破戒 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

破戒』(はかい)は、島崎藤村の長編小説。1905(明治38)年、小諸時代の最後に本作を起稿。翌年の1906年3月、緑陰叢書の第1編として自費出版。

被差別部落出身の小学校教師がその出生に苦しみ、ついに告白するまでを描く。藤村が小説に転向した最初の作品で、日本自然主義文学の先陣を切った。夏目漱石は、『破戒』を「明治の小説としては後世に伝ふべき名篇也」(森田草平宛て書簡)と評価した。

あらすじ[編集]

明治後期、信州小諸城下の被差別部落に生まれた主人公・瀬川丑松は、その生い立ちと身分を隠して生きよ、と父より戒めを受けて育った。その戒めを頑なに守り成人し、小学校教員となった丑松であったが、同じく被差別部落に生まれた解放運動家、猪子蓮太郎を慕うようになる。丑松は、猪子にならば自らの出生を打ち明けたいと思い、口まで出掛かかることもあるが、その思いは揺れ、日々は過ぎる。やがて学校で丑松が被差別部落出身であるとの噂が流れ、更に猪子が壮絶な死を遂げる。

その衝撃の激しさによってか、同僚などの猜疑によってか、丑松は追い詰められ、遂に父の戒めを破りその素性を打ち明けてしまう。そして丑松はアメリカのテキサスへと旅立ってゆく。

西洋文学の影響[編集]

ドストエフスキーの『罪と罰』に構成が似ていると、刊行当時から言われており、現在もこの説が主流だが、十川信介は、ユダヤ人問題を扱ったジョージ・エリオットの『ダニエル・デロンダ』との関連を示唆している。(十川『島崎藤村』筑摩書房、1977)

他の作品への影響[編集]

この作品(特に丑松が生徒に素性を打ち明ける場面)は、住井すゑの『橋のない川』でも取り上げられ、誠太郎をはじめとする登場人物の間で話題に上っている。この中で誠太郎は、丑松が素性を打ち明ける際、教壇に跪いて生徒に詫びていることを批判的に捉えている。『橋のない川』も『破戒』同様、部落差別を扱った作品であるが、両者の差別に対する考え方あるいはスタンスはほぼ正反対に異なる。

現在の差別問題に関する認識、見解、解放運動のベクトルは様々で、この問題のある一定以上の捉え方は非常に難しく、問題の性質上、腫れ物を触る行為になりかねないのがこの問題の理解を深めるにあたり障壁になる部分である。

出版史[編集]

自費出版されたこの作品は、1913年4月、高額(当時の2000円)で新潮社が買い取り出版した。次に出版されたのは1922年2月で、『藤村全集』第3巻(藤村全集刊行会)に収録された。藤村は巻末に「可精しく訂正」したとしているが、実際には多少の語句の入れ替えを行ったのみであった。

1929年には、『現代長編小説全集』第6巻(新潮社)の「島崎藤村篇」で「破戒」が収録された。ここにおいては、藤村はこの作品を「過去の物語」としている。これは当時、全国水平社が部落解放運動を展開し、差別的な言動を廃絶しようとする動きがあったことを意識している。これも一部の組織から圧せられて、やがて絶版になったという。水平社は後に言論の圧迫を批判し、『破戒』に対しても「進歩的啓発の効果」があげられるとし、評価している。そして1938年に、「『破戒』の再版の支持」を採択した。

こうして翌年『定本藤村文庫』第10篇に「破戒」が収録されたが、藤村はその際に一部差別語などを言い換えたり、削除している。これを部落解放全国委員会が、呼び方を変えても差別は変わらないとして批判した。1953年、『現代日本文学全集』第8巻(筑摩書房)の「島崎藤村集」に、初版を底本にした「破戒」が収録された。委員会は、筑摩書房の部落問題に悩む人々への配慮のなさを指摘し、声明文を発表した。1954年に刊行された新潮文庫版『破戒』も、1971年の第59刷から初版本を底本に変更している。

登場人物[編集]

瀬川丑松
本作の主人公。飯山の小学校に奉職する青年教師である。子どもたちから慕われる人格者だが、旧弊な考えを持つ校長からは煙たがられている。穢多の出自を固く隠しながら生きてきた。
猪子蓮太郎
穢多の出自だが「我は穢多なり。」と世に公言する思想家。病体ながらも下層社会の現実を精力的に告発する姿は「新平民中の獅子」として世に知られている。丑松が敬慕する人物である。友人の市村弁護士の選挙支援のため飯山にやってくる。
お志保
風間敬之進の娘。貧苦のため蓮華寺に預けられている。蓮華寺に下宿を移した丑松と知り合い恋慕の情を持つ。
土屋銀之助
丑松の親友である青年教師。師範学校の同窓であり共に飯山の小学校に奉職する。闊達な気性の持ち主。夢は植物学者。
校長
丑松が務める小学校の校長。金牌を授与された地域の名士だが、新しい教育観を持つ丑松と銀之助を煙たがる一面を持つ。
奥様
蓮華寺の住職夫人。話好きで明朗な女性だが住職の女狂いに悩む。
蓮華寺
蓮華寺の住職。檀家の信頼厚く見識高い人物。隠れた異常性癖の持ち主であり、作中で「破戒」を犯す。
勝野文平
丑松の同僚の青年教師。郡視学の伯父を持つことから校長とは親しい。
風間敬之進
士族出身の老教師。丑松と同じ飯山の小学校に務めるが、酒びたりの生活が祟り恩給が貰える半年前に学校を去る。後妻との間の子を多くもうけたため家は貧苦に苦しんでいる。お志保と省吾は死んだ前妻の子。
高柳利三郎
新進政事家。選挙資金のため穢多の大尽の娘を娶るがそれを世間にひた隠しする。飯山から代議士の選挙に打って出る。
省吾
風間敬之進の息子。丑松の受け持ちのクラスの生徒。温厚な性格の持ち主だが継母との間柄は良くない。
丑松の父
小諸の穢多町の「お頭」(長吏頭)として知られたが、丑松が幼少の頃に北佐久の根津村に家族を率いて移り住む。移住後は出自を隠しながら山間の牧場で牧夫として生業を立てて暮らした。物語の中盤に死去する。

登場人物のモデル[編集]

この作品の登場の2年前に、被差別部落出身でありながら「出自」を正々堂々明らかにしていたといわれる兵庫県柏原中学校校長の大江礒吉が死去した。大江礒吉は、1868年生まれで、島崎藤村と同じく長野県出身である。

島崎藤村の小説「破戒」の登場人物のモデルとしている文献やサイトがある。

瀬川丑松のモデルとしては、最後に「出自」を明らかにして許しを請う行為は、大江礒吉のイメージにそぐわないという意見もある。

被差別部落出身の地域政治家の猪子蓮太郎のモデルとしている文献もある。正々堂々と「出自」を公表した態度は、教育者としての大江礒吉と共通するものがある。

映画化作品[編集]

1948年版[編集]

破戒
監督 木下惠介
脚本 久板栄二郎
製作 小倉浩一郎
出演者 池部良
桂木洋子
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
編集 相良久
製作会社 松竹京都
配給 松竹
公開 日本の旗 1948年12月6日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『破戒』は、1948年公開の日本映画である。松竹製作・配給、モノクロスタンダード

概要[編集]

終戦直後、阿部豊監督が東宝久板栄二郎の脚本で映画化に挑んだ。丑松役に池部良、土屋銀之助役に大日方伝、お志保役に高峰秀子を迎えて撮影が行われたが、1948年東宝争議が発生し、制作が中断された。その代わり松竹木下惠介監督で製作を引き継いだ。丑松役は池部だが、お志保役は木下の前監督作『肖像』で映画デビューした桂木洋子を迎えた。そのほか民衆芸術劇場俳優座の俳優を起用した。

原作は部落差別問題を中心に描いているが、本作はこの問題には深入りはせずに、丑松とお志保の恋物語として、抒情的に描かれている。キネマ旬報ベスト・テン第6位。毎日映画コンクール監督賞、助演賞受賞。

出演[編集]

  • 瀬川丑松:池部良(東宝)
  • お志保:桂木洋子
  • 猪子蓮太郎:滝沢修(民衆芸術劇場)
  • 土屋銀之助:宇野重吉(民衆芸術劇場)
  • 町会議員金縁めがね:清水将夫(民衆芸術劇場)
  • 郡視学:加藤嘉(民衆芸術劇場)
  • 高柳利三郎:小澤栄太郎(俳優座)
  • 校長:東野英治郎(俳優座)
  • 丑松の叔父:松本克平(俳優座)
  • 町会議員白ひげ:永田靖(俳優座)
  • 蓮華寺の奥さん:東山千栄子(俳優座)
  • 猪子夫人:村瀬幸子(俳優座)
  • 丑松の父:薄田研二(新協劇団)
  • 風間敬之進:菅井一郎(東宝)
  • 勝野文平:山内明
  • 小諸の町会議員:寺島雄作
  • 僧侶:玉島愛造
  • 部落の青年:青山宏
  • 高柳夫人:西川寿美
  • 丑松の叔母:岡田和子
  • 旅館の女中:村上記代
  • 女教員:関谷芳江
  • 教員:保瀬英二郎、加藤秀樹、笹川富士夫
  • 下宿の亭主:宮武要
  • 下男:若修作
  • 旦那:藤田良
  • 呉服やの番頭:片山一郎

スタッフ[編集]

1962年版[編集]

破戒
監督 市川崑
脚本 和田夏十
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
藤村志保
三國連太郎
長門裕之
音楽 芥川也寸志
撮影 宮川一夫
編集 西田重雄
製作会社 大映京都
配給 大映
公開 日本の旗 1962年4月6日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『破戒』は、1962年公開の日本映画である。大映製作・配給、モノクロ大映スコープ

概要[編集]

大映の時代劇スター・市川雷蔵市川崑監督作3回目の主演作品で、『炎上』の吃音の青年役、『ぼんち』の女遍歴を重ねる息子役に続いて被差別部落出身の青年という難役を演じた。また、藤村志保デビュー作でもあり、芸名は原作の島崎藤村と演じた役のお志保から取っている。

出演[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ化作品[編集]

1954年版[編集]

1954年6月4日の18時15分 - 18時45分に、日本テレビで放送。

1961年 NETテレビ版[編集]

1961年1月22日の20時 - 21時に、NETテレビ系列『NECサンデー劇場』枠で放送。

出演
木村功織本順吉中村伸郎中原ひとみ小夜福子若宮忠三郎恩田清二郎浅野進治郎

1961年 日本テレビ版[編集]

1961年11月3日 - 12月29日の22時 - 22時30分に、日本テレビ系列『文芸アワー』枠で放送。全9回。

出演
市川染五郎山本礼三郎中村栄二黛ひかる泉大助芥川比呂志浜村純多々良純中村万之丞早川研吉

参考文献[編集]

  • 北小路健「『破戒』と差別問題」(新潮文庫『破戒』収録)
  • 津田潔/部落問題研究所『明治三十年代の文学と島崎藤村の小説「破戒」-その主題としての部落問題をめぐって』(『文部省科学研究費補助金研究成果報告書』一般研究C)

外部リンク[編集]