劇場版ポケットモンスター ココ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劇場版ポケットモンスター
ココ
監督 矢嶋哲生
脚本 冨岡淳広、矢嶋哲生
原案 田尻智
製作 下平聡士、内山雄太
關口彩香、川口類
出演者 松本梨香
大谷育江
上白石萌歌
中村勘九郎
山寺宏一
中川翔子
音楽 岡崎体育
主題歌 岡崎体育「ふしぎなふしぎな生きもの featuring vocal トータス松本(ウルフルズ)」
制作会社 OLM
製作会社 ピカチュウプロジェクト(The Pokémon Companyほか)
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年12月25日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスター ココ』(げきじょうばんポケットモンスター ココ)は、2020年12月25日に公開予定のテレビアニメ『ポケットモンスター』劇場版映画第23作目の作品。

概要[編集]

公開当時のTVシリーズは『ポケットモンスター』に移行していたが、『キミにきめた!』や『みんなの物語』と同様に、放送中のTVシリーズとは関係のないオリジナルストーリーとなっている。

本作では森を舞台に、ポケモンに育てられた少年ココと新たに発表された幻のポケモン・ザルードの親子関係を描いたストーリーとなっている。

また、前作までナレーション役を担当した石塚運昇の死去に伴い、本作からは石塚からオーキド博士を引き継いだ堀内賢雄がナレーションを担当[1]

当初は2020年7月10日公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、4月17日に特別前売り券の発売中止、5月13日に公開日の延期が発表された。6月15日に、同年冬に公開されること及び8月7日に前売券が発売されることが発表。8月5日、公開日が12月25日に決定したことが発表された[2]

ストーリー[編集]

ポケモンマスターを目指して旅をしている少年・サトシはとある森の中でポケモンに育てられた少年・ココと出会う。

登場キャラクター[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

サトシ
声 - 松本梨香
ポケモンマスターを目指す10歳の少年。
ピカチュウ
声 - 大谷育江
サトシの一番のパートナー。
ロケット団
珍しいポケモンを狙う悪の組織の3人組。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の女性団員。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の男性団員。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団員。人語を話せる上に、ポケモンの通訳もできる。
ソーナンス
ムサシのポケモン。
ナレーション
声 - 堀内賢雄

その他のキャラクター[編集]

ハナコ
声 - 豊島まさみ
『キミにきめた!』以来3年振りの登場となる。

オリジナルキャラクター[編集]

ココ
声 - 上白石萌歌[3]
ザルードに育てられた人間の少年。自分をポケモンだと信じている。
ザルード
声 - 中村勘九郎[3]
幻のポケモン。群れで暮らしていたが、赤ん坊だったココを見捨てられず、森の掟を破り群れから離れココを育て上げた。ココからは「父ちゃん」と呼ばれている。
ゼッド博士
声 - 山寺宏一
「ビオトープ・カンパニー」所属の博士。最先端技術で森の秘密を研究している。
カレン
声 - 中川翔子
「ビオトープ・カンパニー」の研究員でゼッド博士の助手。
セレビィ
森に住んでいる幻のポケモン。色違いで体がピンク色。

スタッフ[編集]

  • 原案 - 田尻智
  • エグゼクティブプロデューサー - 岡本順哉、片上秀長
  • プロデューサー - 下平聡士、内山雄太、關口彩香、川口類
  • アニメーションプロデューサー - 加藤浩幸
  • 脚本 - 冨岡淳広、矢嶋哲生
  • キャラクターデザイン - 丸藤広貴
  • 総作画監督 - 丸藤広貴、西谷泰史
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 音楽 - 岡崎体育
  • アニメーション制作 - OLM
  • 監督 - 矢嶋哲生
  • 配給 - 東宝
  • 製作 - ピカチュウプロジェクト

主題歌[編集]

岡崎体育がメインテーマを含む全6曲の劇中音楽を担当[2]。メインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」はゲストボーカルとしてトータス松本が参加する[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]