ゼツェシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゼツェシオン(Sezession)は「分離」を意味するドイツ語で、19世紀末、ドイツオーストリア各都市に興った絵画建築工芸の革新運動。過去の芸術様式から分離して、生活や機能と結びついた新しい造形芸術の創造をめざした。分離派。ゼツェッション。セセッション。

ウィーンでは1897年に「オーストリア造形芸術家連盟ゼツェッション」が設立され、初代会長はグスタフ・クリムト、建築からはヨゼフ・マリア・オルブリッヒオットー・ワーグナーが加わった。1920年代へと続くモダニズムの布石となった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 五十嵐太郎『おかしな建築の歴史』(エクスナレッジ 2013年)p.206f.