302KC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京セラ > DIGNO > 302KC
ワイモバイル DIGNO T 302KC
キャリア ワイモバイル
製造 京セラ
発売日 2014年9月11日
概要
OS Android 4.4.2
CPU Qualcomm
Snapdragon 400
MSM8926
1.2GHz(クアッドコア)
音声通信方式 UMTS GSM
(AXGP 2.5GHz帯/
LTE Bands 1/8
UMTS Bands 1/8
GSM Tri Bands)
データ通信方式 AXGP LTE UMTS GSM
形状 ストレート型
サイズ 132 × 65 × 11.2 mm
質量 139 g
連続通話時間 検討中
連続待受時間 検討中
バッテリー 2000mAh
(取り外し可能)
内部メモリ ROM:8GB
RAM:1.5GB
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC(最大32GB)
日本語入力 iWnn
赤外線通信機能 なし
テザリング あり(最大8台)
Bluetooth 4.0
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 qHD
(540x960ドット
サイズ 4.5インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 800万画素CMOS
サブカメラ
画素数・方式 196万画素CMOS
カラーバリエーション
Black
White
Blue
Orange
Green
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

DIGNO T 302KC(ディグノ ティー サンマルニケイシー)は、京セラによって開発された、ワイモバイル(「電話サービス(タイプ1)」対応)の第3.9世代移動通信システムスマートフォン端末である。

概要[編集]

302KCは、2014年9月11日に発売された端末。複数のヤフーのアプリケーションがプリインストールされている[1]

本端末はソフトバンクモバイル網(以前のEMOBILE 4G-Sだが、初のHybrid 4G LTE仕様)ベースであるため、キャリアメールは、ymobile.ne.jpが割り当てられ(emobile-s.ne.jpおよびwcm.ne.jp利用者は継続利用が可能な場合がある)、Google+ ハングアウトを用いて行う[2]緊急速報メールも、ソフトバンクモバイル型が採用されている。ただし、ワイモバイル自社網(LTE Bands 3/UMTS Bands 9)は利用不可。

ソフトバンクモバイル網ベースであるためか、302HWとは異なり、SIMロックがかけられている。

沿革[編集]

アップデート履歴[編集]

  • 2014年12月9日 - ソフトウェア更新。バージョン(ビルド番号):101.0.2c00
    カメラ中央部の色味が異なる場合があったため、色調を調整。動作の安定性を向上。
  • 2015年4月21日 - ソフトウェア更新。バージョン(ビルド番号):102.0.2e00
    セキュリティ機能の改善。動作の安定性を向上。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]