REGZA Phone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

REGZA Phone(レグザフォン)およびREGZAケータイ(レグザケータイ)は、東芝によって展開され、富士通および富士通モバイルコミュニケーションズ(以下富士通モバイル)によって開発されていたワンセグ対応携帯電話端末の愛称。

REGZA PhoneはKDDI沖縄セルラー電話連合(各auブランド)およびNTTドコモ向けのAndroid搭載スマートフォンの通称で、REGZAケータイはソフトバンクモバイル向け端末の通称である。いずれの登録商標も東芝が保有しており、富士通と富士通モバイルにライセンスする形を取った。

概要[編集]

AQUOSケータイ」が発売されてから1年後に「BRAVIAケータイ」、更に半年後には「VIERAケータイ」「Woooケータイ」が発売されたように、液晶テレビのブランド名を冠した携帯電話の売れ行きは非常に良かった。そこで、REGZAを抱えている東芝もソフトバンク向け端末に「REGZAケータイ」の愛称を付けたSoftBank 921Tを投入した。その前継機種であるSoftBank 920Tや、旧富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(以下富士通東芝)の発足以降に開発された富士通東芝製と富士通製の、主にF-01C以降の機種はREGZAの技術を反映しているが、「REGZAケータイ」の愛称は冠していない。

2010年には「REGZA Phone」として富士通東芝がAndroidスマートフォンのT-01C(ドコモ)を、2011年にはIS04(au)を投入した。IS04は従前通りauでも東芝ブランド扱いだったが、T-01Cは富士通東芝製・東芝ブランドにもかかわらずドコモでは事実上富士通製扱いだった。なお、いずれのCMも富士通名義で行われた。これは、メーカーが富士通東芝である事と、元々ドコモ向けの富士通ブランド機種は富士通本体のモバイルフォン事業本部が担当しているためである。富士通モバイルの事実上の前身である旧東芝モバイルコミュニケーション社(以下東芝MC社)は元々au向けとソフトバンク向けがメインであり、現在も富士通モバイルは東芝MC社のみを引き継いだ状態にある。

東芝保有分の富士通東芝株式の富士通への売却が2011年8月に報じられた。富士通と富士通東芝は同年11月、「REGZA Phone」のブランドを富士通としてのスマートフォンブランド「ARROWS」に次ぐサブブランドとして活用する方針である事を明らかにした[1]。そのため、T-01D以降のREGZA Phoneは、正確には「ARROWSシリーズのREGZA Phone」としての展開となる。ARROWSシリーズ入りに伴い、ドコモ向けのREGZA Phoneは他のドコモ向けの富士通ブランド端末と同様に富士通本体が担当する事となり、いわゆる「富士通レグザ」と呼ばれるようになる(T-01Dが「初代富士通レグザ」)。その後、富士通東芝は2012年4月1日に富士通の完全子会社の富士通モバイルとなり東芝は事実上携帯電話事業から完全撤退、「2代目富士通レグザ」T-02Dを最後にREGZA Phoneの新機種は発表されていない。なお商標は引き続き東芝が保有している。T-02Dのカタログでは「これがレグザフォン史上最高傑作」と、T-02Dが最終機種である事を思わせる記述がある。ドコモでは「Visual」を意味する「ARROWS V」を名乗るF-04EにREGZA Phoneの面影を残している。そのF-04Eと同時期にT-02Dの生産が終了し、REGZA Phoneシリーズは市場から姿を消した。

2012年12月21日にドコモから発売されたフォトパネル 05は、フォトパネル 02・03・04の製造を担当した華為技術に代わって、デジタルフォトフレームではあるがdynapocket T-01B以来約2年半ぶりの東芝製ドコモ向け端末となる。au向けの東芝製端末はLIGHT POOLの次がREGZA Tablet AT500/26Fで、その間に約2年のブランクが空いている。ちなみに、フォトパネル 01の通信モジュールUM02-Fは富士通製(デジタルフォトフレームはタムラ製作所製)。「Powered by REGZA」というサブネームの通り、REGZAの技術を取り入れたディスプレイを採用している。

機種[編集]

  • Tを冠する機種の細字は東芝(東芝MC社時代含む)製、斜体字富士通製。
  • Fを冠する機種の細字は富士通製。
  • T、Fのいずれかを冠する機種の太字富士通東芝→富士通モバイル製。こちらもドコモでは富士通製扱い。
  • 以下の記号はスマートフォン
    • (A)はARROWSシリーズ。Tを冠していても富士通ブランド。
    • (S)はARROWSシリーズ以外のスマートフォン。富士通ブランドと東芝ブランドに分かれる。
  • 以下の記号は国外使用可能。
  • その他の記号は以下の通り。
    • (R)はワンセグ起動時にREGZAのロゴが出る。
    • (Q)はワンセグ起動時にREGZAとQosmioのロゴが出る。
    • (M)はモバイルレグザエンジンを搭載しており、レグザで録画した画像を見ることが出来る。
    • (i)はiidaブランド向け。
    • (L)はLTEサービス(ドコモ:Xi(クロッシィ)、au:au 4G LTE)に対応。
    • (+)はモバイルWiMAX+WiMAX)対応。
    • (N)はモバキャスNOTTV)に対応。

REGZAケータイ・REGZA Phoneの愛称が付いている機種[編集]

ソフトバンクモバイル向けのREGZAケータイ[編集]

au向けのREGZA Phone[編集]

NTTドコモ向けのREGZA Phone[編集]

  • REGZA Phone T-01C(TG03-DCM)(S)(W) - 日本初の防水対応スマートフォン。IS04の兄弟機種。富士通東芝としてドコモに供給した唯一の機種で、ドコモ向けの東芝ブランドとして最終機種だが、前述の通りドコモでは実質富士通製扱いだった。ドコモ スマートフォンシリーズ。
  • REGZA Phone T-01D(A)(W) - デュアルコアCPUとしてOMAP4430を採用。液晶もフルカラーHDに変更された。初代富士通レグザ。本機種がベースとなったDisney Mobile on docomo F-08Dがあるが、こちらはDisney Mobile on docomoシリーズとなり、REGZA PhoneシリーズとARROWSシリーズのいずれにも含まれない。F-08Dと共にdocomo with series
  • REGZA Phone T-02D(A)(W)(L)(N) - 2代目富士通レグザ。有機ELディスプレイを採用し、CPUもSnapdragon S4に変更された。REGZA Phoneシリーズ初(というより、最初で最後)のAndroid 4.0搭載モデルでなおかつXi・モバキャス(NOTTV)対応モデル(モバキャス対応はARROWSシリーズとしても初)。兄弟機種にソフトバンク向けのARROWS A 101Fがあるが、こちらはARROWSシリーズ単独。docomo NEXT series

愛称名のない他の東芝製ワンセグ携帯電話機種[編集]

東芝→富士通東芝→富士通モバイル製・au向け[編集]

東芝製・ソフトバンクモバイル向け[編集]

東芝製・イー・アクセスEMOBILE)向け[編集]

愛称名のない他の富士通製ワンセグ携帯電話機種[編集]

ここでは富士通東芝発足以降の富士通ブランドワンセグ携帯電話について記述する。東芝の撤退以降に発売された機種も含む。

富士通製・NTTドコモ向け[編集]

富士通東芝→富士通モバイル製・au向け[編集]

富士通モバイル製・ソフトバンクモバイル向け[編集]

富士通モバイル製・イー・モバイル向け[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富士通、ARROWSブランドで2012年にも国内シェアトップへ - ケータイWatch

外部リンク[編集]