埴谷雄高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埴谷 雄高
(はにや ゆたか)
誕生 般若 豊(はんにゃ ゆたか)
1909年12月19日
日本の旗 日本台湾新竹
死没 1997年2月19日(満87歳没)
日本の旗 日本東京都武蔵野市吉祥寺
墓地 青山墓地
職業 評論家作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本大学中退
活動期間 1939年 - 1997年
主題 小説評論
文学活動 第一次戦後派
代表作 『不合理ゆえに吾信ず』(1950年)
『虚空』(1960年)
『闇のなかの黒い馬』(1970年)
死靈』(しれい)(1945-95年-死去直前、未完)
主な受賞歴 谷崎潤一郎賞(1970年)
日本文学大賞(1976年)
藤村記念歴程賞(1990年)
デビュー作 『不合理ゆえに吾信ず』(1950年)
配偶者 あり
テンプレートを表示

埴谷 雄高(はにや ゆたか、1909年明治42年)12月19日 - 1997年平成9年)2月19日)は、日本の政治思想評論家小説家。本名般若豊(はんにゃ ゆたか)。

来歴・人物[ソースを編集]

台湾新竹に生まれる。子供の頃から身体が弱く、常に死を身近に感じていたという。子供心に台湾において「支配者としての日本人」を強く意識し、罪悪感を覚えていた。

青年期に思想家マックス・シュティルナーの主著『唯一者とその所有』の影響を受け、個人主義アナキズムに強いシンパシーを抱きつつ、ウラジーミル・レーニンの著作『国家と革命』に述べられた国家の消滅に一縷の望みを託し、マルクス主義に接近、日本共産党に入党し、もっぱら地下活動(農民団体「全農全会派」のオルグ活動)に従事。検挙後埴谷は未決囚として豊多摩刑務所に収監され、形式的な転向によって釈放された。

獄中ではカントドストエフスキーから圧倒的な影響を受けたという(ロシア文学については早くから影響を受け思索を強めていたものの、この時期を経てドストエフスキーを第一に挙げるようになり、実際に多くのドストエフスキー論を著している)。出獄後は経済雑誌の編集に携わり、敗戦を迎えた。元マルクス主義者、主義からの転向者と呼ばれることが多いが、シュティルナーの「創造的虚無」を自己の思考の根底に据えることは、終生変わることがなかった。

代表作は、存在の秘密や大宇宙について語りつくさんとし、第一章が『近代文学』創刊号(昭和20年12月30日付)に掲載された大長篇小説『死靈(しれい)』。全12章予定で未完作となったが幾度かの空白を挟み書き続け、死の直前まで第9章までを書き継いだ。ほぼ全編を、物語でなく観念的議論によって進行する世界文学史においても未曾有の形而上学的思弁小説であり、この一作で比類ない評価を受けた。他に埴谷自身が決定的な影響を受けたドストエフスキー論が著名。

埴谷の没した日には、有志によって「アンドロメダ忌」という記念会が催されている。

経歴[ソースを編集]

評価・批判[ソースを編集]

埴谷雄高研究者としては、立石伯柘植光彦白川正芳川西政明鹿島徹らが一般的に著名。

埴谷は、新人作家の発見や紹介推薦に優れた力を発揮したことで知られる。無名時代の安部公房の才能を、石川淳とともに見出して文壇に推したのは埴谷である。それ以外にも、高橋和巳辻邦生倉橋由美子北杜夫加賀乙彦などの新人作家の才能を発見して育成している。

一般的には批評や創作自体の評価よりも(そもそも創作自体が非常に寡作であるが)「『死靈』の作者」との認識が強く、また実際に『死靈』自体の評価は非常に高いのだが、それ以外は今日あまり顧みられていないのが現状である。しかし往時は新左翼系の読者までも多く抱え、独自の視点から(例えば鶴見俊輔は埴谷を「国家の形と見あう一定の型」からはずれている、と評した)の提言に対する評価は高かった。

三島由紀夫は「埴谷雄高氏は戦後の日本の夜を完全に支配した」として埴谷の文学を絶賛している[3]。また吉本隆明は、埴谷の文学作品と政治理論の双方を非常に高く評価し、「死霊」第五章を、「死というものを瞬間的にでなく、段階的・思索的にとらえた日本近代文学史上はじめての作品」とし、またその政治理論についても「革命家は行動を起こさなければいけないという観念論ではなく、未来のビジョンを示せばよいということを示したコペルニクス的回転である」とした。なお吉本・埴谷の両者は、後述のように1980年代に関係が断絶してしまうが、両者ともに相手を本質的に評価しつづける姿勢は関係断絶後も不変で、埴谷の死後の『群像』の追悼特集で、吉本は埴谷を、日本史上稀有の文学者であり思想家であったと追悼している。文学者以外からの評価も高く、たとえば池田晶子は埴谷の作品の哲学的センスを哲学専門家の立場から大きく認めている。

これに対し蓮實重彦は、「学生運動ほか」をめぐる座談で、構築する意思を見せるが実際に構築を完遂することもなく、結局のところ(非常に手広いものの)人間関係しか残らない程度の作業しかしておらず、「なにが偉いのかまったくわからない」と埴谷を断じた。なおこの座談の参加者であった上野昂志スガ秀実もおおむね蓮實の批判に同意している[4]。また江藤淳は、埴谷の「死霊」を、「読んでいてところどころ眠くなる作品」として、埴谷の存在を「昭和10年代左翼の延長」としてとらえるべきだ、と否定的見解を示している。柄谷行人も、埴谷の思考の徹底性を認めつつも、全体的には埴谷の存在に批判的な論考を多く記している。

笠井潔は埴谷について、カントの影響を受けたと自称しているが実際は埴谷は獄中で徹底したヘーゲル主義者に転じたと考えられるとしている。無限の未来の視点を所有していると観念的に自負している埴谷の思考スタイルは、20世紀的現実の制約を受けていないぶん、マルクス主義よりさらに危険なものであると笠井はいう。したがって埴谷のスターリン主義批判や花田清輝批判には根本的な陥穽がある、と笠井は批判している。 

逸話[ソースを編集]

  • 結核に罹患していたために、徴兵を免れた。
  • 話をするときに手に持っているもので机やテーブルを叩く癖があり、メガネを200個以上も壊したという。
  • 武蔵野市吉祥寺の自宅の両隣と向かいに家作を持っていた。転向による釈放後、息子がまともに就職出来ないであろうと思った母親が購入したもので、戦前の埴谷は、一時経済新聞への勤務歴はあったものの、主にこの家作からの家賃や売却益で生活していた。大岡昇平との対談集『二つの同時代史』によると、結核が発覚した1950年までにこれらは全て売り払ったという。
  • 腸結核が発覚した1950年から約4年間、生活のために自宅で賄い付き下宿を営んでいた。発覚時、埴谷は夫人の勧めにもかかわらず療養所への入院を拒み、自宅を売って転地療養すると主張していた。当時『近代文学』の編集を手伝っていた平田次三郎がそれを知り、埴谷に強く勧めたもので、下宿生には一橋大学の学生が多かったという。翻訳家の常盤新平も埴谷家に寄宿した一人である。
  • 北杜夫は1960年代に埴谷の自宅を訪れた際、ラジオのチューンをさまざまに調整しては各球場の経過を聴いていたプロ野球好きの埴谷の姿をエッセイに書いている。北は無名時代の自分を認めてくれた埴谷を生涯にわたって尊敬しており、ときどき埴谷の自宅に遊びに行ったが、ある日埴谷が不在で、埴谷夫人に「主人はいま駅前のパチンコにいってますよ」といわれ驚き、「埴谷さんの難解高尚な文学のイメージとパチンコがどうしても噛み合わない」と思いながらそのパチンコ屋にむかった。「埴谷さんのような類稀なる大文学者は不器用で、パチンコではすってばかりいるだろう」と思いきや埴谷の席にいくと、大当たりの連続でパチンコ玉の箱が何杯も積み上げられており、北は再び驚いた、というエピソードも書いている。埴谷は株式取引にも非常に詳しく、北が株に手を出して損をしたときに適切なアドバイスをしてくれたり、また埴谷が北の家に出向いたとき、埴谷の多面にわたる博識に感心した高校生の北の娘の斎藤由香が、高卒で終わるのではなく大学に進学し勉強することをその晩に決意し北を感激させたというようなこともあった(北杜夫『マンボウ交友録』)。このような博識で多趣味な人物であったことも、埴谷が多くの作家や編集者に慕われる理由であった。なお北は埴谷と二冊の対談集を出している。
  • ハンガリー産のトカイワイン、特に「アスー3プットニョシュ」を愛飲していた。かなりの酒豪で、晩年になっても明け方まで都内を飲み歩くことがしばしばだった。
  • 武田泰淳大岡昇平平野謙井上光晴小川国夫島田雅彦らとの親交を中心に、文壇全体と広い交友があった。晩年は吉本隆明と、コム・デ・ギャルソン論争で激しく対決した。これは1982年の反核アピールを吉本が批判したところに端を発したものだが、同じ頃、埴谷に日頃批判的な中上健次が早朝埴谷に電話をかけてきて「お前を殺してやる」と言ったという。これに対し普段は温厚な埴谷が「お前になんか殺されてたまるか!」と電話口で激怒すると、その中上の電話は不意に切れたという(『文學界』1986年3月)。
  • 他の作家や編集者から「埴谷先生」と呼ばれると、「私は人にものを教えている訳ではありませんから、先生ではありません。『埴谷さん』でいいです」と常に答えていたという。
  • 文庫本は発表後1世紀以上を経た作品のみにすべきとの考えから、自分の作品は文庫化しないと公言していた。事実、生前には文庫本は一切出される事はなく、没後『死靈』と『埴谷雄高評論選』が文庫化された。
  •  埴谷は妻の死後武蔵境の自宅を講談社の音羽建設[要検証 ]へ売却。その売却益で生計をたてていた。そして「群像」へ「死霊」の原稿を書き告ぐ約束でそのまま武蔵境の自宅に住み続けた。
  • 「人間にできる最も意識的な行為として、自殺すること、子供をつくらないことの二つがある」との思想から、決して子供を作らなかった。この結果、妻は三度堕胎させられ、さらに子宮の摘出を余儀なくされた(『無限の相のもとに』p.196)。
  • 18歳の時、演劇をしていた頃、素人女優に一目惚れされて「惚れたんなら来ればいいだろう」の一言で結婚した。のちに「女房よりいい女がたくさんいる」ことに気づき、後悔した時に日本共産党に入った、という(同、p.197)のち、40歳を過ぎてから結核が治ったので、おくてながら遊蕩を始めた(同、p.198)。

著書[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • フランドル画家論抄』(宇田川嘉彦名義)洸林堂書房、1944
    • ロダン』(作品編著、宇田川嘉彦名義) 洸林堂書店、1942
  • 死靈』第1 真善美社 1948
  • 『不合理ゆえに吾信ず Credo, quia absurdum.[アフォリズム集]』月曜書房 1950、現代思潮社 1961
  • 『濠渠と風車[評論集]』未來社 1957
  • 『鞭と独楽[評論集]』未來社 1957
  • 『幻視のなかの政治[評論集]』中央公論社 1960、未來社 1963
  • 『虚空』[小説・戯曲] 現代思潮社 1960、新版1973
  • 『墓銘と影絵』[評論集] 未來社 1961
  • 『罠と拍車』[評論集] 未來社 1962
  • 『垂鉛と弾機』[評論集] 未來社 1962
  • 『闇のなかの思想-形而上学的映画論』三一新書 1962、改訂版 潮出版社 1978
  • 『甕と蜉蝣』[評論集] 未來社 1964
  • 『振子と坩堝』[評論集] 未來社 1964
  • 『ドストエフスキイ-その生涯と作品』日本放送出版協会〈NHKブックス〉1965
  • 『弥撒と鷹』[評論集] 未來社 1966
  • 『影絵の世界-ロシア文学と私』平凡社 1967、筑摩叢書 1991、平凡社ライブラリー 1997-自伝エッセイ 
  • 『渦動と天秤』[評論集] 未來社 1968
  • 『闇のなかの黒い馬 夢についての九つの短篇』[小説] 河出書房新社 1970
  • 『姿なき司祭-ソ聯東欧紀行』河出書房新社 1970
  • 埴谷雄高作品集』全15巻別巻1 河出書房新社 1971-1981
    • 埴谷雄高作品集 10巻 ドストエフスキイ論集 1987 
  • 『欧州紀行』中公新書 1972
  • 『埴谷雄高評論選書』全3巻 講談社 1973
    • 第1巻:政治論集、第2巻:思想論集、第3巻:文学論集
  • 死靈 定本』(1-5章)講談社 1976
  • 『石棺と年輪-影絵の世界』[評論集]未來社 1976
  • 『戦後の文学者たち』[作家・評論集]構想社 1976
  • 『影絵の時代』[随筆集] 河出書房新社 1977
  • 『蓮と海嘯』[評論集] 未來社 1977
  • 『薄明のなかの思想 宇宙論的人間論』筑摩書房(ちくまぶっくす) 1978
  • 『埴谷雄高ドストエフスキイ全論集』講談社 1979
  • 『光速者 宇宙・人間・想像力』[評論集]作品社 1979
  • 『埴谷雄高詩集』水兵社 1979
  • 『内界の青い花 病と死にまつわるエッセイ』[随筆集] 作品社 1980
  • 『天頂と潮汐』[評論集] 未來社 1980
  • 『死靈 六章』講談社 1981
    • 死霊Ⅰ、死霊Ⅱ 講談社 1981-同時期に刊(1-3章と4-6章)
  • 『戦後の先行者たち 同時代追悼文集』影書房 1984
  • 『暈と極冠』[評論集] 未來社 1984
  • 『死靈 七章』講談社 1984
  • 『死靈 八章』講談社 1986
  • 『ラインの白い霧とアクロポリスの円柱』[紀行・評論集] 福武書店 1986
  • 『謎とき『大審問官』』[評論集] 福武書店 1990
  • 『雁と胡椒』[評論集] 未來社 1990
  • 『滑車と風洞』[評論集] 未來社 1991
  • 『虹と睡蓮』[評論集] 未來社 1995
  • 『螺旋と蒼穹』[評論集] 未來社 1995
  • 『死靈 九章』講談社 1995
    • 死霊Ⅲ  講談社 1996-(7-9章)
没後刊行
  • 『埴谷雄高エッセンス』(編・石井恭二)河出書房新社 1997
  • 『散歩者の夢想』角川春樹事務所(ランティエ叢書)1997
  • 『影絵の時代(抄)・内界の青い花』(作家の自伝)日本図書センター 1999
  • 埴谷雄高全集』全19巻別巻1 講談社 1998-2001 
  • 『死霊』全3巻 講談社文芸文庫 2003
  • 『埴谷雄高思想論集』講談社文芸文庫 2004
  • 『埴谷雄高文学論集』講談社文芸文庫 2004
  • 『埴谷雄高政治論集』講談社文芸文庫 2004-各 立石伯
  • 『幻視の詩学 わたしのなかの詩と詩人』詩の森文庫 思潮社 2005-新書判
  • 『埴谷雄高集』戦後文学エッセイ選 影書房 2005 

対談[ソースを編集]

  • 『架空と現実』[対話集] 南北社 1968、未來社 1969
  • 『凝視と密着』[対話集] 未來社 1969
  • 『兜と冥府』[対話集] 未來社 1970
  • 『橄欖と瑩窟』[対話集] 未來社 1972
  • 『黙示と発端[対話集] 未來社 1974
  • 『鐘と遊星』[対話集] 未來社 1975
  • 『天啓と窮極』[対話集] 未來社 1976
  • 『微塵と出現』[対話集] 未來社 1982
  • 『単独と永劫』[対話集] 未來社 1983
  • 『覚醒と寂滅』[対話集] 未來社 1986
  • 『無限と中軸』[対話集] 未來社 1990
  • 『重力と真空』[対話集] 未來社 1991
  • 『超時と没我』[対話集] 未來社 1996
  • 『跳躍と浸潤』[対話集] 未來社 1996
  • 『瞬発と残響』[対話集] 未來社 1996

共著[ソースを編集]

  • 『意識革命宇宙』対談:吉本隆明 河出書房新社 1975 
  • 『思索的渇望の世界』聞き手:吉本隆明・秋山駿 中央公論社 1976
  • 『さびしい文学者の時代 「妄想病」対「躁鬱病」』対談:北杜夫 中央公論社 1982、中公文庫 2009
  • 『難解人間vs躁鬱人間』対談:北杜夫 中央公論社 1990、中公文庫 2009
  • 『闇のなかの夢想-映画学講義』小川国夫 朝日出版社〈Lecture books〉1982
  • 『隠された無限-往復書簡<終末>の彼方に』小川国夫 岩波書店 1988
  • 『二つの同時代史』対談:大岡昇平 岩波書店 1984、岩波現代文庫 2009
  • 『幻視者宣言-映画・音楽・文学』(丸山眞男との対談ほか)三一書房 1994
  • 『埴谷雄高語る』(聞き手・栗原幸夫)河合文化教育研究所 1994
  • 『生老病死』(樋口覚対談)三輪書店 1994
  • 『生命・宇宙・人類』(聞き手・立花隆角川春樹事務所 1996
  • 『無限の相のもとに』(立花隆対話)平凡社 1997  
  • 『埴谷雄高は最後にこう語った』(聞き手・松本健一毎日新聞社 1997
  • 『埴谷雄高独白 「死霊」の世界』(責任編集・白川正芳日本放送出版協会 1997

編著[ソースを編集]

  • 戦後日本思想大系 6 革命の思想』編 筑摩書房 1969  
  • 高橋和巳論』 河出書房新社 1972
  • 武田泰淳研究』 筑摩書房 1973 (武田泰淳全集 別巻)
  • 『内ゲバの論理 テロリズムとは何か』 三一新書 1974
  • 『『青年の環』論集』 河出書房新社 1974
  • 『精神のリレー』(講演集)島尾敏雄ほか全6名 河出書房新社 1976 
  • 『日本の名随筆14 夢』編 作品社 1984

翻訳[ソースを編集]

  • エミール・レンギル『ダニューブ』(伊藤敏夫名義)地平社 1942
  • A・L・ウォリンスキー『偉大なる憤怒の書―ドストイェフスキイ「悪靈」研究』興風館 1943
     復刻版「ドストエフスキイ文献集成 第16巻」 大空社 1996

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f 『埴谷雄高全集・別巻』「年譜」13-18p.(講談社、2001年)
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)22頁
  3. ^ 三島由紀夫「推薦のことば」(『埴谷雄高作品集』内容見本 河出書房新社、1971年3月)。『決定版 三島由紀夫全集36巻 評論11』(新潮社、2003年11月)p.394
  4. ^ 「1968-知の攻略11.思想読本」所収(作品社 2005年)

外部リンク[ソースを編集]