SH-04F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ AQUOS ZETA SH-04F
SH-04F(Orange)前面
SH-04F (Orange・前面)
SH-04F(Orange)背面
SH-04F (Orange・背面)
キャリア NTTドコモ
製造 シャープ
発売日 2014年5月23日
概要
OS Android 4.4 → 5.0
CPU Qualcomm
Snapdragon 801
MSM8974AB 2.3GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3.9GVoLTE(LTE)
3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ストレート型
サイズ 140 × 74 × 9.3 mm
質量 約154 g
連続通話時間 約1420分[1](LTE)
約1380分(3G)
約1070分(GSM)
連続待受時間 約900時間(3G)
約770時間(LTE)
約750時間(GSM)
充電時間 約170分(ACアダプタ05使用時)
約190分(ACアダプタ04使用時)
バッテリー 3300mAh
内部メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
microSDXC
(128GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 iWnn
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 あり
テザリング Wi-fi:10台
Bluetooth:1台
USB:1台
Bluetooth 4.0[2]
放送受信機能 ワンセグ
フルセグ(録画・データ放送対応)
モバキャス
備考 1.実使用時間:約101.7時間
メインディスプレイ
方式 TFT
IGZO+PureLED
解像度 FHD
(1920×1080ドット)
サイズ 5.4インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1310万画素裏面照射型CMOS
機能 2160p動画撮影、リアルタイムHDR、押しっぱなし連写、近接撮影、多焦点撮影、全天球撮影、フレーミングアドバイザー、検索ファインダー、翻訳ファインダー
サブカメラ
画素数・方式 210万画素画素裏面照射型CMOS
カラーバリエーション
Orange
Black
White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン AQUOS ZETA SH-04F(ドコモ スマートフォン アクオス ゼータ エスエイチゼロヨンエフ)は、シャープによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。

概要[編集]

SH-01Fの事実上の後継機種で、NTTドコモ向け端末では初となる三辺狭額縁のEDGESTデザインを採用している。なお、本機種よりブランド名が従来の「AQUOS PHONE」から同社のAV機器と同じ「AQUOS」へと統一されている。

NTTドコモの2014年夏モデルのスマートフォンでは最大級となる5.4インチFHD液晶を搭載しており、画面占有率が約81%に達した。また5.4インチFHD液晶を搭載しながらも、横幅は約74mmに抑えられている。

また、IGZO液晶が強化されており、3300mAhの大容量バッテリーと併せることによって約4日間充電せずに使用する事が可能となっている。

カラーバリエーションは3色でありそれぞれの質感が演出されている。 Orange→マット、Black→グロス、White→スムース

「グリップマジック」機能は、従来からのボタンを押さなくても手に持つだけで画面スリープが解除されてロック画面が表示されたり、寝転んだ姿勢でのムダな画面回転を抑えるといった機能、着信時やアラームの音量を抑える機能に加えて、ポケットやカバンに入れている状態でも握るだけで不在着信や未読メールがあることをバイブで通知する機能や通話中に置くだけで自動的に保留やミュートにしたり、スピーカーフォンに切り替える機能、メディア再生中に机の上などに置くと、自動的に音量を上げたり、机の上や人目につく場所に置いた状態で着信があった際、発信者の名前と写真は表示されず番号のみが表示され、端末を手に握ると名前と写真が表示される簡易シークレット機能が追加されている。それぞれの機能は事前に設定をONにしておく必要がある。

他にも、先代機種では廃止された赤外線通信機能が復活している。

キャッチコピーは「あふれ出る臨場感と余裕のスタミナ。IGZO搭載全身スクリーン AQUOS」

搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー Xi[3]/FOMAハイスピード[4]/VoLTE Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/赤外線/トルカ
ワンセグ[5]/フルセグ[6]/モバキャス[7] メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他) GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー

歴史[編集]

  • 2014年5月14日 - NTTドコモより発表・事前予約開始。
  • 2014年5月23日 - 発売開始[8]
  • 2014年6月27日 - ソフトウェア更新によりVoLTEに対応。
  • 2015年11月19日 - ソフトウェア更新によりAndroid 5.0 へとアップデート。

アップデート・不具合など[編集]

2014年6月9日のアップデート[9]
  • 携帯電話(本体)の操作中に再起動する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.03から01.00.04になる。
2014年6月27日のアップデート(機能バージョンアップ)[9]
  • 機能バージョンアップ
    • 「VoLTE(ボルテ)」に対応。本端末を利用して、VoLTEを利用可能となる。
  • 不具合修正
    • ホーム画面をFeelUXに設定中、画面回転を行うと携帯電話(本体)が再起動する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.04から01.01.02になる。
2014年7月29日のアップデート[9]
  • マナーモード設定後解除すると、着信バイブレーション設定が変わる場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.02から01.01.03になる。
2014年9月16日のアップデート[9]
  • ビデオコール時、自端末に表示される相手画像が正常に表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.0201.01.03から01.01.04になる。
2014年11月17日のアップデート[9]
  • 通話中、相手の声に雑音が混入する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.0201.01.0301.01.04から01.01.05になる。
2015年4月20日のアップデート[9]
  • 特定の条件下でUSBテザリングができない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.0201.01.0301.01.0401.01.05から01.01.07になる。
2015年8月6日のアップデート[9]
  • 特定の条件下において、通話時間が正しく表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.0201.01.0301.01.0401.01.0501.01.07から01.01.08になる。
2015年11月19日のアップデート(OSバージョンアップ)[9]
  • OSのバージョンアップ(4.4 → 5.0)を行う。
  • カメラ・通知・設定など様々な面での機能改善を行う。
  • Android標準メールアプリでメール添付されたデータがまれに再度取得できない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0301.00.0401.01.0201.01.0301.01.0401.01.0501.01.0701.01.08から02.00.01になる。
Pokémon GO』での不具合
「Android4.4以上、RAM2GB以上」を満たすシャープ製端末で2016年7月22日のリリース以来、本製品だけがダウンロードできない状態となっていたが、同年8月3日にダウンロードできるようになった[10]

脚注[編集]

  1. ^ ビデオコール:約340分
  2. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、DUN、OPP、SPP、HID、A2DP(aptX/SBC対応)、AVRCP、PBAP、PAN(PAN-NAP/PANU対応)、HDP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP、HOGP
  3. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  4. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  5. ^ 連続視聴時間:約620分
  6. ^ 連続視聴時間:約480分
  7. ^ 連続視聴時間:約580分
  8. ^ 報道発表資料 : 2014夏モデルの2機種を発売 -「ドコモ スマートフォン AQUOS ZETA SH-04F」「ドコモ ケータイ F-07F」- | お知らせ | NTTドコモ
  9. ^ a b c d e f g h AQUOS ZETA SH-04Fの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  10. ^ 「Pokémon GO」がダウンロードできないという、お問い合わせについて - シャープ公式、2016年8月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
AQUOS PHONE ZETA SH-01F
シャープ
AQUOS ZETA
SH-04F
次代:
SH-01G