永遠の人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永遠の人
監督 木下惠介
脚本 木下惠介
製作 月森仙之助
木下惠介
出演者 高峰秀子
佐田啓二
仲代達矢
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
編集 杉原よ志
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1961年9月16日
上映時間 107分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

永遠の人』(えいえんのひと)は、1961年9月16日日本で公開された映画

1961年度、芸術祭参加作品。木下恵介が自ら脚本を書き、監督を務めた[2]。前年、旗本愚連隊にて顔見せ出演した田村正和は、この作品が本格的デビューとなった[3]

1962年に第34回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた[4]

ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画.com(永遠の人)
  2. ^ 永遠の人”. 日本映画情報システム. 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ 日本映画人名事典 1996年度 下 150-151頁
  4. ^ 映画.com

外部リンク[編集]