佐田啓二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さだ けいじ
佐田 啓二
佐田 啓二
1951年
本名 中井 寛一
生年月日 (1926-12-09) 1926年12月9日
没年月日 (1964-08-17) 1964年8月17日(37歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市下京区
死没地 日本の旗 日本山梨県韮崎市
身長 173.2cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1946年 - 1964年
配偶者 あり
著名な家族 長女:中井貴惠
長男:中井貴一
主な作品
映画
君の名は
あなた買います
喜びも悲しみも幾歳月
テレビドラマ
花の生涯
テンプレートを表示

佐田 啓二(さだ けいじ、本名・中井寛一[1]1926年大正15年)12月9日 - 1964年昭和39年)8月17日)は、1940年代後半から1960年代にかけて活躍した日本俳優。身長173.2 cm[2]。監督や共演者からは、本名から「寛ちゃん」と呼ばれた[1]

俳優の中井貴一[3]、女優・エッセイストの中井貴惠は実子。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

京都市下京区の商家に生まれ、両親と5歳上の兄と2歳上の姉のもとで育つ[注 1]京都市立第二商業学校(のちの京都市立西陣商業高等学校、廃校)卒業後、早稲田大学専門部政経科(のちの政治経済学部)に入学。高校3年生の頃に母、2年後に父を亡くすが、兄と姉が親代わりとなり佐田の生活を支えた。

当時戦時中だったが大学進学のため上京し、親族の知り合いで[1]松竹の人気俳優佐野周二関口宏の父)の家に下宿するも、2年生の時勤労動員で豊川海軍工廠愛知県)で働いた後、そのまま終戦を迎える。東京に戻った後佐野との縁がきっかけで1946年(昭和21年)、松竹大船撮影所に入社する。芸名は、「佐野周二」の姓名から一文字ずつ譲り受けて名付けられた[1]

俳優デビュー[編集]

1947年(昭和22年)、木下恵介監督の『不死鳥』で、いきなり、大スター田中絹代の相手役に抜擢される。田中とのラブシーンは話題となり、早くもスターの地位を獲得。続いて、菊田一夫原作のNHKの人気ラジオドラマを映画化した『鐘の鳴る丘』に主演し、さらに人気を高める。

ほぼ同時期にデビューした高橋貞二[注 2]鶴田浩二と人気を分け合い「松竹戦後の三羽烏」と言われた[1]。その人気を決定的なものとしたのは、1953年(昭和28年)に公開された『君の名は』である。当時の大人気ラジオドラマを映画化したこの作品で岸恵子と共演し、名実共にトップスターの地位につく[1]

役者として飛躍[編集]

その後、徐々に演技派に脱皮していき、特に、プロ野球選手スカウト合戦を題材にした1956年(昭和31年)の小林正樹監督の問題作『あなた買います』では、札束で大学生を釣るアコギなプロ野球のスカウト役[1]として伊藤雄之助を相手に鬼気迫る演技を見せ、毎日映画コンクールブルーリボン賞の主演男優賞を獲得した。

その後も、木下の『喜びも悲しみも幾歳月』では高峰秀子との灯台守の夫婦役で新婚時代から初老までを演じきった。また、小津安二郎の『秋刀魚の味』など戦後を代表する作品に出演。晩年は癖のある悪役なども演じていた。

1957年2月28日、松竹大船撮影所の前にあったレストラン「月ヶ瀬」の看板娘・杉戸益子と交際10年を経て結婚し、その後2人の子供(貴恵貴一)に恵まれる。

突然の訃報[編集]

1964年(昭和39年)8月13日から夏休みを兼ねて妻や幼い2人の子供たちと信州蓼科高原の別荘[注 3]に避暑に訪れていた。しかし、NHKドラマ『虹の設計』の収録に参加するために帰京する途中、8月17日午前6時30分頃、山梨県韮崎市韮崎町の塩川橋手前の左カーブで、乗っていた車の運転手が前の車を追い越した。その直後車は横滑りを起こし、佐田の乗っていた右側から橋柱に激突、さらに跳ね返されて追い抜いた車へも衝突する大事故を起こした。佐田はこの事故で頭の骨と右腕を骨折し、すぐに韮崎市立病院に運ばれたが午前11時過ぎ頃に死去した[4][5]。37歳没。長女・貴恵が7歳、長男・貴一が3歳の時の悲劇だった。

この時車に乗っていたのは佐田を含めて4名で、運転手は頭を打ち2か月の重傷、日刊スポーツ記者(佐田の友人[1])が顔の骨を折り1か月の重傷、義弟が右肩に1週間の軽症を負った。出演中であった『虹の設計』は生前の映像のコラージュにより製作された。葬儀は8月22日午後2時より青山葬儀場にて行われ、芸能関係者や一般のファンなど千人近くが参列した。

墓所は鎌倉・円覚寺にある。生涯で出演した映画は151本とされる[1]。ちなみに遺作となったドラマ「虹の設計」で設計技師・一戸圭介役で主演したが、没後佐田の役はモンタージュという形で出演することとなり放送は続けられた[1]

人物[編集]

木下惠介と小津安二郎との関係[編集]

木下、小津から“戦後日本の青年像”として両監督の映画に数作品起用され、2人が益子とも親しかったことから佐田・益子の結婚式では木下・小津の両人が媒酌した[1]。先述にもあるように松竹の大部屋の新人俳優となって間もない頃に木下に見いだされて『不死鳥』に抜擢され、佐田が後に俳優としてスターダムに乗るきっかけとなった[1]

小津作品には、彼の遺作である『秋刀魚の味』を始め計4作品に出演。小津から1953年の映画「東京物語」にも三男役として出演に声をかけられたが、『君の名は』と撮影時期が重なり断念した[1]。小津を父のように慕っていた佐田は彼を鎌倉で看取り、葬儀では子供のように号泣したとのこと[1]

私生活[編集]

大学時代の性格について同級生が語った所によると、「真面目で物静かであまり笑わなかったが、とても冷静に物事を見ているタイプだった。世の中を知っていたというか、大人だった。それでいてどこか寂しげなやつだった」とのこと[1]。俳優になってからは、真面目な性格で愛されたが、毒舌家でもあったとされる[1]

趣味は、カメラと車の運転で生涯の間に高級車を何度か乗り換えたほか、佐伯祐三の絵が好きで自宅に「洗濯屋」の絵などを飾っていた。高校と大学時代はバスケットボールに熱中し、働きだしてからはゴルフを好んでするようになった[1]

同い年の横綱・千代の山とは、1958年の初場所期間に蔵前国技館の支度部屋で2人で談笑するなど親交があり、その後彼は佐田の葬儀にも参列した[1]。 

家族[編集]

益子は佐田と同じく京都出身で、結婚した年に田園調布に豪邸を建ててそこで暮らした。娘・貴恵は両親の結婚について「父は、家庭的でしっかり者な母を選んだのだと思います」としている[1]。結婚した年の11月に貴恵が誕生し、1961年に貴一が誕生する。

貴恵によると「父の死後、運転手を責めることなく女手一つで私と弟を育てた母は偉かったと思います」と語っている[1]。その後益子は2016年まで生きたとのこと[1]

貴恵、貴一が好きな佐田の映画[編集]

貴恵が好きな作品は『あなた買います』で、「“二枚目”が先行した父の評価に“芝居上手”が加わった作品」と評している[1]

貴一が好きな作品は小津の『お早よう』で、「小津作品の中でも一番好きで、父の小賢くない余計な芝居のない演技は、私の目標とするところ」と評している[1]

また、2人が共に選んだ作品として『この広い空のどこかに』を挙げ、貴一は「私たちにとっての父親・中井寛一としての素顔が、最もうかがえる映画」と評している[1]

主な出演[編集]

映画『喜びも悲しみも幾歳月』(1957年、左は高峰秀子

映画[編集]

※太字の題名は、キネマ旬報ベストテンにランクインした作品

1947年
1948年
  • 旅装 - 川崎新六 役
  • 彼と共に去りぬ - 光村雄二 役
  • 肖像 - 中島 役
  • 火の薔薇 - 石川文夫 役
  • 鐘の鳴る丘 第一篇 隆太の巻 - 加賀見修平 役
1949年
1950年
  • 母の調べ - 湯原恒夫 役
  • 乙女の性典 - 立花哲也 役
  • 危険な年令
  • 恋愛教室
  • 新妻の性典
  • 懐しの歌合戦
  • 七つの宝石
  • 黒い花 - 中野宗一 役
  • 三つの結婚 - 望月敬三 役
1951年
1952年
  • この春初恋あり - 三田村五郎 役
  • 本日休診 - 湯川春三 役
  • 伊豆の艶歌師 - 艶歌師潤 役
  • 母の願い - 阿部一雄 役
  • 華やかな夜景 - 小林和彦 役
  • ひばりのサーカス 悲しき小鳩 - 杉村健吉 役
  • 坊ちゃん重役 - 比野 役
  • 母は叫び泣く - 高木英樹 役
  • うず潮 - 健二 役
  • 若奥様一番勝負 - 杉浦吾郎 役
  • わが母に罪ありや - 三上永之介 役
1953年
  • 春の鼓笛 - 杉浦啓一 役
  • やっさもっさ - 赤松太助 役
  • 女性の声 - 三上達哉 役
  • ひばりの歌う玉手箱
  • 落葉日記 - 熊岡嶺太郎 役
  • その妹 - 野村広次 役
  • 日本の悲劇 - 艶歌師達也 役
  • 旅路 - 津川良助 役
  • 君の名は - 後宮春樹 役
  • 君の名は 第二部 - 後宮春樹 役
  • お嬢さん社長 - 秋山五郎 役
1954年
  • 家族会議 東京篇 大阪篇 - 京極錬太郎 役
  • 真実一路 - 矢津先生 役
  • 勲章 - 憲治 役
  • 君の名は 第三部 - 後宮春樹 役
  • 陽は沈まず - 青木三平 役
  • おとこ大学 婚前教育の巻 - 桂木昌平 役
  • 新婚たくあん夫婦 - 目白三平 役
  • 真実の愛情を求めて 何処へ - 伊能琢磨 役
  • この広い空のどこかに - 良一 役
1955年
  • あなたと共に - 本堂克也 役
  • 続おとこ大学 新婚教室 - 桂木昌平 役
  • 亡命記 - 顔紹昌 役
  • 美わしき歳月 - 仲尾 役
  • 東京-香港 蜜月旅行 - 山下俊介 役
  • 花嫁はどこにいる - 八田圭介 役
  • 遠い雲 - 寺田俊介 役
  • 花ひらく - 下田歯科医 役
  • お勝手の花嫁 - 嵐勇 役
  • 太陽は日々に新たなり - 新村保 役
1956年
  • 白い橋 - 内山軍平 役
  • 君のうたごえ
  • 泉 - 幾島暁太郎 役
  • 女の足あと - 浜田孝一 役
  • 青春の音 - 杉本正明 役
  • 花嫁募集中 - 牧直樹 役
  • 晴れた日に - 鷲尾謙吉 役
  • 俺は死なない - 関口浩二 役
  • スタジオ超特急
  • 涙 - 山崎信也 役
  • 女優誕生
  • あなた買います - 岸本大介 役
  • 台風騒動記 - 吉成幸一 役
1957年
1958年
  • 花嫁のおのろけ - 熊沢伝七 役
  • 黒い花粉 - 木曾高志 役
  • 渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋 - 五味司郎太 役
  • オンボロ人生 - シケタ先生 役
  • 日日の背信 - 土居広之 役
  • 花のうず潮 - 槇五郎 役
  • モダン道中 その恋待ったなし - 鶴川松夫 役
  • 噛みつかれた顔役 - 泉川 役
  • 彼岸花 - 谷口正彦 役
  • 眼の壁 - 萩崎竜雄 役
1959年
  • 春を待つ人々 - 洋画家西脇 役
  • 人間の条件 第一・二部 - 影山少尉 役
  • 夫婦合唱 - 長島雄吉 役
  • 惜春鳥 - 牧田英太郎 役
  • お早よう - 福井平一郎 役
  • ハイ・ティーン - 寺崎伸一 役
  • 海の地図 - 外村義高 役
  • 暁の地平線 - 和夫 役
  • 三羽烏三代記 - 辰巳次郎 役
  • 人間の条件 第三・四部 - 影山少尉 役
  • 大願成就 - 小宮 役
1960年
  • 朱の花粉 - 武中究二 役
  • 四万人の目撃者 - 高山正士 役
  • 白い波濤 - 滝良一 役
  • いろはにほへと - 天野竜一 役
  • 女の坂 - 矢追三郎 役
  • 暴れん坊三羽烏 - 桑原編集長 役
  • 「青衣の人」より 離愁 - 境道介 役
  • 最後の切札 - 立野駿介 役
  • 血は渇いてる - 木口高志 役
  • 秋日和 - 後藤庄太郎 役
1961年
  • 猟銃 - 門田礼一郎 役
  • 渦 - 中津洪介 役
  • 蒼い海流 - 高須弓雄 役
  • 女舞 - 西川昌三 役
  • 雲がちぎれる時 - 三崎 役
  • 永遠の人 - 川南隆 役
  • 妻あり子あり友ありて
  • 京化粧 - 山岡 役
1962年
  • 千客万来 - 番取良介 役
  • 愛染かつら - 服部 役
  • しのび逢い - 小坂敬三 役
  • 東京湾 ※企画のみ
  • 二人で歩いた幾春秋 - 野中義男 役
  • かあさん長生きしてね - 大島 役
  • 続・愛染かつら - 服部 役
  • 秋刀魚の味 - 平山幸一 役
1963年
1964年

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

文献[編集]

  • 中井貴恵『父の贈りもの』文化出版局、1991年。角川書店〈角川文庫〉、1997年。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、父は商人だっとされるが詳しいことは分かっていない[1]
  2. ^ ちなみに高橋もその後33歳の若さで佐田より早くに交通事故死している。
  3. ^ ちなみにこの別荘は、同年に完成したばかりだった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 週刊現代6月12日・19日号「昭和の怪物」研究その122・佐田啓二「二枚目役者のかなしみ」p25-32
  2. ^ 1955年増刊「日本映画大鑑・映画人篇」
  3. ^ 2歳で死別した父から受け取った、人生のバトンのような腕時計/中井 貴一さんインタビュー”. 日経ビジネス電子版Special (2021年4月16日). 2021年5月29日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞 1964年8月17日付夕刊 7頁記事参照。
  5. ^ “【プレイバック芸能スキャンダル史】 収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二”. 日刊ゲンダイ (日刊現代). (2013年5月22日). オリジナルの2014年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006065131/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/142572 2013年9月14日閲覧。 

外部リンク[編集]