N-01D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ N-01D
キャリア NTTドコモ
製造 NECカシオ モバイルコミュニケーションズ
発売日 2011年12月9日
概要
OS Android 2.3.5
CPU Qualcomm Snapdragon S2 MSM8255T 1.4GHz
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz、850MHz、1.7GHz2GHz)
(2G:900MHz、1800Mhz、1900MHz))
データ通信方式 3GFOMAHSDPAHSUPA
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
形状 ストレート型
サイズ 128 × 63 × 10.9 (最厚部約 11.4) mm
質量 約135 g
連続通話時間 約380分(音声電話時・静止時・3G)
約450分(音声電話時・GSM)
連続待受時間 約630時間(静止時・3G)
400時間(静止時・GSM)
充電時間 約200分(AC)
約200分(DC)
約300分(ワイヤレスチャージャー)
バッテリー 1700mAh
内部メモリ RAM:512MB
ROM:2GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 ATOKT9式入力対応)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth あり V4.0+EDR [1]
放送受信機能 ワンセグ対応
外部接続 microUSB
Qi
備考 G-SHOCK連携対応
メインディスプレイ
方式 スーパー有機ELディスプレイ
解像度 ワイドVGA
(480×800ドット
サイズ 4.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素CMOS
機能 ハイビジョン動画撮影
手ぶれ補正機能
顔認識
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
Black
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo NEXT Series MEDIAS PP N-01D(ドコモ ネクストシリーズ メディアス パワープラス(ピーピー) エヌゼロイチディー)は、NECカシオ モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末である。docomo NEXT seriesのひとつ。

概要[編集]

MEDIASシリーズの一つで、N-06Cの後継機である。「PP」は「Power Plus」の意味であり、1700mAhのバッテリーを搭載しており、従来のモデルに比べ約1.7倍のスタミナを実現している。また、Bluetooth 4.0(BLE)に対応しており、カシオ計算機製の腕時計G-SHOCKと連携させることが可能である。

N-04Dと違いXiには非対応である。

おくだけ充電に対応している。なお、電池パック単体での充電はできない。

SIMカードはmicroSIMを採用している。

RAMが512MBのため、2011年冬モデル以降のNTTドコモ向けのMEDIASシリーズでは唯一、Android 4.0へのアップデートが予定されていない。

搭載アプリ[編集]

  • MEDIAS BEAUTY
    • Beauty up Navi
    • Beauty up Camera
    • Style up Closet
    • MEDIAS WELLNESS
    • MEDIAS 女子部
  • andronavi
  • Quickoffice
  • G-SHOCK App
  • ついっぷる
  • iD設定アプリ
  • トルカ
  • 災害時音声アプリ
  • マチキャラ

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー XiFOMAハイスピード[2] Bluetooth DCMXおサイフケータイ赤外線トルカ
ワンセグ[3] メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS spモード電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player 10.3
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

アップデート[編集]

2011年12月20日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • 一部の動画コンテンツを再生する際にまれにスムーズに再生できない場合がある。

2012年3月8日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • ブラウザを繰り返し利用するとまれにブラウザの起動に時間がかかる場合がある。

2012年5月24日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • 特定のブラウザを利用し全角記号・全角英数を入力すると空白になる場合がある。

2012年9月3日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • マナーモード設定時に音声着信を応答保留にすると、正常にガイダンスが流れない場合がある。
  • microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損する。なお、ソフトウェアアップデートを実施してもmicroSDXCカードの利用は不可。

2013年3月19日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • 撮影した動画を再生する際に、映像と音声がずれる場合がある。

2013年11月28日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • 携帯電話(本体)とG-SHOCKBluetooth接続した際、電話を着信してもG-SHOCKがまれに鳴動しない場合がある。

2014年4月7日に以下の不具合の修正がソフトウェアアップデートによって行われた[4]

  • 連写撮影後の画像保存中、まれにカメラアプリがフリーズする場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がA1001701A1001901A1002701A1003201A1003401A1003601A1003801A1003901からA1004001になる。

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、OPP、SPP、A2DP、AVRCP、PBAP、ANP、PASP、FMP、TIP、PXP
  2. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  3. ^ 連続視聴時間:約380分
  4. ^ a b c d e f g MEDIAS PP N-01Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]