メーポンを乗っ取り返したりしている。
なお身体を作り変えられた際に女神から与えられた加護「絶世の美貌」と「トラブルメーカー」で、自分の姿を見た者をほぼ無差別に魅了してしまう体質となっている。このふたつは前者のみなら交渉事を有利にする程度だが、後者の呪いによって魅了された者たちの欲や願望を増幅して暴走状態にする。そのため最初に訪れた町で司が人目除けのエンチャントが施されたティアラ(金貨300枚)を購入、身に付けることで魅了の影響をある程度抑制している。
神宮寺 司(じんぐうじ つかさ)
声 - 日野聡[4]高宮彩織(小学生)
橘日向の古くからの親友であり、イケメンでもある[1]。日向と同様に異世界へ転移させられることになる[5]。勉強も運動も得意な完璧超人で、ある程度の技術は見よう見まねで覚えてしまうほど。その完璧超人ぶりは祖母の教育の結果だが、それゆえに人付き合い含めて欠けている部分も多い。孤立気味だった自分をいつも気にかけてくれる日向を心の支えにしており、生活力の低い日向の面倒を何かと見ているが、女性不信の気があり、そのため日向には早く男性に戻ってほしいと思っている。一方で美少女化した日向に魅了されてもおり、(元々は男性である)日向へ恋愛感情を抱くことへの危機感から、普段は強い意志力で抑制している。
この世界における立場は「勇者(日向)の武器」。女神から与えられた加護「理想の肉体」で頑丈かつ強力なパワーを発揮するが、日向との意思疎通が不十分だと発揮されない。また「楽園への扉」というスキルで日向の自宅アパートの扉を召喚でき、外部と隔絶された部屋に滞在することができる。

日向たちを取り巻く人々[編集]

愛と美の女神
声 - 釘宮理恵[4]
異世界に12柱いるという女神の1柱。だが、その姿は司曰く「ウサ耳生やした痴女が全身にLED散りばめている」というもので、酔いつぶれた日向を殺して召喚するなど、行動パターンもやっつけ感が強い。出会い頭に侮辱されたこともあって自分で選んだ2人に加護と共に呪いもかけている。12の女神たちの「1柱につき1人の勇者」という取り決め条件だったが、片方を武器扱いにすることで2人を召喚した。
ティロリロ・リリリ・ルー
声 - 藤井ゆきよ[4]
日向たちが召喚された場所に近い森にすむエルフ族の頭目。愛と美の女神の眷族を自称し、己の美しさを誇っている。サテイナ(声 - 遠野ひかる)、ウルティナ(声 - 進藤あまね)という部下がいる。魔法や身体能力にも優れるが、住んでいる森が火災を起こしていても気が付かないなど鈍いところもある。司から借りたダマスカス包丁一本でイカ神を倒すなど、魔法も含めて戦闘力は低くないが、致命的に抜けている。
森林火災の折に近隣の村に事情を聴きに来たが、神宮寺司が狩った森の守護神(と呼ばれる獣)が毛皮となっているのを目撃して、日向と司にクレームを入れてくる。クレームついでに自身の美貌を誇示するが、日向に完敗。日向を殺して勝負を無効にしようとしたことで、司の投石を受けて自慢の髪を切り落とされ精神的にダメージを負う。その後、仕返しするために日向たちを追って出奔するが、奴隷商人に掴まったりイカ推しの村で大騒ぎした挙句、村長の任を押し付けられる。イカ神(を名乗るバケモノイカ)を殺し焼いて食べてからはその味を忘れられず、各地で神と崇められている生物を倒して喰らって回る生活を送り、その折で魔剣パニパニを手に入れる。それからダブルピース海賊団に身を置き、乗組員から「先生」と慕われている。
シュバルツ・フォン・リヒテンシュタイン・ローエングラム
声 - 石川界人[6]
町に着いた日向たちの前に現れた少年。名前が長くて覚えられない、という日向の意向で付いた綽名は「シュバくん」。実は、異世界に12柱いるという女神の1柱「夜の女神」によって召喚された高校3年生の日本人で、いわゆる中二病的な言動をとるものの、素の性格は年相応。当然だがシュバルツというのは自称で、ステータス画面にある本名もひた隠しにしている。日向たちと異なり夜の女神とは意気投合しており、女神の召喚スキルを持つ。基本はビビリだが勇者願望も強く、いざとなれば(半ば自棄だが)強敵にも立ち向かう度胸を持つ。
右手の甲に女神の紋章があり、自らの中二病を具現化した聖剣・グラムを持つ。グラムは全長1メートル強の両手剣でシュバルツが「斬りたいと願ったもの」は実体の無い光線であろうと、物理的に干渉できないステータスの異常であろうと斬ることが出来る。だが、日向たちと出会った時点では生き物を斬る覚悟が無かったので鞘に入れたまま振り回していたらしく、グラムの能力自体知らず、初めて使った際は剣先の延長線上にあるものは無差別に斬ってしまい、それ以降怖くて抜けなくなる。しかしルシウスとの特訓を経てグラムの能力を発揮できるようになった。
転生直後は異世界人に話しかけることができず、森の中でサバイバル生活をしていたため毒耐性を獲得している。
ルシウス
声 - 喜多村英梨[6]
最初に訪れた町・メルクス領自警団の団長で尋問官も兼ねている女性だが、普段は男装している。街で騒ぎを起こしたシュバルツを捕縛するが、勇者だと判明してからは指揮下に置いて指導している(シュバルツからは師匠と呼ばれている)。
剣技に優れ鋼鉄クラスなら自力で破壊できる。基本的には真面目な人で、暴走すると領主相手でも悪事を働くのであれば力技で止めるほど。
夜の女神
声 - 能登麻美子
12柱の女神の1柱。夜と闇を司る神なので昼夜逆転している。シュバくんと同じレベルの厨二病患者で、「黒が最強(意訳)」と主張する彼とは非常にウマが合う。そのためか魔王についての情報はしっかりと説明している。
シェン
声 - 諏訪部順一
イカの村で神宮寺と知り合った商人で、二人の旅に同行する。日向の魅了が効かない稀有な人物で、そもそも女性に興味がない様子。実は王国に仕える諜報員だが、王国だけに仕えている訳ではないような言動も多い。
ムリア
声 - 芹澤優
王国諜報部の長を務める若い女性でシェンの上司だが、職務に反してポンコツ気味。
ユグレイン
声 - 牧野由依
愛と美の女神を奉る王国の王女。絶賛反抗期中で、侍女に化けたカームに唆されて王国に対する革命運動を引き起こし、メーポン起動の道具に使われる。父王(声 - 速水奨)がダダ甘なことも利用してうやむやにするちゃっかりした性格。
鈴奈 なずな (すずな なずな)
橘らと同じく女神により召喚された勇者。元高校一年生。礼儀正しく無邪気な性格。
盗まれた家の鍵と橘の下着を取り戻すべくダンジョンに潜ろうとしていた橘と神宮寺に協力を申し出、ギルドに登録する金が無かったことやなずなの異世界に飛ばされてからの苦労に橘が同情したこと、神宮寺が絆されたことによりダンジョンに同行することになる。
武器は足の装甲。脚力を大幅に強化することができるが、なずなは異世界に来る前は恐らく病気で寝たきりであったためうまく扱うことができていない。そのため以前所属していたパーティでも足を引っ張っており、思い詰めたなずなは橘や神宮寺の前からも立ち去ろうとするが、引き止めた神宮寺からトレーニングを受けることになる。

魔族[編集]

「魔王の眷族」を名乗る者たち。外見的には人間と大差ないが、頭頂部に双葉の様なアホ毛(変装などで隠すことは可能)があるのが共通点。

ヴィズド
声 - 山崎はるか
最初に訪れた町・メルクス領近辺で暴れており「絶腕のヴィズド」と名乗る。強力な魔導兵器である身の丈3メートルほどのリビングアーマーを纏って(というか「乗り込んで」)いたが本体は小柄な少女、でカームからは最弱と言われた。甘味以外に関しては歯ごたえ優先の味音痴。魔導兵器の扱いに長けているが、兵器に対して擬人化したような扱いをする。
カーム
声 - 愛美
囚われたヴィズドを助けた女。地下牢を地上部分から抉り取る能力があるが、式の展開までの間が長く動いているものには向かない。本人曰く隠密特化だそうだが、王国に潜入するために下働きのメイドから始めるなど回りくどい上に自身がストレス溜めている。

書誌情報[編集]

  • 津留崎優(原作)・池澤真(作画) 『異世界美少女受肉おじさんと』 小学館〈裏少年サンデーコミックス〉、既刊8巻(2022年11月17日現在)
    1. 2020年4月17日発売[7]ISBN 978-4-09-850102-1
    2. 2020年9月18日発売[8]ISBN 978-4-09-850254-7
    3. 2021年2月19日発売[9]ISBN 978-4-09-850444-2
    4. 2021年5月19日発売[10]ISBN 978-4-09-850541-8
    5. 2021年10月18日発売[11]ISBN 978-4-09-850656-9
    6. 2022年1月19日発売[12]ISBN 978-4-09-850778-8
    7. 2022年6月17日発売[13]ISBN 978-4-09-851093-1
    8. 2022年11月17日発売[14]ISBN 978-4-09-851379-6

テレビアニメ[編集]

2021年5月17日、テレビアニメ化が発表された[5]。2022年1月から3月までテレビ東京ほかにて放送された[15]。ナレーションは江原正士[4]

ユグレイン王女による反乱が収束するまでが描かれた。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 池澤真・津留崎優/Cygames[4]
  • 監督 - 山井紗也香[4]
  • アニメーションスーパーバイザー - 新田典生
  • シリーズ構成 - 竹内利光[4]
  • キャラクター原案 - 池澤真、津留崎優
  • キャラクターデザイン - 大和葵[4]
  • キャラクター設定 - 岡田絵里香(第2-4話)、河野仁美(第4話-)、東海林康和(第9話-)
  • 美術監督 - 長田泰治郎、原部幹大(第2、5、8、10話)、楊澤辰(第3、6、9、12話)
  • 色彩設計 - 佐藤直
  • 撮影監督 - 山道奈保美
  • 編集 - 小守真由美
  • 音響監督 - 亀山俊樹[4]
  • 音楽 - 渡辺剛[4]
  • 音楽制作 - ミュージックブレインズ
  • エグゼクティブプロデューサー - 伊平崇耶、長谷川大介、二瓶茂人、秋間眞良(テレビ東京)、大貫佑介
  • プロデューサー - 許樹人、吾田慎悟、奈良初男(テレビ東京)、間取美帆、久保佐喜代、福井詔雄
  • アニメーションプロデューサー - 吉岡大輔
  • アニメーション制作 - オー・エル・エム Team Yoshioka[4]
  • 製作 - ファ美肉製作委員会[4]

主題歌[編集]

「暁のサラリーマン」[15]
福山芳樹によるオープニングテーマ。作詞は福山恭子、作曲は福山芳樹、編曲はF-BAND。
「“FA“NTASY と!」[15]
Luce Twinkle Wink☆によるエンディングテーマ。作詞はくまのきよみ、作曲・編曲は大久保薫

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日[16]
第1話ファ美肉おじさんとおじさん 竹内利光山井紗也香新田典生
  • 桑原麻衣
  • 岡田絵里香
2022年
1月12日
第2話ファ美肉おじさんと絶世の美貌 新田典生洪佩妮
  • 新宮祐介
  • スタジオギガ
佐藤陵1月19日
第3話ファ美肉おじさんと怒りのエルフ 西田健一
  • 大野美葉
  • 秋元勇一
  • Studio CL
河野仁美1月26日
第4話ファ美肉おじさんと黒の剣士 赤星政尚秋山朋子沼山茉由
  • 阿部祐里
  • 岡田絵里香
  • 村田誠
東海林康和2月2日
第5話ファ美肉おじさんと動く鎧 竹内利光新田典生興満録助
  • 荒井怜子
  • 河野仁美
  • 桑原麻衣
  • 河野仁美
2月9日
第6話ファ美肉おじさんと自由人 赤星政尚永島昭子石井輝
  • 土信田和幸
  • 秋元勇一
  • 高橋直樹
  • 川口弘明
  • 松本勝次
佐藤陵2月16日
第7話ファ美肉おじさんとイカファイヤー
大庭秀昭
  • 大野美葉
  • 山縣亜紀
東海林康和2月23日
第8話ファ美肉おじさんと選択 竹内利光秋山朋子新田典生
  • 門智昭
  • 石井舞
  • 河野仁美
  • 桑原麻衣
3月2日
第9話ファ美肉おじさんと美少女 赤星政尚西田健一
  • 岡田絵里香
  • 阿部祐里
  • 中山裕美
  • 村田誠
佐藤陵3月9日
第10話ファ美肉おじさんと反乱 永島昭子沼山茉由
  • 渡辺一平太
  • 上赤由香里
  • tofu
  • 川本和孝
  • 鈴木莉乃
  • 早川元基
  • 清水椋大
  • 紫灯珈
  • 中川実
  • 福田さつき
  • 服部未夢
  • 河野仁美
  • 桑原麻衣
3月16日
第11話ファ美肉おじさんと決戦兵器 竹内利光新田典生西田健一
  • 山縣亜紀
  • 大野美葉
東海林康和3月23日
第12話異世界ファンタジー美少女受肉おじさんと
  • 山井紗也香
  • 永島昭子
山井紗也香
  • 土信田和幸
  • 岡田絵里香
  • 阿部祐里
  • 佐藤陵
  • 大野美葉
  • 山縣亜紀
佐藤陵3月30日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [18] 備考
2022年1月12日 - 3月30日 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) テレビ東京 関東広域圏 製作参加 / 字幕放送[19]
水曜 1:55 - 2:25(火曜深夜) 北海道テレビ 北海道
水曜 21:30 - 22:00 AT-X 日本全域 CS放送 / 字幕放送[20] / リピート放送あり
2022年1月15日 - 4月2日 土曜 0:30 - 0:59(金曜深夜) BSテレ東 日本全域 BS/BS4K放送 / 字幕放送[21]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[22]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2022年1月12日 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) ABEMA[23]
2022年1月14日 金曜 0:00(木曜深夜) 更新
2022年1月15日 土曜 0:00(金曜深夜) 更新
2022年1月16日 日曜 0:00(土曜深夜) 更新
2022年1月17日 月曜 0:00(日曜深夜) 更新
2022年1月18日 火曜 0:00(月曜深夜) 更新
火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) ニコニコ生放送[24]
火曜 23:30 更新
2022年1月19日 水曜 12:00 更新 HAPPY!動画
テレビ東京 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜)
前番組 番組名 次番組
takt op.Destiny
【ここからアニメ枠】
【ここまでネットワークセールス枠】
異世界美少女受肉おじさんと
【本番組のみローカルセールス枠】
BIRDIE WING -Golf Girls' Story-
【再びネットワークセールス枠】

BD[編集]

発売日[25] 収録話 規格品番
1 2022年4月27日 第1話 - 第6話 CYGX-00012
2 2022年5月25日 第7話 - 第12話 CYGX-00013

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “美少女化した元おじさんの冒険ラブコメ「異世界美少女受肉おじさんと」TVアニメ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月17日). https://natalie.mu/comic/news/428463 2021年5月17日閲覧。 
  2. ^ 異世界美少女受肉おじさんと”. サイコミ. Cygames. 2021年5月17日閲覧。
  3. ^ 今話題沸騰中!?「ファ美肉おじさん」はすべての“性癖”を押さえたスーパーアニメかもしれない…荒れる編集部がひとつになるまでの軌跡” (日本語). アニメ!アニメ!. 2022年6月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「異世界美少女受肉おじさんと」は2022年1月放送開始!キャストにM・A・O、日野聡ら”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年10月18日). 2021年10月18日閲覧。
  5. ^ a b c “『異世界美少女受肉おじさんと』のTVアニメ化が発表/漫画アプリ「サイコミ」ほかで掲載の人気漫画作品”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2021年5月17日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1621227556 2021年5月17日閲覧。 
  6. ^ a b 「異世界美少女受肉おじさんと」追加キャストに石川界人、喜多村英梨ら、PV第2弾も”. コミックナタリー (2021年12月13日). 2021年12月13日閲覧。
  7. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 1”. 小学館. 2021年5月17日閲覧。
  8. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 2”. 小学館. 2021年5月17日閲覧。
  9. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 3”. 小学館. 2021年5月17日閲覧。
  10. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 4”. 小学館. 2021年5月19日閲覧。
  11. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 5”. 小学館. 2021年10月18日閲覧。
  12. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 6”. 小学館. 2022年1月19日閲覧。
  13. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 7”. 小学館. 2022年6月17日閲覧。
  14. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 8”. 小学館. 2022年11月17日閲覧。
  15. ^ a b c 「異世界美少女受肉おじさんと」OP曲は福山芳樹!ED曲、放送日、追加キャストも”. コミックナタリー. ナターシャ. 2021年11月19日閲覧。
  16. ^ エピソード”. 異世界美少女受肉おじさんと テレビ東京アニメ公式. テレビ東京・BSテレビ東京. 2022年1月19日閲覧。
  17. ^ ON AIR”. TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」(ファ美肉おじさん)公式サイト. 2021年12月20日閲覧。
  18. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  19. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 第1話「ファ美肉おじさんとおじさん」(テレビ東京、2022/1/11 24:00 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式). テレビ東京、BSテレビ東京. 2022年1月12日閲覧。
  20. ^ 週間番組表 (2022/01/10〜2022/01/16)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2021年12月10日閲覧。
  21. ^ 異世界美少女受肉おじさんと 第1話「ファ美肉おじさんとおじさん」(BSテレ東、2022/1/14 24:30 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式). テレビ東京、BSテレビ東京. 2022年1月12日閲覧。
  22. ^ 配信スケジュールを公開しました!”. TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」(ファ美肉おじさん)公式サイト (2022年1月16日). 2022年1月20日閲覧。
  23. ^ 異世界美少女受肉おじさんと #1【WEB最速・独占先行】”. ABEMA. AbemaTV. 2022年1月20日閲覧。
  24. ^ a b 2022冬アニメ”. Nアニメ. ドワンゴ. 2022年1月20日閲覧。
  25. ^ ハピネット (2022年1月12日). “アニメ「異世界美少女受肉おじさんと」Blu-rayが発売決定!”. PR TIMES. 2022年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]