ポケットモンスター スカーレット・バイオレット

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポケットモンスター > ポケットモンスター スカーレット・バイオレット
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細
ポケットモンスター
スカーレット・バイオレット
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 ゲームフリーク
発売元 株式会社ポケモン
販売元 任天堂
シリーズ ポケットモンスター
メディア
発売日 世界の旗 2022年11月18日[1][2][3]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)[1]
ESRBE(6歳以上)[2]
PEGI7[3]
テンプレートを表示

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』(英語: Pokémon Scarlet and Violet)は、株式会社ポケモンより2022年11月18日に発売される予定のNintendo Switchロールプレイングゲームポケットモンスター スカーレット』と『ポケットモンスター バイオレット』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の9作目。公式の略称は「ポケモンSV」。

概要

2022年2月27日に『Pokémon Presents 2022.2.27』で発表された[注 1][4]。また、同年の6月1日には「2nd Trailer」が公開され、公式サイトも更新された。

本作の特徴としてオープンワールドを採用しており自由に駆け巡ることのできるフィールドで、ストーリーに決められた順序のない新たな冒険スタイルを体験できる事が挙げられる[5]。具体例として、従来通りにジムバトルとチャンピオンリーグが存在するが、ジムの周回順は決められておらず、どのジムからでも自由に挑戦が可能となっている。。

Pokémon HOME』と連携することでこれまでのシリーズに登場したポケモン(『LEGENDS アルセウス』に登場するポケモンも含め)を連れてくることも可能。 

対応言語日本語英語スペイン語フランス語ドイツ語イタリア語朝鮮語中国語繁体字簡体字)の9言語である。

ゲームシステム

テラスタル
トレーナーの持つ「テラスタルオーブ」の力により、ポケモンが光輝くようになり、自身が持つテラスタイプに対応する技が強化される。なお、テラスタルタイプは、同一種でも個体によって異なるテラスタルタイプを有しているポケモンもいる。また、タイプによって宝石が変更(例えばくさタイプは花、ひこうタイプは風船、ゴーストタイプはポケモンタワーの幽霊など)する。なお、見た目が変化する点は「メガシンカ」や「キョダイマックス」、技が強化される点は「Zワザ」や「ダイマックスわざ」とほぼ共通している。
テラレイドバトル
トレーナー4人でテラスタルポケモンに挑むレイドバトル。リアルタイムバトル方式となっており、味方の攻撃を待たず自分自身のタイミングで行動することができる。

登場人物

オレンジアカデミー/グレープアカデミー

主人公
本作の主人公。これまでのシリーズ同様、性別と名前を設定できる。バージョンによって服の色が異なる。
ネモ
主人公の友達の少女。ポケモントレーナーの先輩として主人公をリードしてくれる明るくてバトルが大好きな頼れる存在。
ペパー
主人公の先輩。料理が得意で、ポケモン向けの健康料理を研究している。一方、ポケモンバトルは苦手である。
ボタン
主人公の同級生。人見知りな性格で、あまり学校には来ていない。イーブイバックパックがお気に入りで、常に背負っている。
オーリム / フトゥー
本作におけるポケモン博士。オーリムは『スカーレット』、フトゥーは『バイオレット』にそれぞれ登場する。博士がバージョンによって異なるのはシリーズ初となる。
クラベル
オレンジアカデミー/グレープアカデミーの校長。
ジニア
主人公のクラスの担任で、教科は生物学。

ジムリーダー

グルーシャ
ナッぺ山ジムのジムリーダー。こおりタイプの使い手。元はプロのスノーボーダー。相棒はハルクジラで、普段はクールに振る舞う。しかし、バトルの時は抑えている感情があらわになる[6]

ポケモン

本作で新たに登場するポケモンも含めこれまでのシリーズに登場したポケモンが多数登場する。

最初の三匹
くさタイプのニャオハ、ほのおタイプのホゲータ、みずタイプのクワッスのうちの一匹をもらうことになる。
ニャオハ
分類:くさねこポケモン、タイプ:くさ、高さ:0.4m、重さ:4.1kg、特性:しんりょく
緑色ののようなポケモン。甘えん坊な気まぐれやで、トレーナーが他のポケモンを可愛がると拗ねてしまう。前足から甘い香りを放って周囲を魅了させるのが得意。この香りはアロマセラピー効果を持ち、相手を戦意喪失させる。体毛は植物に近く、日光を吸収してエネルギーを作る。毛づくろいで体毛に水分を与え、光合成をしやすくしている。
ホゲータ
分類:ほのおワニポケモン、タイプ:ほのお、高さ:0.4m、重さ:9.8kg、特性:もうか
赤いワニのようなポケモン。マイペースなのんびり屋、食いしん坊で餌を見つけた途端、目を輝かせながら飛び込んでくる。お腹と背中のウロコからを吸収して炎エネルギーを作る。ウロコは常に暖かく、時には高温にもなる。頭から出た触覚のようなものは体内から溢れた炎エネルギーで、感情が高ぶると炎の放出量も上がる。
クワッス
分類:こがもポケモン、タイプ:みず、高さ:0.5m、重さ:6.1kg、特性:げきりゅう
子ガモのようなポケモン。生真面目で常にトレーナーの後ろに着いて回る。頭の青い毛が特徴で汚れるのを嫌うきれい好き。羽から分泌されるジェルで水と汚れを弾く。頭の毛は水分のクリームを塗っているため、乾くとボサボサになってしまう。脚力が強く、流れの早い水上でも自由に泳ぐことができる。バトルでは高速で相手を蹴りつけて攻撃する。
伝説のポケモン
コライドン、ミライドン
本作の伝説のポケモン。赤くて古来風の外見をしているのがコライドン、全身が機械のような未来的な外見がミライドン。二匹とも現時点では分類、タイプ、高さ、重さ、特性は不明。コライドンは『スカーレット』に、ミライドンは『バイオレット』に登場する。
本作ではこの2匹に乗って冒険をすることができ、地上を走る「しっそうけいたい(コライドン)」「ドライブモード(ミライドン)」、水上を泳げる「ゆうえいけいたい(コライドン)」「フロートモード(ミライドン)」、空を飛べる「かっくうけいたい(コライドン)」「グライドモード(ミライドン)」がある[7]
その他のポケモン
パモ
分類:ねずみポケモン、タイプ:でんき、高さ:0.3m、重さ:2.5kg、特性:せいでんき/しぜんかいふく
ネズミハムスターに似たポケモン。頬と手の平に放電器官を持つ。頬を撫でまわしてから両手でタッチして感電させる。全身の毛は寒さを防ぐだけでなく、電気を蓄える役割も持つ。警戒心が強く、不安を感じると頬を撫で放電の準備をする。
グルトン
分類:ぶたポケモン、タイプ:ノーマル、高さ:0.5m、重さ:10.2kg、特性:アロマベール/くいしんぼう
ブタのようなポケモン。優れた嗅覚を持ち、香り高い野草や芳醇な木の実を好む美食家。その結果、むしポケモンが嫌うハーブのような匂いを放つようになった。臆病でパニックになると突進する。一見すると太って見えるが、これは餌を探し回るためでほとんどが筋肉の固まりで力持ちである。
ミニーブ
分類:オリーブポケモン、タイプ:くさ・ノーマル、高さ:0.3m、重さ:6.5kg、特性:はやおき
オリーブをモチーフにしたポケモン。頭の実から出るオイルは飛び上がるほど苦く食用には向いていない。敵に襲われるとオイルを噴射して動きを鈍らせその隙に逃げ出す。光合成で作った栄養を実に蓄えることで一週間飲まず食わずでも平気。日差しが強く乾燥した気候を好み、日中はひなたぼっこしている。
パピモッチ
分類:こいぬポケモン、タイプ:フェアリー、高さ:0.3m、重さ:10.9kg、特性:マイペース
子犬のようなポケモン。全身がパンのようになっており、弾力と剛柔を併せ持ったしっとりとした触り心地をしている。感情が高ぶると身体を大きく膨らませて相手を威嚇する。口から放つ吐息は酵母の成分を持ち、周囲を発酵させる。また、この酵母は料理にも使われているため古くから人々に保護されていた。
ハルクジラ
分類:りくくじらポケモン、タイプ:こおり、高さ:4.5m、重さ:700.kg、特性:あついしぼう/ゆきかき
クジラのようなポケモン。巨体を支える強靭な筋肉と分厚い皮下脂肪、アゴの上下に生えた5本の角を持っている。巨体を生かした攻撃は絶大で、上アゴの角から放たれる氷エネルギーは周囲を凍らせるほど強力。分厚い皮膚のおかげで寒い地域でも平気で回遊できる。同じくクジラがモチーフで水中に生息するホエルコとは違い、陸上でも活動が可能。
モトトカゲ
分類:ポケモン、タイプ:ドラゴン・ノーマル、高さ:1.6m、重さ:、特性:63.0kg、特性:だっぴ
緑色のトカゲのようなポケモン。古くからパルデア地方の多くの家庭で人々と生活してきたポケモンでとても穏やかな性質。人々は日常的に背中に乗って移動する。嫌がらないのは乗った人の体温で寒さをしのげるから。最高速度は120kmほど。固い頭としなやかで太い尻尾は走行時の衝撃を和らげたりバランスを取るためだけでなく、バトルにおいても強力な攻撃手段として役立つ。専用技の「しっぽきり」は自ら尻尾を切り落として体力を削って「身代わり」を作り、その状態で控えのポケモンと交代する。外見はコライドン・ミライドンに似ているが現時点では関係性は不明。
タギングル
分類:ポケモン、タイプ:どく・ノーマル、高さ:0.7m、重さ:27.2kg、特性:かるわざ/どくしゅ
 アイアンのようなポケモン。食べた物によって色が変わる毒素のある唾液を持っており、口から噴射したり、毒を塗った爪で引っかいたりする。危険を感じると体内の毒は急激に強くなり、吸い込むと3日間動けなくなるほどの猛毒になる。夜行性で毒の唾液を塗った指で縄張りの木々に模様を描いて回る。唾液から出す甘く芳しい匂いに引き寄せられたむしポケモンは動けなくなり、明け方になると動けなくなった獲物を捕らえる。
ガケガニ
分類:まちぶせポケモン、タイプ:いわ、高さ:1.3m、重さ:7.9kg、特性:いかりのこうら/シェルアーマー
ケガニのようなポケモン。体のところどころに生えた毛が特徴。大きな目玉は死角なく見渡すことができ、真上から襲い掛かれるように、逆さまになって断崖にへばりついて待ち伏せしている。ただし、頭に血が上って目を回すことが多いため、長時間待ち続けるのは苦手。ハサミは一度掴んだら放さないほど強力で、片方のハサミで相手を捕え、もう片方のハサミで相手の守りを崩して急所を突く。ハサミは戦いの最中などに取れやすいが、しばらくするとまた生えてくる。パルデア地方の一部では貴重な食材となっている。専用特性の「いかりのこうら」は体力が半分になると防御と特防が下がる代わりに、攻撃・特攻・素早さが上がるという「からをやぶる」の特性版。カニがモチーフだがマケンカニ同様、みずタイプではない。
グレンアルマ
分類:ひのせんしポケモン、タイプ:ほのお・エスパー、高さ:1.5m、重さ:85.0kg、特性:もらいび
を纏った戦士のようなポケモン。黄色い鎧は多くの武勲を立てた戦士が着た者でエスパー技のエネルギーの源。体内の炎エネルギーを鎧のエスパー能力で操り技を繰り出す。「正々堂々と戦う」ことをモットーにしており、強敵相手でも真正面に戦いを挑む。強固な鎧で防御を高め、火力の高い技で倒す戦い方が得意。専用技は「アーマーキャノン」。左右の肩当を腕先に集中させ、大砲のように変形させ炎のエネルギー弾を発射する。威力は高いが防御と特防が下がる。「スカーレット」のみ登場。
ソウルアルマ
分類:ひのけんしポケモン、タイプ:ほのお・ゴースト、高さ:1.6m、重さ:69.0kg、特性:もらいび
2本のを持つ戦士のようなポケモン。怨念の染みついた古い鎧を身に纏っている。炎とゴーストのエネルギーで出来た剣は戦いになると火力が上がって大剣となり、この大剣に斬られると、生命エネルギーが流出するほどの傷を負うと言う。だまし討ち・闇討ちなど戦いのためなら手段を選ばない性格で、素早い動きで接近し、大剣で斬りつける。専用技は「むねんのつるぎ」。この世への未練を込めた剣先で斬りつけ、傷口から生命エネルギーを吸い取り与えたダメージの半分の体力を回復させる。「バイオレット」のみ登場。

リージョンフォームのポケモン

アローラ地方、ガラル地方同様過去作品に登場したポケモンのリージョンフォームも確認されている。

ウパー(パルデアのすがた)
タイプ:どく・じめん
一般的なウパーと異なり、毒の粘膜で全身を覆われているため茶色い姿になっている[8]

世界観

舞台はパルデア地方。そびえたつ山々や湖、荒野に大地などが一続きになっている[9]

主人公は地方最古の学校であるオレンジアカデミー、またはグレープアカデミーに在籍する。そこで、「宝探し」をテーマとした課外授業が言い渡され、冒険に出ることになる[10]

屋外型のポケモンセンターが地方内に数多く点在していることが特徴である[11]

また、この地方のポケモンは全てテラスタルという現象で宝石のように光り輝くことがある。場合によってはタイプが変わることもある[12]。タイプによって頭に乗っている宝石が変化する(くさタイプなら花、ひこうタイプなら風船など)。いわゆる過去作における「Zワザ」や「メガシンカ」に近いものとなっている。

  • 英語版・ドイツ語・スペイン語・フランス語・イタリア語は「Paldea」と表記される。
  • 朝鮮語版での表記は팔데아지방北朝鮮: 빨데아지방(1992年式: Ppaltea Chipang)、漢字: 팔데아地方(北朝鮮: 빨데아地方)、2000年式: Paldea Jibang、MR式: P'altea Chipang)と表記される。
  • 中国語版での表記は、簡体字: 帕底亚地区繁体字: 帕底亞地區拼音: pàdǐyà dìqū、注音符号: ㄆㄚˋㄉㄧˇㄧㄚˋㄉㄧˋㄑㄩ)と表記される。

都市

テーブルシティ
主人公の学校がある、最大都市。パルデア地方の中心にある。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ この日は『ポケットモンスター 赤・緑』発売から26周年の日。

出典

  1. ^ a b 商品情報|『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト”. ポケモン. 2022年9月9日閲覧。
  2. ^ a b Pokémon Scarlet and Pokémon Violet|Official Website”. ポケモン. 2022年9月9日閲覧。
  3. ^ a b Pokémon Scarlet and Pokémon Violet|Official Website”. ポケモン. 2022年9月9日閲覧。
  4. ^ 『ポケモン』完全新作発表、「スカーレット・バイオレット」2022年冬発売”. オリコンニュース (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  5. ^ 進化した『ポケットモンスター』の世界へ”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年6月1日). 2022年6月2日閲覧。
  6. ^ グルーシャ」”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  7. ^ 伝説のポケモンに乗って自由な冒険へ飛び出そう”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  8. ^ ウパー(パルデアのすがた)”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  9. ^ 壮大な自然と色彩豊かな街並みが織りなす「パルデア地方」”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  10. ^ パルデア地方最古の学校”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  11. ^ ポケモントレーナーの拠り所!屋外型施設「ポケモンセンター」”. 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。
  12. ^ 【公式】『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』3rd Trailer”. YouTube (2022年8月3日). 2022年8月3日閲覧。

外部リンク