志村錠児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志村錠児(しむら じょうじ、5月2日 - )は日本のアニメーション監督、演出家。オー・エル・エム所属。代表作は『キョロちゃん』、『劇場版 どうぶつの森』、『えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ! うちゅーのまいごっち!?』、テレビアニメ『たまごっち!』シリーズなどがある。東京都青梅市出身。

人物[編集]

1993年に『おやゆび姫物語』の第23話「目が覚めたの、ママ?」で演出家デビュー[1]。現在はオー・エル・エムに所属している。無口なためか機嫌が悪いと誤解されることも多いと本人は気にしているが、実際はとても温厚で人当たりも良く、実は密かに熱い人物である。また感動屋で涙もろい。大の映画ファンで、中でもウディ・アレンの作品を非常に愛している。そんなことから、元々は実写映画の道を目指すつもりだった。

犬を飼っているという事と、監督作品に犬が多く登場することからスタッフの間では「犬好き」とされている。

参加作品一覧[編集]

監督[編集]

テレビアニメ
劇場アニメ

絵コンテ・演出[編集]

監督作は除く。

テレビアニメ
劇場アニメ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳間書店刊「アニメージュ2005年1月号」P,131

関連項目[編集]

関連人物[編集]