沈黙 (遠藤周作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沈黙
著者 遠藤周作
ジャンル 歴史小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。

あらすじ[編集]

島原の乱が収束して間もないころ、イエズス会の高名な神学者であるクリストヴァン・フェレイラが、布教に赴いた日本での苛酷な弾圧に屈して、棄教したという報せがローマにもたらされた。フェレイラの弟子セバスチャン・ロドリゴとフランシス・ガルペは日本に潜入すべくマカオに立寄り、そこで軟弱な日本人キチジローと出会う。キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴは隠れキリシタンたちに歓迎されるが、やがて長崎奉行所に追われる身となる。幕府に処刑され、殉教する信者たちを前に、ガルペは思わず彼らの元に駆け寄って命を落とす。ロドリゴはひたすら神の奇跡と勝利を祈るが、神は「沈黙」を通すのみであった。逃亡するロドリゴはやがてキチジローの裏切りで密告され、捕らえられる。連行されるロドリゴの行列を、泣きながら必死で追いかけるキチジローの姿がそこにあった。

長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられる。奉行所の門前では、キチジローが何度も何度もロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは、追い返されている。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じない。

神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかける。その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾(いびき)のような音を止めてくれと叫ぶ。その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾なぞではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げる。自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れる。

夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになる。すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。そのとき踏絵のなかのイエスが「踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番よく知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生れ、お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ。」と語りかける。

こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねる。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかける。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」

踏絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解したロドリゴは、自分が今でもこの国で最後に残ったキリシタン司祭であることを自覚する。

登場人物[編集]

セバスチャン・ロドリゴ(岡田三右衛門)
ポルトガル人の若きイエズス会司祭。恩師であるフェレイラ棄教の謎を追うため、同時に、日本にキリスト教の灯を絶やさないようにするため、日本へ向かう。しかし、その後キチジローの裏切りで長崎奉行所に捕らえられ、そこで信仰を続けるか棄教するかの重い選択を迫られることになる。
モデルとなったのはイタリア出身の実在の神父ジュゼッペ・キアラで、棄教後に岡田三右衛門の名を与えられ、江戸小石川の切支丹屋敷で生涯を終えている。
フランシス・ガルペ
ロドリゴと共に日本に渡った同僚のポルトガル人司祭。のち別行動をとるがやはり奉行所に捕らえられ、ロドリゴの見る前で殉教する信徒たちとともに命を落とす。
クリストヴァン・フェレイラ
ポルトガル人の高名な神学者にしてイエズス会の教父。日本で布教中に捕縛され、「穴吊り」の拷問に屈して棄教したと伝えられる。歴史上実在した人物。「この国は(すべてのものを腐らせていく)沼だ」とするセリフは当時の流行語にもなったが、日本の精神的土壌とキリスト教との背反問題へ向き合った者たちを描いた『背教者の系譜』(岩波新書)も引用している。
キチジロー
ロドリゴがマカオで出会った日本人の男。ロドリゴを日本へ連れて行くが、やがて彼を裏切り、長崎奉行所にロドリゴの居場所を密告する。しかし、その後もロドリゴの後を追い続け、彼の許しと、告悔の秘蹟による神の許しを頼む。遠藤周作は後にこの人物は彼に幼児洗礼を受けさせた母親を裏切った自分自身をモデルにした、と述べている。
井上筑後守
幕府大目付・宗門改役。「穴吊り」というもっとも有効に棄教に結びつける拷問方法を編み出した人物として恐れられているが、本人は温厚な初老の政治家。自らもかつては熱心なキリスト教徒であった。[1]ロドリゴにキリスト教はこの国では根付かないと説く。
通辞
井上の部下で奉行所の通訳を務める男。ロドリゴに対しては説得という形で棄教を勧め、時に議論を戦わせるが彼もまた神学校で学び洗礼を受けた過去を持つ。彼が棄教したのは宣教師の傲慢で日本人への侮蔑意識に満ちた態度に失望したためであることが作中で示唆されている。

カトリックからの批判と遠藤のその後の発言[編集]

『沈黙』出版当初のカトリックからの反発は非常に強いものがあった[2]。特に長崎においては禁書に等しい扱いをされた[3]という。司祭が踏絵を踏むという衝撃的な結末を快く思わない教会指導者の糾弾がそのひとつの要因であった。

1972年昭和47年)1月13日付で遠藤による「踏絵」と題する記事が『カトリック新聞』に掲載された。本記事において遠藤は『早くふむがいい。それでいいのだ。私が存在するのは、お前たちの弱さのために、あるのだ』と(踏絵の)キリストの顔が言っている気がした」と書いたが、その記述に対し、サレジオ会司祭で当時『カトリック生活』編集長であったフェデリコ・バルバロ神父とアロイジオ・デルコル神父は、遠藤が『沈黙』の中の踏絵の場面を正当化したとして、『カトリック生活』で反論を述べている。

イエズスが「正義のためにしいたげられる人は幸せ」という自分の信念をすてて、ただこの弱いあわれな人々の今のしあわせを考えたならば遠藤氏のいうようなことになっただろう。(中略)日々、人間として信仰者として、われわれは、いろいろな意味でのふみ絵の前に立たされている。キリストと、キリストの国と、キリストの愛をえらぶか、それとも、あなた自身の傲慢と、利益と邪欲とのいずえをえらぶかが、日々ためされている。

この場合、よわい人間としてえらびやすい方をえらんでもよいなら、そしてどうせキリストは弱いもののためにきたのだから、それをあてにして行動するならキリストが、”天にまします父のように完全であれ”という言葉も空しくなる。こうなれば、キリストは、「人類が歩くべき気高い道の旗印」とはならず、「人間の弱さ、卑劣さの使徒となり、人間の中にある最も聖なるもの崇高なものの最大の裏切者」となるほかない。キリストが「人類の気高いものの旗印」となったのは、かれが生命をかけて正義と愛と真理を守り通したからである[4]

遠藤はどのように考えていたのか。1974年の著書『切支丹の里』において、弱者であった切支丹に関して伝記や資料が黙殺的態度をとる理由、そして遠藤自身が弱者たる棄教者に向ける思いを以下のように記している。

それには考えられる理由が当然ある。棄教者は基督教教会にとっては腐った林檎であり、語りたくない存在だからだ。臭いものには蓋をせねばならぬ。彼等の棄教の動機、その心理、その後の生き方はこうして教会にとって関心の外になり、それを受けた切支丹学者たちにとっても研究の対象とはならなくなったのである。

(中略) こうして弱者たちは政治家からも歴史家からも黙殺された。沈黙の灰のなかに埋められた。だが弱者たちもまた我々と同じ人間なのだ。彼等がそれまで自分の理想としていたものを、この世でもっとも善く、美しいと思っていたものを裏切った時、泪を流さなかったとどうして言えよう。後悔と恥とで身を震わせなかったとどうして言えよう。その悲しみや苦しみにたいして小説家である私は無関心ではいられなかった。彼等が転んだあとも、ひたすら歪んだ指をあわせ、言葉にならぬ祈りを唱えたとすれば、私の頬にも泪が流れるのである。

やがて遠藤の思いは、弱き者に寄り添う「同伴者イエス」の像として、1980年に発表された『』に結実するのである。

映画[編集]

1971年の映画[編集]

沈黙 SILENCE
監督 篠田正浩
脚本 遠藤周作
篠田正浩
原作 遠藤周作
製作 岩下清
大村允佑
葛井欣士郎
出演者 後述
音楽 武満徹
撮影 宮川一夫
製作会社 表現社
マコ・インターナショナル
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年11月13日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語
テンプレートを表示

1971年篠田正浩監督により、『沈黙 SILENCE』の題名で映画化された。遠藤周作は篠田と共同で脚本を担当しているが、ロドリゴの棄教に至る経緯などは大幅な改変が加えられている。

キャスト[編集]

2016年の映画[編集]

最後の誘惑』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が長年映画化構想を練っており[5]、一時はキャスト等も発表されていたが、制作は難航、2012年8月には映画制作を担当する予定だったチェッキ・ゴーリ・グループから訴訟を起こされていたが、2013年1月、Emmett/Furla Films[6]と Corsanfilms[7] の出資、ジェイ・コックスの脚本での映画化が正式に決定した。撮影は2014年7月に台湾で行われる予定だったが、2015年初頭に延期された。2016年12月にアメリカで公開され、名作の評価を得た。

オペラ[編集]

1993年松村禎三の台本・作曲によりオペラ化され、1993年に完成・初演された。

その他[編集]

  • 『沈黙』の舞台となった長崎には遠藤周作文学館がある。そこにある「沈黙の碑」は小説にちなんで作られた[8]。最近になって、自筆原稿が発見されている。
  • 『沈黙』に遠藤がつけた最初の題名は『日向の匂い』で広告も出したが、編集者が遠藤に題名を代えたいと申し出て『沈黙』となった[9]

出典[編集]

  1. ^ 2016年の映画版の設定ではこの事実に関して明示していない
  2. ^ 文献は多数存在するが、たとえば遠藤周作『沈黙』に託されたもの ―「沈黙」のオーケストラ―]”. 東京大学学術機関リポジトリ. 2017年1月22日閲覧。
  3. ^ 【九州の100冊】『沈黙』 遠藤周作 転び者の声なき声を”. 西日本新聞. 2016年1月22日閲覧。
  4. ^ ご存じですか 41 キリスト者の信条 踏絵について デルコル神父・フェデリコバルバロ神父著 世のひかり社, 27-29頁
  5. ^ Silence Emmett/Furla Films [us]”. インターネット・ムービー・データベース. 2013年7月1日閲覧。
  6. ^ Emmett/Furla Films [us]”. インターネット・ムービー・データベース. 2013年7月1日閲覧。
  7. ^ Corsanfilms”. 2013年7月1日閲覧。
  8. ^ 施設の紹介(遠藤周作文学館)]”. 長崎市. 2013年7月1日閲覧。
  9. ^ 日本経済新聞2012年2月8日『春秋』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]