アバンギャルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アバンギャルド、または、アヴァンギャルド: avant-garde)、また漢語表現で「前衛」と呼ばれているものについて解説する。

概要[編集]

「アヴァンギャルド」は、フランス語でもともと「前衛部隊[† 1]」を指す語であり、転じて「最先端に立つ人」、そして芸術の文脈においては、《革新的な試み》や《実験的な試み》(またそれを行う芸術家)を指すようになった。

美術映画音楽演劇舞踏文学など、それぞれの分野に「アバンギャルド」と呼ばれる表現や表現者が存在する。

漢字表現に翻訳する場合は「前衛」とし、ジャンル名を組み合わせ「前衛芸術」「前衛美術」「前衛音楽」「前衛文学」...などの用語・概念がある。

avant-gardeがもともと軍事用語を引用したことからもわかるとおり、「何かへの攻撃の先頭に立つ」というような、政治的ニュアンス、挑戦的な姿勢を示す言葉なのである。(たとえば、旧世代に属する芸術、保守的な権威資本主義体制など、様々なものへの挑戦する姿勢戦いを挑む気概などを含んでいるものを指す用語・概念なのである。)

政治的ニュアンスを含んだ言葉としての最初の使用例はアンリ・ド・サン=シモンの著作『新キリスト教(Le Nouvre christianisme)』(1825年)とされている。ロシア革命前後に起こったロシア・アヴァンギャルドは、革命を象徴する芸術活動として活発な活動を行った。

1960年代がアバンギャルドの全盛期であった。保守化が目立った1980年代には、「"前衛"は(もう)古い」と見なすような風潮が見られたが、21世紀に入ってから再評価され、復活してきている。

類義語

「avant-garde」の類語に「experimental...(実験...)」がある。

「avant-garde」と「contemporary~」との相違点

「contemporary~ コンテンポラリー~ (現代~)」が類語として用いられることもあるが、「contemporary」は単に「現代(同時代)」でしかなく、基本的に「時」や「時代」で線引きしているにすぎず、場合によっては、既存の価値観やシステムにすっかり屈服してしまった、なんら革新性の無いものですら含みうる。

よって、「avant-garde」(既存のものに挑戦する姿勢を指す概念)と 「contemporary」とは、そもそも根本の概念が異なっている。

たとえばある時代の映画の現場全体が「前衛」の気質に満ちていると、その時代の「現代映画」は「前衛美術」でありうるが、その時代の映画の現場が反骨精神を欠いていたら(たとえば、その時代の映画が既存の権益に迎合して、たとえば営利主義に満ちていたりしたら)その時代の「現代映画」は「前衛映画」とは異なっている、という関係になる。 1960年代~1960年代は「現代~」という表現を 「前衛~」という表現を ほぼ同義語として用いることができたが、それは1960年代が(「折しも」あるいは「たまたま」)前衛芸術の全盛期だったからである。類義語と見なせたのは、たまたまのことで、あくまで過去の話である。 その後、世の風潮が、既存の価値観に迎合的になってしまった近年では「現代~」と「前衛~」は、しばしば、指す活動内容や、指す芸術家のリストが異なっている。

前衛美術[編集]

前衛美術では、シュールレアリズム抽象絵画を指す場合が多い。世界で活躍する日本の画家・彫刻家 草間彌生は、1960年代に「前衛の女王」の異名をとった。映画では、若松孝二大島渚寺山修司。漫画では、つげ義春などに始まる「ガロ系」と称される一群の特殊漫画家。

前衛音楽[編集]

音楽の分野では、ピエール・ブーレーズフランク・ザッパルー・リードキャプテン・ビーフハートカールハインツ・シュトックハウゼンジョン・ケージなどが、アバンギャルドな表現者としてよく知られている。

前衛文学[編集]

前衛映画[編集]

前衛芸術の例(世界)[編集]

前衛芸術の例(日本)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語vanguard または advance guard にあたる。

関連項目[編集]