ポケふた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
指宿市にあるイーブイがデザインされたポケふた

ポケふたは、株式会社ポケモンが展開する『ポケットモンスター』のキャラクターであるポケモンの絵をデザインしたマンホールの蓋

概要[編集]

ポケモンの一種であるイーブイ鹿児島県指宿市のスポーツ・文化交流大使に任命されたことにあわせて2018年12月20日にイーブイのマンホールを指宿駅前に設置したのが始まりで[1][2]2019年2月22日には市内の他の場所に新たにイーブイの進化形8種類のマンホールを設置[1]、同年7月31日には株式会社ポケモンより日本全国各地で順次設置することが発表された[3]。2021年8月時点で200枚以上が設置されている[4]。マンホール業界団体の日本グラウンドマンホール工業会によると、特定のコンテンツのマンホールが全国の多くの地域にわたり展開されるのは、ポケふたが初だという[3]

公式サイトでは、ポケふたの設定として、ポケモンの一種であるもぐらポケモンのディグダが掘った穴の跡に「しるし」として誰かが絵を描いているといううわさがあると記述されている[5]

分布[編集]

2021年8月時点で19都道府県に設置されている[4]。2021年11月時点で最も多いのは宮城県の35枚で[6]県内35市町村全てに設置[7]、これに北海道の34枚、宮崎県の26枚と続く[6]。地方別では東北地方が最も多く、2021年11月時点で合計59枚となっている[6]

デザイン[編集]

ポケモンが1匹以上描かれたデザインとなっている。選出されるポケモンは、その場所の名称や風土などに関連している場合もある。例えば、鹿児島県指宿市のポケふたにイーブイが選出された理由として、「イーブイ好き」が「いぶすき」に変容したことが由来である。多くの場合、特定のポケモンが象徴的に描かれている。例えば、北海道福島県鳥取県などでは都道府県内の全てのポケふたにそれぞれロコンラッキーサンド[注 1]が象徴的に描かれている[8][9][10]。なお、神奈川県横浜市桜木町駅前の雌雄のピカチュウが描かれているポケふたのように期間限定に設置されているものもある。

ポケふたのデザインをモチーフにした公式グッズが各自治体や企業より発売されている[11][12]

企画経緯[編集]

ポケふたの設置は、日本の各地域に設定された「推しポケモン」とともに地域の魅力を国内外に発信するプロジェクト「ポケモンローカルActs」の一環として行われているもので、街の中を冒険しポケモンを探す喜びを体感できる企画は何かないかと考えたことがきっかけになっている。マンホールは設置後30年から40年の間交換の必要がないことから、地域としても長いスパンで集客などの効果を得られるメリットがある[13]

マンホールの製造は、これまでデザインマンホールを数多く手掛け全国にネットワークを持つ日之出水道機器に依頼している。デザインには一定の制約が存在し、その一つとして、着色時に鋳物の上から流し込むアクリル樹脂の面積が広すぎると樹脂が剥がれる可能性が高くなるという問題がある。これを解消するため、例えば、イーブイのポケふたでは、背景に星を描くことで着色部分の面積を狭くしている。また、人が上を歩いて滑らないようにする必要があるため、ある程度の凹凸を設けるデザインとなっている[13]

ポケふたはスマートフォン向け位置情報ゲームの『Pokémon GO』と連動しており、様々なアイテムが手に入る場所の「ポケストップ」としてポケふたの設置場所が設定されている。『Pokémon GO』もポケふたと同様に自治体と協力し地域活性化に取り組んでいるが、ポケふたプロジェクトの企画担当である株式会社ポケモンの今村啓太は、完全に地続きの企画というわけではないが根底の考えかたは同じだと思っていると語っている[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 進化系のサンドパンも含む。

出典[編集]

  1. ^ a b 人気ポケモン「イーブイ」と進化形のマンホール”. 【公式】鹿児島県観光サイト かごしまの旅. 2022年9月20日閲覧。
  2. ^ 「指宿市スポーツ・文化交流大使」イーブイのマンホールを設置!”. いぶすき観光ネット (2018年12月20日). 2021年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月30日閲覧。
  3. ^ a b ポケモンマンホール“ポケふた”の全国展開が決定!“推しポケモン”の魅力を訴求するポータルサイト“ポケモンローカルActs”も開設”. ファミ通.com (2019年7月31日). 2022年9月20日閲覧。
  4. ^ a b ポケモンマンホール『ポケふた』が200枚を突破! 新たにルギアが設置されたのはどこ?”. 電撃オンライン (2021年8月15日). 2022年9月20日閲覧。
  5. ^ ポケモンマンホール『ポケふた』”. 2022年9月20日閲覧。
  6. ^ a b c ポケモンマンホール“ポケふた”が千葉県香取市に登場。ガラルカモネギやタイレーツ、フラージェスなど全8種のポケモンがデザイン”. ファミ通.com (2021年11月10日). 2022年9月20日閲覧。
  7. ^ 宮城県”. ポケモンマンホール『ポケふた』. 2022年9月20日閲覧。
  8. ^ 北海道”. ポケモンマンホール『ポケふた』. 2022年9月20日閲覧。
  9. ^ 福島県”. ポケモンマンホール『ポケふた』. 2022年9月20日閲覧。
  10. ^ 鳥取県”. ポケモンマンホール『ポケふた』. 2022年9月20日閲覧。
  11. ^ コラボ商品|ポケモンローカルActs”. ポケモンだいすきクラブ. 2022年9月20日閲覧。
  12. ^ 『ポケふた』好きにはたまらない! スペシャルグッズがヴィレッジヴァンガードに登場!”. ポケモンだいすきクラブ (2020年3月19日). 2022年9月20日閲覧。
  13. ^ a b c 【ポケモンマンホール】“ポケふた”が全国展開チュウ! ゲーム業界一マンホール蓋に詳しい!? 企画担当にそのこだわりを聞く”. ファミ通.com (2019年10月5日). 2022年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]