N-04E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ MEDIAS X N-04E
キャリア NTTドコモ
製造 NECカシオ モバイルコミュニケーションズ
発売日 2013年3月1日[1]
概要
OS Android 4.1
CPU Qualcomm
Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3.9G:LTE Bands 1/21
3G:800MHz、850MHz、2GHz)
(2G:900MHz、1800MHz、1900MHz))
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMAHSDPAHSUPA
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)
形状 ストレート型
サイズ 136 × 68 × 10.4 mm
質量 約155 g
連続通話時間 約560分(3G)
約610分(GSM)
連続待受時間 約450時間(3G)
約400時間(LTE)
約370時間(GSM)
充電時間 約170分(ACアダプタ03)
約160分(ACアダプタ04)
約210分(おくだけ充電)
約180分(DCアダプタ)
バッテリー 1980mAh
内部メモリ ROM:32GB
RAM:2GB
外部メモリ microSD(2GBまで)
microSDHC(32GBまで)
日本語入力 ATOKT9式入力・2タッチ入力対応)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth 4.0(3.0互換あり)[2]
放送受信機能 ワンセグモバキャス対応
外部接続 microUSB
Φ3.5ミリイヤホンマイク端子
Qi
備考 G-SHOCK連携対応
メインディスプレイ
方式 有機EL
解像度 HD
(720×1280ドット
サイズ 4.7インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射型CMOS
Exmor R for mobile
機能 フルHD動画撮影
HDR
サブカメラ
画素数・方式 130万画素画素CMOS
カラーバリエーション
Blue
White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo with series MEDIAS X N-04E(ドコモ ウィズシリーズ メディアス エックス エヌゼロヨンイー)は、NECカシオ モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。docomo with seriesのひとつ。

概要[編集]

N-07Dの事実上の後継機種で、基本的な性能は先にDisney Mobile on docomoシリーズとして発売されたN-03Eとほぼ同等である。

N-03Eに無い機能としておくだけ充電と「ブルーライトカットモード」機能と「スタンバイモード」機能が追加されているほか、microSDスロットが内蔵されている[3]。おくだけ充電はMEDIASシリーズとしてはMEDIAS PP N-01D以来の搭載で、N-01Dでは不可能だった電池単体での充電も可能になった。また、初期搭載OSもN-03EのAndroid 4.0からAndroid 4.1へとバージョンが引き上げられている。ちなみに、MEDIASシリーズとしては初となるAndroid 4.1初期搭載モデルである。

「ブルーライトカットモード」は、パソコン用のメガネに近い仕組みとなっており、ディスプレイから発せられる光の中でもエネルギーが強いとされる波長の「ブルーライト(青色光)」を抑えるモード。設定するとブルーライトが約30%カットされ、画面全体がやや黄色味を帯び、ユーザーの目が疲れにくいようになる。設定は通知パネルにて行う。

また、「スタンバイモード」は、電源はONの状態ながら一切の通信を行わず、アラームなどの通知もしないモード。スタンバイモードのままで、約20日間ほど待機できる。ちなみに、スタンバイからの復帰は約0.6秒になる。

同梱のワイヤレスチャージャー N02を使用したおくだけ充電は、同じく同梱の専用スタンドにワイヤレスチャージャー N02をセットすれば、充電しながらワンセグNOTTV動画の視聴、ブラウザや写真の閲覧ができる。

なお、N-03Eと同じくNFCは搭載していない。

2013年夏モデル以降、ドコモのラインナップ見直しによりwithとNEXTが廃止されたため、本機種がwithとしての最終機種となった[4]

搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[5]FOMAハイスピード[6] Bluetooth DCMXおサイフケータイNFCかざしてリンク赤外線トルカ
ワンセグ[7]モバキャス[8] メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n
GPS ドコモメール電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

不具合・アップデートなど[編集]

2013年6月20日のアップデート[10]
  • メール受信時、まれに携帯電話(本体)のバイブレータが正常に動作しない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がA1000401からA1002011になる。
2013年9月19日のアップデート[10]
  • 通話中、意図せず通知パネルが開いてしまう場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がA1000401、A1002011からA1002601になる。

脚注[編集]

  1. ^ 当初は2月下旬発売予定だったが延期となった。
  2. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、SPP、HID、A2DP、AVRCP、PBAP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP
  3. ^ N-03Eでは外部メモリを利用する際にmicroSDカードリーダライタケーブルを利用する必要があった。
  4. ^ NEXTの最終機種はAscend D2 HW-03E
  5. ^ 受信時:100Mbps/送信時:37.5Mbps
  6. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  7. ^ 連続視聴時間:約270分
  8. ^ 連続視聴時間:約240分
  9. ^ 報道発表資料 : 「docomo with series MEDIAS X N-04E」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
  10. ^ a b MEDIAS X N-04Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
N-07D
NECカシオ
MEDIAS Xシリーズ
N-04E
次代:
N-06E