Smart TV Box

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Smart TV Box(スマートテレビボックス)とは、KDDIが提供予定のテレビチューナーを内蔵しAndroidを採用したスマートテレビセットトップボックス。製造元はパナソニック。テレビチューナーは3つ内蔵し、ダブル録画可能。SoCはAndroid用にOMAP 4460とテレビ用のSoCを内蔵。セットトップボックス、ケーブルモデム、無線LANルーター、Android端末の4つの機能を持っている。端末はケーブルテレビ会社経由で販売予定。

歴史[編集]

  • 2012年5月15日 - 発表
  • 2012年7月18日 - 詳細仕様をケーブルコンベンション2012にて発表[1]
  • 2012年8月31日 - ジャパンケーブルネットにてトライアルを開始[2]
  • 2012年11月28日 - ジャパンケーブルネットより提供開始[3]

74社、153局以上のケーブルテレビ局にて提供予定[4]

仕様[編集]

製品名 Smart TV Box
OS Android 4.0
映像・音声出力 HDMI、アナログ出力、光デジタル
USB USB 3.0 ホスト × 3
イーサーネット 10/100Base-TX × 2 (WAN, LAN)
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n
ケーブルモデム DOCSIS 3.0
SoC OMAP 4460 デュアルコア, TV用 SoC
DRAM
フラッシュメモリ
大きさ 176×51×176mm
重さ 1.1kg
TVチューナー RFチューナー × 3(ダブル録画)
UIデザイン WOW Inc.
その他 SDメモリカードスロット
DLNAサーバー・クライント機能

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ 「Smart TV Box」を「ケーブルコンベンション2012」に出展
  2. ^ 次世代STB「Smart TV Box」の事業者トライアル実施について
  3. ^ 「Smart TV Box」の提供開始について
  4. ^ 詳細が判明したKDDIのAndroid搭載「Smart TV BOX」、2つのCPUを使うハイブリッド仕様