S31HW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イー・モバイル S31HW
Huawei IDEOS U8150 front.jpg
キャリア イー・モバイル
製造 Huawei
発売日 2011年1月14日
概要
OS Android 2.2 "Froyo"
CPU Qualcomm MSM7225 528MHz
音声通信方式 W-CDMA
GSM
(HSPA/W-CDMA(1700MHz/2100MHz)、GSM/GPRS/EDGE(850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz))
データ通信方式 HSPA
GPRS
EDGE
IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi)
形状 ストレート・タッチパネル
サイズ 54.8×104×13.5mm
質量 105 g
連続通話時間 約250分
連続待受時間 約300時間
内部メモリ ROM:512MB
RAM:256MB
外部メモリ microSDHC 32GBまで対応
日本語入力 FSKAREN
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth 2.1+AD2P
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 薄膜トランジスタ(TFT)液晶
解像度 QVGA
(320×240ドット
サイズ 2.8インチ
表示色数 262000色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 320万画素
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
なし
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

S31WHHuaweiが開発しイー・モバイルが販売するW-CDMA及びGSM通信方式に対応するAndroidOSに搭載したWi-Fiルーター。通称Pocket WiFi S2011年1月14日発売。

概要[編集]

イー・モバイルがファーウェイ・ジャパンに依頼し、日本国外で発売されているIDEOSを日本向けに仕様変更した機種である(型番:U8150-92)。このほか、日本通信からも若干仕様が異なるU8150がIDEOS(型番:BM-SW)として販売されている(日本通信版との悶着についてはIDEOS#技適騒動を参照のこと)。

元々は安価なAndroidスマートフォンとして開発されたIDEOSではあるが、イー・モバイルでは「通話ができるWiFiルーター」という位置付けで発表した[1]。WiFiルーター機能は、Android 2.2から標準搭載されたテザリング機能を活用する事で実現しており、最大接続機器数は5台。音声通話可能なため、WiFiルーター向けのデータ通信専用プランではなく、スマートフォンと同じ音声総合プランでの契約となる。販売価格が安価でもあることからアシスト1200は使用できない。

公式にSIMロックフリーであることが謳われており、NTTドコモFOMAカードドコモUIMカード)またはSoftBank 3G USIMカードを挿入することで、W-CDMAの2GHz帯エリアや、ドコモならば東名阪バンドエリアで利用可能となっている。他社とは異なり、SIMロック解除作業や手続きは必要ない。

IDEOSと異なる点[編集]

  • Pocket WiFiとして使用するウィジェットが工場出荷状態でホーム画面に配置されている。
  • IDEOSに標準搭載されているラジオ機能が使用できない。
  • ドコモUIMカードを利用してもFOMAプラスエリアでは利用できない。
  • HSUPAに対応しており、上り最大5.8Mbpsと高速化されている。
  • 同梱バッテリーカバーが異なり、黒・青・桃に「Pocket WiFi」のロゴが入ったオリジナルモデルとなっている。
  • イー・モバイル版ではmicroSDが標準で同梱している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]