野々村潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ののむら きよし
野々村 潔
本名 岩下 清(いわした きよし)
生年月日 (1914-09-23) 1914年9月23日
没年月日 (2003-01-22) 2003年1月22日(88歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
死没地 日本の旗 日本東京都大田区
職業 俳優
配偶者 山岸美代子
著名な家族 義理の妹:河原崎しづ江
実子:岩下志麻
主な作品
夕餉前
テンプレートを表示

野々村 潔(ののむら きよし、本名:岩下 清(いわした きよし)、1914年9月23日 - 2003年1月22日)は日本の俳優映画プロデューサー

女優の岩下志麻は実子。妻は、元女優の山岸美代子。元前進座河原崎しづ江は義理の妹。

人物・経歴[編集]

1914年9月23日東京府出身。戦前から新協劇団俳優として活躍した。1939年、新協劇団と東宝映画との提携映画『初恋』(村山知義脚本・監督、ユージン・オニール原作)に出演。1940年4月13日4月14日にNHK放送技術研究所のテレビ実験放送として制作された日本初のテレビドラマ『夕餉前』に新協劇団員の原泉、関志保子とともに生出演。

戦後は、1946年の新協劇団の再建に参加。『真空地帯』『唐人お吉』といった独立プロの映画に出演。1951年中央芸術劇場薄田研二らとともに創設。新協劇団との合同による東京芸術座の結成に関わり[1]、『見上げてごらん夜の星を』『馬鹿まるだし』『ウナ・セラ・ディ東京』といった娯楽的な作品にも出演。

テレビには、戦後も関わり、多数のテレビドラマに出演した。さらに、1970年代以降、映画の製作に本名名義で関わり、1983年には木下恵介監督の『この子を残して』にも出演した。

2003年1月22日肺炎のために死去。

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

プロデュースした映画作品[編集]

※すべて篠田正浩監督作品

著書[編集]

  • 『新劇運動回想』(芸団協出版部、2001年7月)

出典[編集]