HW-01D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.本体
2.箱の画像提供をお願いします。2012年10月
NTTドコモ HW-01D
キャリア NTTドコモ
製造 華為技術日本
発売日 2012年9月5日
概要
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
800MHz2GHz))
データ通信方式 3GFOMA
形状 ストレート
サイズ 49 × 89 × 16.5(最厚部) mm
質量 約84 g
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約530時間
外部メモリ なし
日本語入力 -
FeliCa なし
赤外線通信機能 不明
Bluetooth 不明
放送受信機能 非対応
備考 1. SAR値:0.429W/kg
2. 製造国:中華人民共和国の旗 中国
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 約6万5536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブルー
ピンク
イエロー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

キッズケータイ HW-01D(エイチダブリュー ぜろいち ディー)は、華為技術日本によって開発されたNTTドコモ第3世代移動通信システムFOMA端末である。

ドコモの子ども向け端末、キッズケータイの第5弾である。

概要[編集]

子ども向け安心端末であることから、必要な機能として、通話・防犯ブザー・GPS等の安心に必要な機能だけを簡単に操作できるようになっている。さらに、防水(IPX5/X7)、防塵(ぼうじん)(IP5X)に対応し、強化プラスチックウィンドウと、傷がつきにくい硬度9H9のスーパーハードコーティングを液晶部分に採用している。

綜合警備保障(ALSOK)の『子ども向け かけつけサービス』が提供されており、携帯のGPS位置情報を利用し、子どもの位置把握・親への連絡・警備員駆けつけ(要依頼)等を行っていたが、新規受付を2014年7月末で終了している。(サービスは2017年7月末まで継続予定)[1]

対応サービス[編集]

主な対応サービス
 タッチパネル  FOMAハイスピード  Bluetooth  DCMXおサイフケータイ
iアプリオンライン地図アプリ 直感ゲームメガiアプリ iウィジェット マチキャラiコンシェル
ホームUポケットU GPS/オートGPS/ケータイお探し デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
テレビ電話キャラ電 ケータイデータお預かりサービス フルブラウザ おまかせロックバイオ認証
外部メモリーにアプリ移行/ユーザーデータ一括バックアップ トルカ|iC通信iCお引越しサービス きせかえツールダイレクトメニュー バーコードリーダ名刺リーダ
2in1 エリアメール[2]/ソフトウェアアップデート自動更新 GSM3GローミングWORLD WING 着うたフルうた・ホーダイ
Music&Videoチャネルビデオクリップ デジタルオーディオプレーヤー(AAC)(WMA) iメロディ着信メロディSMAF対応 メロディ/パターン

歴史[編集]

HW-02Cに続いて販売された子供向け携帯電話である。HW-02Cではジャケット交換によって実現されていたカラーバリエーションは本体固定となり、ピンク・黄色・青の3色が展開された。防犯ブザーの取っ手は下から上に変更され、下部にはストラップホールが備えられている。HW-02Cでは定型文しか入力できなかったSMSは自由に文字を書き込めるようになり、液晶ディスプレイの大画面・高解像度化や耐衝撃・ハードコートのボディ、防水・防塵に対応するなどHW-02Cの発展型となっている。

アップデート履歴[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ALSOK子ども向けかけつけサービス」新規受付終了のお知らせ :ドコモからの知らせ2014年7月8日
  2. ^ 2011年12月12日に開始されたアップデート適用後に利用可能。

外部リンク[編集]