AQUOS CRYSTAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル AQUOS CRYSTAL
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2014年8月29日
概要
OS Android 4.4.2
→4.4.4
CPU Qualcomm
Snapdragon 400
MSM8926 1.2GHz(クアッドコア)
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA900MHz帯対応)
GSM
データ通信方式 3.9G:SoftBank 4G
(AXGP)/
SoftBank 4G LTE
(FDD-LTE)
2G:EDGE
Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi認証)
形状 ストレート型
サイズ 約131 × 約67 × 約10 mm
質量 約140 g
連続通話時間 3G:約800分
GSM:約510分
連続待受時間 LTE:約530時間
AXGP:約480時間
3G:約620時間
GSM:約570時間
充電時間 約150分(ACアダプタ)
約230分(DCアダプタ)
バッテリー 2040mAh
内部メモリ ROM:8GB
RAM:1.5GB
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC
(最大32GB)
microSDXC
(最大128GB)
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth 4.0[注 1]
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 S-CG Silicon
解像度 HD
(1280×720ドット
サイズ 5.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素裏面照射型CMOS
機能 手ぶれ補正機能
顔認識
音声認識シャッター
サブカメラ
画素数・方式 120万画素画素CMOS
カラーバリエーション
ホワイト
ブラック
ピンク
ブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

AQUOS CRYSTAL(アクオス クリスタル)は、シャープによって開発された、ソフトバンクモバイル第3.9世代移動通信システムHybrid 4G LTESoftBank 4GSoftBank 4G LTE端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.4を搭載している。モデル番号は305SH[1]

概要[編集]

アメリカ合衆国のスプリントと同時展開されるスマートフォンであり、ソフトバンクモバイルでは「日米共同開発モデル」として位置付けているが[2]、双方でわずかに仕様が異なる。

重量は米国向けモデルの141グラムよりも1グラム軽い140グラムとなっている。カラーバリエーションは米国モデルがブラックホワイトのみだが、日本向けモデルはピンクブルーが追加されている。またUSBホスト機能のOTG 1.3にも対応する[3]

対応通信方式はGSM非対応の米国向けモデルと異なり、唯一この日本向けモデルは対応している。これに加えてUMTS(B8/B1)、LTE(B1/B3/B8/B41)にも対応する[3]

なお共同調達モデルのため、ワンセグフルセグおサイフケータイ及びNFC赤外線通信には対応しておらず、防水・防塵性能も装備されていない[4]

OSはAndroid 4.4.2を搭載しているが、インターフェースデザインはNexus端末のようなAOSPベースの米国モデルと異なり、そのほかのシャープ製Android 4.4スマートフォンに搭載されているシャープ独自UIの「Feel UX」が採用されている。

販売形態[編集]

価格はソフトバンクモバイル向けの場合、Harman/Kardon製ワイヤレススピーカー「ONYX STUDIO」が付属し、一括で5万4480円という価格が設定されている。それに対して、グローバルモデルAQUOS Crystal 306SHにはスピーカーが付属せず、スプリントで239ドル(約2万5000[5]、同社傘下のプリペイドブランドであるブースト・モバイル英語版およびヴァージン・モバイルUSA英語版ではさらに安価な149ドル(約1万5000円)で、長期契約の縛り無しでの購入が可能になっている。そのため、日本向けモデルの305SHは、売上の確保や、2年契約を前提とした新スーパーボーナスによる販売方式に適応させるため、ソフトバンクモバイルが価格を釣り上げているのではないかと指摘されている[6]

せっかくの共同調達モデルで低価格帯であるものの、ソフトバンクモバイルではスピーカー無し価格の2万円で購入できないため、「端末を適正な価格で購入できる」という当たり前な環境が実現できていないなどの評価もされている[7]

製品番号 306SH 306SH 306SH 305SH
販売国 米国 日本
キャリア スプリント ヴァージン・モバイル ブースト・モバイル ソフトバンクモバイル
ホワイト/ブラック ブラック ホワイト ホワイト/ブラック/ピンク/ブルー
スピーカー付属 無し 有り
SIMロック ロック
※90日契約でSIMフリー可能
ロック
※解除不可
価格
(最低契約期間)
239.99ドル(14日) 149.99ドル(0日) 54,480円
脚注 [8][9][6][10][11]

搭載アプリ[編集]

その他機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル HD液晶 5.0インチ フルブラウザ Hybrid 4G LTE
(SoftBank 4G[注 2]SoftBank 4G LTE [注 3])
バッテリー容量 2040mAh テザリング WiFi GPS
800万画素カメラ ワンセグフルセグ デジタルオーディオプレーヤー おサイフケータイNFC
Bluetooth 赤外線通信 緊急速報メール 防水防塵

歴史[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:GAP、SPP、A2DP、AVRCP、HFP、OPP、HSP、HID、PAN、HDP、PBAP、PASP、ANP、FMP、PXP、TIP、HOGP
  2. ^ 受信:最大110Mbps/送信:最大10Mbps
  3. ^ 受信:最大75Mbps/送信:最大25Mbps

出典[編集]

  1. ^ AQUOS CRYSTAL お願いとご注意 (PDF)”. ソフトバンクモバイル株式会社. p. 2 (2014年8月). 2017年2月14日閲覧。
  2. ^ a b フレームレススマートフォン「AQUOS CRYSTAL」、8月29日発売”. プレスリリース. ソフトバンクモバイル株式会社 (2014年8月18日). 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ a b SoftBank Sharp AQUOS Crystal 305SH Specs
  4. ^ あるかでぃあ (2014年8月19日). “正面全部液晶画面!?フレームレスデザインのソフトバンク向けグローバルスマホ「AQUOS CRYSTAL 305SH」を写真でチェック【レポート】”. S-MAX. ケーマックス・ラボ. 2017年3月10日閲覧。
  5. ^ S-MAX編集部 (2014年8月26日). “ソフトバンクとスプリントの“シナジー”が加速!シャープ製スマホ「AQUOS CRYSTAL」の共同調達などで勢いづく「戦略的新商品発表会」を開催【レポート】”. S-MAX. ケーマックス・ラボ. 2017年3月10日閲覧。
  6. ^ a b 石川温 (2014年8月29日). “AQUOS CRYSTALがアメリカでは縛り無しで149ドルで販売━━安価なはずの端末を安く買えない割賦販売は「制度疲労」か”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2017年3月12日閲覧。
  7. ^ 石川温 (2014年8月20日). “ソフトバンク新スマホ、ユーザーの恩恵はいずこへ”. 日経サプリ with TBS. 日経・TBS スマートメディア. 2017年2月27日閲覧。
  8. ^ Sharp AQUOS Crystal - Sprint公式ウェブサイト
  9. ^ Sharp’s First AQUOS Smartphone Comes to the U.S. – Sharp AQUOS Crystal Arriving Exclusively at Sprint, Boost Mobile and Virgin Mobile” (英語). NEWSROOM. Sprint.com (2014年8月19日). 2017年3月13日閲覧。
  10. ^ 西田宗千佳 (2014年8月29日). “シャープ「アクオス・クリスタル」の乾坤一擲”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2017年3月12日閲覧。
  11. ^ 吉田 (2014年3月21日). “VerizonとSprintも、SIMロック解除ポリシーに同意しているはずだが。GSMキャリアでない2社は、アンロックに対してあまり積極的ではなさそう。。。?”. ハナセル店長の日記. ハナセル. 2017年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]