ASUS ZenFone 5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ASUS > ASUS ZenFone > ASUS ZenFone 5
ZenFone 5
Asus Zenfone 5 Logo.png
Asus zenfone 5 Front.JPG
ZenFone 5のデュアルSIMモデル
製造 ASUS
発売日 2014年7月8日(台湾)

2014年11月8日(日本)

概要
OS Android 4.3
Android 4.4/Android 5.0にアップデート可能
(日本向けA500KLは4.4標準搭載)
CPU Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHz 4コア
音声通信方式 GSM:850/900/1800/1900MHz
データ通信方式 UMTS:800/850/900/1900/2100MHz
LTE:700/800/900/1800/1900/
2100/2300/2500/2600MHz
TD-SCDMA:2000/1900MHz
※モデルにより異なる。
形状 ストレート型
サイズ 148.2 × 72.8 × 10.34 mm
質量 145 g
バッテリー 2110mAh
内部メモリ RAM:1/2GB
Storage:8/16/32GB
外部メモリ microSDXC
(最大64GB)
赤外線通信機能
テザリング あり
Bluetooth 4.0
備考 SIMフリー
デュアルSIM対応(A500CG)
メインディスプレイ
方式 TFT
IPS方式
ゴリラガラス3
解像度 (1280×720ドット)
サイズ 5.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 800万画素
サブカメラ
画素数・方式 200万画素
カラーバリエーション
White
Black
Red
Gold
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ZenFone 5(ゼンフォン ファイブ)は、中華民国ASUSによって開発された、第4世代移動通信システム対応のSIMフリーAndroidスマートフォンである[1]

2014年7月に台湾で発売された。CPUはSnapdragon 400モデルと、Intel Atomシリーズの廉価版となるZ2580、若しくはZ2560を搭載した計3種類が用意されている。メモリは2GBモデルと、廉価版の1GBモデルの2種類。

OSはAndroid 4.3を搭載しており、現在は5.0までアップデートされている。日本で発売されたモデルは、4.4が標準で搭載されている。2015年4月30日には、Android 5.0 Lollipopへのアップデートが日本版を除き開始され[2][3][4] 2015年10月20日に日本版へのアップデートが開始された。 またASUS独自のZen UIが搭載されている。

日本ではA500KLが2014年11月に発売されるが、日本で使われているLTEバンドの6や19に対応のほか、日本語入力アプリのATOKプリインストール、シャッター音が消せなくなるなど、日本国向けにローカライズされている。

モデル一覧[編集]

各国のモデルの仕様表。

製品番号 A500KL A500KL
(日本向け)
A500KL
(TD-SCDMA版)
A500CG A501CG
2G GSM:850/900/1800/1900MHz
3G 900(B8)/1900(B2)/2100(B1)MHz 800/850/900/1900/2100MHz 850(B5)/900(B8)/1900(B2)/2100(B1)MHz
4G 700(B28)/900(B8)/1800(B3)/2600(B7)MHz 800(B19)/900(B8)/1800(B3)/2100(B1)/2600(B7)MHz 1800(B3)/1900(B39)/2300(B40)/2500(B41)/2600(B7)/2600(B38)MHz なし
TD-SCDMA なし 2000/1900MHz なし
SoC Qualcomm
Snapdragon 400
MSM8926
Intel Atom Z2580 Intel Atom Z2560
動作周波数 1.2GHz
4コア
2GHz
2コア
1.6GHz
2コア
RAM 2GB 1GB
その他の仕様 ATOKプリインストール
日本のMVNO向けAPNプリセット標準搭載
デュアルSIMスロット搭載
脚注 [5] [6] [7] [8] [9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

先代:
-
ASUS ZenFone
ZenFone 5
次代:
ZenFone 2