ケイコ 目を澄ませて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ケイコ 目を澄ませて』は2022年12月16日公開の日本映画。プロボクサー小笠原恵子の自伝『負けないで!』を原案とする。制作:ハピネットファントム・スタジオ。監督:三宅唱。上演時間1時間39分。

あらすじ[編集]

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書き留めた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す――。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

批判[編集]

ハリウッドでは社会的マイノリティに対する機会の不平等を是正する動きの一つとして、映画『コーダ あいのうた』など聴覚障害者の役には聴覚障害者の俳優を起用しているのに対して、日本ではこの映画を含め聴覚障害者ではない俳優が聴覚障害者役を演じる作品が多いことを批判する意見がある[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]