半保護されたページ

劇場版ポケットモンスター ココ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劇場版ポケットモンスター
ココ
監督 矢嶋哲生
脚本 冨岡淳広、矢嶋哲生
原案 田尻智
製作 下平聡士、内山雄太
關口彩香、川口類
製作総指揮 岡本順哉、片上秀長
出演者 松本梨香
大谷育江
上白石萌歌
山寺宏一
中川翔子
中村勘九郎
音楽 岡崎体育
宮崎慎二
景山将太
石塚玲依
東大路憲太
主題歌 「ただいまとおかえり」木村カエラ
制作会社 OLM,Inc. OLM Digital,Inc.
製作会社 ピカチュウプロジェクト(The Pokémon Companyほか)
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年12月25日
上映時間 約99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスター ココ』(げきじょうばんポケットモンスター ココ、英題: Pokémon the Movie: Secrets of the Jungle[1])は、2020年12月25日に公開のテレビアニメ『ポケットモンスター』劇場版映画第23作目の作品。

概要

2019年11月TVシリーズが『ポケットモンスター(2019年版)』に移行してから最初に制作された作品。『キミにきめた!』や『みんなの物語』と同様に、放送中のTVシリーズとは関係のないオリジナルストーリーとなっている。

本作では森を舞台に、ポケモンに育てられた少年ココと新たに発表された幻のポケモン・ザルードの親子関係を描いたストーリーとなっている。

また、前作までナレーション役を担当した石塚運昇の逝去に伴い、本作からは石塚の後継としてアニメシリーズにてナレーションを務めている堀内賢雄が担当[2]

当初は2020年7月10日公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、4月17日に特別前売り券の発売中止、5月13日に公開日の延期が発表された。6月15日に、同年冬に公開されること及び8月7日に前売券が発売されることが発表。8月5日、公開日が12月25日に決定したことが発表された[3]

今作品では次回作の予告は無く、ポケモン復興支援ポータルサイト『POKÉMON with YOU - ポケモンはいつもキミといっしょ -』の宣伝だけに留めている。これは『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』以来のことである。また、今作を最後に、1998年7月18日公開の第1作『ミュウツーの逆襲』から続いていた劇場用作品の新規制作を中断している。今後は新型コロナウイルスの影響や感染状況を見極めたうえでの制作の見通しとなっている。

ストーリー

ポケモンマスターを目指して旅を続けている少年・サトシとピカチュウはオコヤの森でポケモン・ザルードに育てられた少年・ココと出会う。

登場キャラクター

レギュラーキャラクター

サトシ
- 松本梨香
主人公。ポケモンマスターを目指す10歳の少年。本作においては、サトシは自身の父親の存在を言及する。父親に関しては、これまでのアニメシリーズで明言されていない。父親のことは「パパ」と呼んでいる。
ピカチュウ
声 - 大谷育江
技:10まんボルト、アイアンテール、でんこうせっか
サトシの相棒ポケモン。本作ではピスヘルメット(探検帽)にホエルコの水筒を掛けた姿で登場。また、『みんなの物語』同様、ピカチュウ以外でサトシの手持ちポケモンは登場しない。ココのことは「ピピ」と呼んでいる。
ロケット団
珍しいポケモンを狙う悪の組織の3人組。今作はほとんどサトシに絡んでおらず、終始正体もバレなかった。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の女性団員。今作は悪巧みの発案が多いが、足を引っ張る場面が目立った。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の男性団員。今作ではコンピュータを操作するなど活躍し、ピカチュウの電撃もロケット団で唯一受けなかった。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団のポケモン団員。人語を話せる他、ポケモンの通訳もできるが、今作は通訳する場面がない。
ソーナンス
声 - うえだゆうじ
ムサシのポケモン。今作もモンスターボールから出て共に行動する。
ナレーション
声 - 堀内賢雄
前任者の石塚運昇の死去に伴い、今作からナレーションを演じている。

その他のキャラクター

ハナコ
声 - 豊島まさみ
サトシの母親。ジャングルに行こうとするサトシを心配していた。劇場版では『キミにきめた!』以来3年振りの登場となる。
ジョーイ
ポケモンセンターの女医。本作では台詞なし。
ジュンサー
警官。終盤に登場し、ロケット団がゼッド博士の本性を暴露したことで博士の逮捕に踏み切った。ジョーイ同様台詞なし。

ゲストキャラクター

ココ(アル・モリブデン)
声 - 上白石萌歌[4]美波わかな(赤ちゃん)
ゲスト側の主人公。ザルードに育てられた人間の少年。サトシと同い年。一人称は俺。当初、自身をザルードだと信じていた。ポケモン語は理解できるが、人間語はあまり理解できず、片言で喋る。本名は「アル・モリブデン」であり、10年前に不慮の交通事故でこの世を去ったモリブデン夫妻の一人息子であることが判明する。
ゼッド博士
声 - 山寺宏一
「ビオトープ・カンパニー」所属の博士。最先端技術で「治癒の泉」の人間への利用を研究している。一見すると穏やかで紳士的な人物だが、その本心はザルードのテリトリーである大樹の「治癒の泉」の源泉を人々のために役立てることを野心にしていた独善的な性格であり、本作における黒幕的存在。「治癒の泉」の利用に反対的であったモリブデン夫妻とのカーチェイスの末、夫妻を死に陥れた張本人。しかし、サトシやココ、ピカチュウ、大樹で暮らすザルード、カレンなどの研究者、オコヤの森のポケモンたちの活躍で思惑は失敗し、ロケット団が行為を世間に暴露したことで逮捕された。
カレン
声 - 中川翔子
「ビオトープ・カンパニー」の研究員でゼッド博士の助手。当初は「治癒の泉」の研究の為に奔走していたが、博士の人間第一の野望に違和感を覚え、サトシたちに協力し、博士を止めようと試みた。博士が逮捕された後、研究者仲間や森のポケモンたちと共に森の再生に尽力すると誓い、ザルードらに謝罪した。
町長
声 - 緒方賢一
予定通りの花火打ち上げに協力してくれたサトシ達にかつて森にセレビィがいたことを話す。
手持ちポケモン
ウールーバイウールー
クロム・モリブデン博士
声 - 川島得愛
リン・モリブデン博士
声 - 関根有咲
「ビオトープ・カンパニー」の前所長夫妻。夫妻はかつて治癒の泉研究の第一人者だったが、突然事故死する。後に、ココ(アル)はこの夫妻が実の両親と知ることになる。
研究員
声 - 田邊幸輔櫻井トオル元吉有希子
「ビオトープ・カンパニー」所属の研究員。研究員の1人がアリアドスを手持ちに入れている。
職人
声 - 城岡祐介
花火職人。
アナウンサー
声 - 根本京里
女性アナウンサー。ゼッド博士の逮捕をニュースで報じた。
下っ端A
声 - 大町知広

ゲストポケモン

ザルード
声 - 中村勘九郎[4]
技:ジャングルヒール
オコヤの森で群れで暮らす幻のポケモン。マントをつけている。赤ん坊だったココ(アル・モリブデン)を発見した。ココに懐かれ見捨てられず、「よそ者をいれてはいけない」という森の掟に反して自ら群れから離れココを育て上げた。ココからは「父(とう)ちゃん」と呼ばれている。少々人使いが荒く、ぶっきらぼうな性格で他のポケモンたちから嫌われているが、ココに対する思いは誰よりも強い。ココや他のザルードとは人間の言葉で会話しているように聞こえるが、これは視聴者用に吹き替えられているだけで、ココ以外の人間には鳴き声にしか聞こえない。
長老ザルード
声 - 中博史
ザルードの中でも高齢で杖を突いている。物知りでセレビィや樹木について詳しく知っている。
リーダー・ザルード
声 - 津田健次郎
長老の次に上の立場で通常より大きめのザルード。掟に反したザルードを裏切者扱いしている。いささか乱暴者だが、仲間思いでもある。
サブリーダー・ザルード
声 - KENN
立ち場が3番目のザルード。
セレビィ
オコヤの森に住んでいると言われる幻のポケモン。今作では体がピンク色の色違いの個体が登場する。
ウッウ
声 - 愛河里花子
サトシがゲットを試みるが、失敗する。ピカチュウやロケット団のカードキーを一度飲み込むが、ピカチュウの電撃を受けいずれも吐き飛ばした。ホシガリスと共にエンディングで踊りを披露する。
ホシガリス
声 - 真堂圭
ココと幼い頃から仲良しのポケモン。食欲旺盛。森に住むポケモンで唯一ザルードに心を開いている。ウッウと共にエンディングで踊りを披露する。
コノハナ
声 - 坂井易直
ザルードに不満を持っており、ザルードにオレンのみを投げる。
ダンゴロ
声 - 田中啓太郎
ワシボン
声 - 坂田将吾
巣から落ちたところをココとザルードが救護し、命拾いする。回想でウォーグルが親と表現される。
アップリュー
声 - 佐藤悠雅
ウッウの次にサトシがゲットを試みるも失敗して見失ってしまう。
スカンプー
声 - 観世智顕
図鑑を鑑みて本来は臭い液体を放つが、映画ではよく屁をこく設定となっている。
フライゴン
声 - 田中光
ゴロンダと喧嘩をし、羽を負傷していた。心配したココが注意を引き付けて怒り心頭にさせ、密かにザルードの縄張りの「治癒の泉」に入れて回復する。作中でココはフライゴンを喧嘩早いと言及している。
タネボー
声 - 夏目妃菜
怒り心頭のフライゴンと衝突しそうになり、気絶する。
エルフーン
声 - 永井真里子
ガントル
声 - 宮田海地
以上、オコヤの森に住むポケモン達。当初はザルードを警戒していたが、終盤でザルードに協力する。他にもウパーキャタピーチェリンボヒメンカテッカニンウォーグルゴロンダヨクバリスモロバレルナゾノクサカジッチュサシカマスモンメンなどのポケモンが登場する。
以下、ミリーファタウンの市井のポケモンたち。作中ではガラルのポケモンたちを中心に多種多様に登場する。
エースバーン
ナットレイ持ちのトレーナーとバトルする。技「かえんボール」を的中させ勝利。
ナットレイ
エースバーン持ちのトレーナーとバトルする。技「かえんボール」を当てられ敗北する。
カジリガメ
暴走するが、ココに制止されなだめられる。
タイレーツ
ヘイが花火の大砲の底に寝ていたところをココに救出された。

役名無し

声 - 山根綺角倉英里子中村光樹寺崎千波也川口桜

設定用語

ミリーファタウン
本作の舞台であるオコヤの森を抱える町。
オコヤの森
本作の舞台。セレビィが住むと言われている。
ビオトープカンパニー
「治癒の泉」を研究する企業。ゼッド博士やカレン、数多の研究員が所属する。ロゴのデザインは、藤原ヒロシ主宰の「fragment design(フラグメント デザイン)」が担当した[5]
治癒の泉
泉に浸かると傷が回復する。ザルードの暮らす大樹を源泉としており、ザルードが泉の利用を独占していた。長年、存在しないと考えられていたが、ビオトープカンパニー所長だったモリブデン夫妻が泉の特定に成功した。

スタッフ

  • 原案 - 田尻智
  • エグゼクティブプロデューサー - 岡本順哉、片上秀長
  • プロデューサー - 下平聡士、内山雄太、關口彩香、川口類
  • アニメーションプロデューサー - 加藤浩幸
  • 脚本 - 冨岡淳広、矢嶋哲生
  • 副監督 大和田淳
  • 演出 - 若野哲也、志村錠児、飯島正勝、中川航、牧野友映、牧野吉高、大和田淳 / 矢嶋哲生
  • アニメーションスーパーバイザー - 湯山邦彦
  • キャラクターデザイン - 丸藤広貴
  • サブキャラクターデザイン - 西谷泰史
  • プロップデザイン - 小野可奈子
  • メカデザイン - 渚慎太郎
  • コンセプトデザイン - バーンストーム・デザインラボ(田中俊成、大山裕之、由利聡)
  • 総作画監督 - 丸藤広貴、西谷泰史
  • ピカチュウ作画監督 - 一石小百合
  • 作画監督 - 西谷泰史、池田早香、片山美和、宮田忠明、中田亜希子、加藤祐子、村田理、大河しのぶ、志村隆行、一ノ瀬結梨、岡昭彦、吉野真一、茂木琢次、小野可奈子、小島えり、太田都、西野文那、中野悟史、門倉世央子、平山智
  • 動画チェック - 阿部由実、円田智世、Mao、Mukhlis、Putra、Yieng、櫻沢翔吾、星英子
  • 色彩設計 - 佐藤美由紀
  • 色指定・検査 - 久島早映子、渡邉裕美、金光洋靖、手嶋明美、平田奈緒美、山田照美、阿彦真凛、吉里修耶、寺分神奈、中島由紀恵、中村里沙
  • 色彩協力 - 吉野記通
  • 美術監督 - 高尾克己
  • 美術 - OLMデジタル、じゃっく
  • 撮影監督 - 鯨井亮
  • 撮影監督補佐 - 岡村奈沙
  • CGI - OLM Digital
  • CGIディレクター - 久保田哲也、伊藤良太
  • 編集 - 野川仁
  • 編集助手 - ジェイ・フィルム、堂山紗苗
  • ラボ - IMAGICA Lab.
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 音響効果 - 神保大介
  • 音楽 - 岡崎体育 / 宮崎慎二景山将太石塚玲依東大路憲太
  • 制作デスク・設定制作 - 重光克彦
  • 制作進行 - 和田愛、前畑剛、平嶋愛里香、YEONJI SONG、中野真梨奈、関口雅史、重光克彦
  • 製作 - 石原恒和久保雅一、小島一洋、川崎由紀夫、原口宰、市川南、中島一弘
  • アソシエイトプロデューサー - 沢辺伸政、弓矢政法、平岡利介、宮原俊雄、盛武源
  • アニメーション制作 - OLM Team Kato
  • 監督・絵コンテ - 矢嶋哲生
  • 配給 - 東宝
  • 製作 - ピカチュウプロジェクト(The Pokemon Company小学館テレビ東京タカラトミージェイアール東日本企画OLM東宝小学館集英社プロダクション

主題歌・挿入歌

岡崎体育が主題歌と劇中楽曲のプロデュースを担当する[3]

オープニングテーマ「ココ」
歌 - Beverly[6] / 作詞・作曲 - 岡崎体育 / 編曲 - 澤野弘之
エンディングテーマ「ただいまとおかえり」
歌 - 木村カエラ[7] / 作詞・作曲 - 岡崎体育 / 編曲 - 野村陽一郎
メインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」
歌 - トータス松本[3]ウルフルズ[8]/ 作詞・作曲 - 岡崎体育 / 編曲 - 野村陽一郎
「掟の歌」
歌 - SiNRiN[9] / 作詞 - 矢嶋哲生 / 作曲・編曲 - 岡崎体育
「Show Window」
歌・作詞・作曲 - 岡崎体育 / 編曲 - 岡崎体育、シライシ紗トリ(映画ではノンクレジット。)
「森のハミング」
歌 - 東京都日野市立七生緑小学校合唱団 / 作詞・作曲 - 岡崎体育 / 編曲 - 本間昭光、会原実希(映画ではノンクレジット。)

コラボレーション

リアル脱出ゲーム
SCRAP主催の体験型ゲームイベントであるリアル脱出ゲームとのコラボレーションで「リアル脱出ゲーム×劇場版ポケットモンスター ココ・幻のポケモンの森からの脱出」が2020年11月から2021年2月までの約4ケ月のロングランでリリースすることが決定した。購入者はオコヤの森に住むポケモンとして、様々な謎を駆使して各々のペースで洞窟に閉じ込められた友人であるココを救出(脱出)することがクリア条件。カップルで尚且つ歯ごたえのある通常版と親子で楽しめて尚且つ初心者向けの家族版の2種類があり、家族版のみ若干難易度が引き下がっている。PDFファイルダウンロードアドレスが付いた電子版とペーパークラフトが付いた紙版の2種類で展開する。キャッチコピーは『これはキミの手で解き明かす、ポケモンと人間の新たな絆(なぞ)』である。
CoCo壱番屋
2020年12月1日より、カレー専門店のCoCo壱番屋とのコラボレーションが開始した。アイスココアの購入でポケモンオリジナルコースターを貰えるほか、専用アプリの提示と1,000円以上の購入でオリジナルミニプレートがプレゼントされた。
ポケモンマスターズ
劇場版映画の公開を記念し、特別イベント「世界の破壊を防ぐ悪」が開始された。
Pokémon Café Mix
劇場版映画の公開を記念し、3日間ログインすることで色違いのセレビィをスタッフにすることができた。

脚注

  1. ^ Pokémon the Movie: Secrets of the Jungle and Pokémon GO Collide | Pokemon.com(2020.12.14、pokemon.com)
  2. ^ 故・石塚運昇さん、映画『ポケモン』ナレーション出演せず 連続出演記録22で途切れる”. ORICON NEWS (2020年2月28日). 2020年2月29日閲覧。
  3. ^ a b c 新作ポケモン映画、クリスマスに公開 テーマソングはトータス松本で岡崎体育と初コラボ”. ORICON NEWS (2020年8月5日). 2020年8月5日閲覧。
  4. ^ a b “上白石萌歌&中村勘九郎、映画『ポケモン』でゲスト声優 “種族超えた”親子役”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2168248/full/ 2020年7月31日閲覧。 
  5. ^ https://s.animeanime.jp/article/2020/12/25/58493.html [「劇場版ポケットモンスター ココ」を、より楽しむための3つのポイント! 注目ポケモンからデザインまでご紹介 (アニメアニメ)2020.12.25.]
  6. ^ Beverly:by the courtesy of Avex Entertainment Inc.
  7. ^ 木村カエラ:by the courtesy of ELA / Victor Entertainment
  8. ^ by the courtesy of Getting Better / Victor Entertainment
  9. ^ SiNRiN:岡崎体育SiM

外部リンク