L-03E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L-03E
キャリア NTTドコモ
製造 LGエレクトロニクス
発売年 2013年1月19日
概要
通信方式 データ通信方式 = 3.9G: XiLTE
3.5GFOMAハイスピードHSDPAHSUPA
3GFOMAW-CDMA
GSM

WiFi IEEE 802.11b/g/n
通信速度 下り/上り(Xi):100Mbps/37.5Mbps
下り/上り(FOMAハイスピード):14.4Mbps/5.7Mbps
下り/上り(FOMA):384Kbps/384Kbps
形状 モバイルWiFiモデムルーター型
ジョグキー搭載
サイズ 92 × 60 × 19.6 mm
質量 約142 g
連続通信時間 Xiモード12時間 3Gモード13時間
連続待受時間 Xiモード460時間 3Gモード540時間
外部メモリ なし
日本語入力 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 カラー液晶
サイズ 1.8インチ
無線LAN
規格 IEEE802.11g / IEEE802.11b / IEEE802.11n
データ転送速度(規格値) 最大300Mbps
周波数範囲 1~13ch(2,412~2,472MHz)
設定 WPS
セキュリティ WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128/64bit)、
同時接続可能台数 10
USBテザリングを合わせると11
メインカメラ
サブカメラ
カラーバリエーション
 
Black
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

L-03E (エル ゼロ さん イー ) LGエレクトロニクス製のモバイルWi-Fiルーターで、NTTドコモによる第3.9世代移動通信システムLong Term Evolution(LTE)通信サービスXi(クロッシィ)に対応したモバイルWiFiルータ端末である。Xi回線以外にもFOMAハイスピードやGSM、公衆無線LAN接続を使ってWi-Fi通信が可能である。

概要[編集]

  • 本端末は100Mbpsと光ファイバー並みまで向上したXiに対応した初のモバイルWiFiルーターである。またLGエレクトロニクス製のモバイルWiFiルーターとしては初の公衆無線LANへの接続も可能となり、Xiの速度規制をうけないための工夫もなされている(ただし、docomo Wi-Fiへの自動ログイン機能はない)。周波数も800MHzや1.5GHzにも対応したため、広範なエリアでの利用が可能となった。
  • 3,600mAhの大型のバッテリーを搭載しており、連続通信時間はXiモードで12時間、3Gモードで13時間、静止時の連続待受時間はXiモードで460時間、3Gモードで540時間と、長時間の利用が可能となっているほか、その大容量バッテリーの特性を活かしたモバイルチャージャー機能を搭載しており、スマートフォンなどの予備バッテリーとして使うことも可能である。
    また本体付属品のACアダプタ L04またはドコモACアダプタ 04(別売)を使用しての急速充電にも対応している。
  • 本体正面には1.8インチのカラーディスプレーを搭載しており、画面では電池残量、電波状態、無線LAN接続数や自局番号、SSID,WEPキーなども確認できる他、画面下の十字のジョグキーを使って、公衆無線LANのセキュリティーキーやPINロックコードの入力までも端末上で設定できる。(すべての設定がジョグキーで行えるわけではない)
  • APN設定・切替、データ通信量のリミット値設定など、詳細な設定は内蔵webサーバにブラウザでアクセスして行うが、設定ページが「右クリック禁止」「Ctrlキー禁止(コピー&ペースト禁止)」されているなど使いづらい作りとなっている。
  • USBテザリング機能にも対応している。
  • デュアルSSIDに対応している。

歴史[編集]

アップデート・不具合など[編集]

2013年2月21日のアップデート[1]
  • 一定期間利用した際、データ通信ができなくなる不具合を修正する。
  • ビルド番号がV10aからV10bになる。
2014年10月2日のアップデート[1]
  • L-03E本体のデータ通信量表示が正常に表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がV10a、V10bからV10cになる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b L-03Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

外部リンク[編集]