F-08D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ Disney Mobile on docomo F-08D
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売日 2012年2月22日
概要
OS Android 2.3.5 → 4.0.3
CPU Texas Instruments OMAP4430 1.2GHz(デュアルコア)
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz、850MHz、1.7GHz2GHz)
(2G:900MHz、1800Mhz、1900MHz))
データ通信方式 3GFOMAHSDPAHSUPA
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
形状 ストレート型
サイズ 129 × 64 × 8.8 (最厚部約 9.8) mm
質量 約120 g
連続通話時間 約330(音声電話時・静止時・3G)
約380(音声電話時・GSM)
連続待受時間 約400(音声電話時・静止時・3G)
約290(音声電話時・GSM)
内部メモリ RAM:1GB
ROM:4GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 ATOK
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth あり V2.1+EDR [1]
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 HD
(1280×720ドット
サイズ 4.3インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射型CMOS
機能 HD 1080p動画撮影
サブカメラ
画素数・方式 約32万画素CMOS
カラーバリエーション
SHINY PINK
SHINY WHITE
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo with series Disney Mobile on docomo F-08D(ドコモ ウィズシリーズ ディズニー・モバイル オン ドコモ エフゼロハチディー)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第3世代移動通信システムFOMA端末である。docomo with seriesのうちのDisney Mobile on docomoシリーズのひとつ。ただし、富士通のスマートフォンブランドであるARROWSシリーズには含まれず、そのサブブランドであるREGZA Phoneシリーズ(ベースの端末に由来。後述)にも含まれない。

概要[編集]

P-05Dと同時に発表されたDisney Mobile on docomoの第1弾端末で、REGZA Phone T-01D[2]をベースとした端末である。

スペック面ではT-01Dと同等だがデザイン面は大きく違っており、背面にミッキー&ミニーのシルエットがデザインされているほか、ミッキーの顔を模したシルエットを外観やUIなどに施している。

プリインストールされているコンテンツでは、様々なDisney Mobile仕様のアプリケーションや、複数の壁紙、ライブ壁紙、Disneyメーラーがあるほか、月20時間程度提供されるDisneyの人気映画が無料で視聴可能となっている。

またAndroidマーケットで提供されているDisneyのアプリケーションのポータルサイトであるDisneyマーケットなどもプリインストールされている。

カメラは1310万画素と高スペックセンサーを搭載しているほか、指紋センサー、FMトランスミッター、統合辞書、DLNA連携、防水とDisneyコンテンツ等、様々な機能を搭載している。この点も、Disneyコンテンツ以外はT-01Dと共通である。

ただし、やはりT-01Dと同様Xiには対応していない。

2012年7月には、先に決定していたT-01D同様、Android 4.0へのアップデート予定が発表され、同年11月6日よりT-01Dに一日遅れでアップデートが開始された。

搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー XiFOMAハイスピード7.2Mbps(受信)送信5.7Mbps Bluetooth DCMXおサイフケータイ赤外線トルカ
ワンセグ メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS spモード電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player 10.3
Androidマーケット/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

  • 2012年2月1日 - NTTドコモ及びウォルト・ディズニー・ジャパンより発表。
  • 2012年2月17日 - 予約開始。
  • 2012年2月22日 - 発売開始。
  • 2012年11月6日 - Android 4.0.3へアップデート開始。

アップデート[編集]

  • 2012年4月2日 - 以下の不具合改修がソフトウェア更新で実施された。
    • 電源を切って充電している際に電源を入れると、まれに端末が再起動を繰り返す場合がある。
  • 2012年6月20日 - 以下の不具合改修がソフトウェア更新で実施された。
    • 電源を切って充電したのちに、まれに端末の電源が入らない場合がある。
    • microSDXCカードを差し込んだ場合に、カード内のデータが破壊される。
    • 「スッキリ目覚まし」アプリでアラームを鳴動させた際に、まれに端末が再起動する場合がある。
  • 2012年11月6日 - Android 4.0.3へのアップデートを開始。[3][4]このアップデートの適用で以下の不具合も修正される。
    • タッチパネル操作性の改善
  • 2013年9月4日 - 以下の不具合改修がソフトウェア更新で実施された。
    • 音楽再生中にボリューム変更やイヤホン抜き差しを繰り返すと、携帯電話(本体)が再起動する場合がある。なお、このアップデートはAndroid 4.0.3のバージョンアップを行った端末が対象である。

2014年5月20日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた。なお、このアップデートはAndroid 4.0.3のバージョンアップを行った端末が対象である[5]

  • 一部機種をWi-Fiアクセスポイント(Wi-Fiテザリング親機)とした場合、まれにWi-Fi接続ができない場合がある不具合を修正する。
  • 「Google ドライブ」アプリの追加。
  • ビルド番号がV05R11A、V07R13AからV08R14Aになる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]