SoftBank 830N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

SoftBank 830Nソフトバンク はちさんまる エヌ)は、日本電気NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)が開発、製造したソフトバンクモバイル第3世代携帯電話SoftBank 3G)端末である。当初、2月20日の発売を予定されていたが約1週間延期され2月26日に発売された。

ここでは後継機であるSoftBank 841Nソフトバンク はちよんいち エヌ)についても記述する。

ソフトバンクモバイル 830N、841N
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 日本電気
発売日 2009年2月26日(830N)
概要
OS Linux
CPU M2
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
2GHz
データ通信方式 HSDPA
形状 スライド型
サイズ 113 × 49 × 13.9 mm
質量 約113 g
連続通話時間 約220分(日本国内・静止時)
連続待受時間 約570時間(日本国内・静止時)
充電時間 120分
外部メモリ microSD(2GBまで)

microSDHC(8GBまで)

FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルワイドVGA
(480×854ドット
サイズ 約3.0インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約320万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
グリッターオレンジ(830N)
ピアノブラック(830N)
パールホワイト(830N)
フロストグリーン(830N)
エナメルピンク(830N)
エッジパープル(841N)
ホワイト(841N)
ブルーブラック(841N)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

特徴[編集]

ソフトバンク2009年春モデルのNEC製のスライド型端末。同時期に発売されたNECのNTTドコモ向けモデル「N-04A」とは、全く同じではないが機能やデザインには共通点も多い。

筺体デザインは、突起類の露出を排した、薄くコンパクトな直方体形状で、ディスプレイ側下部の『=SoftBank』ロゴのさらに下方に3個のタッチセンサーを備え、筺体を閉じたままでもテレビやカメラ等の機能を利用出来る。そして、N-04Aと同様、スライドした時に画面が若干手前に傾く、「アークスライド」を採用している。

ソフトバンク向けNEC端末では初めてとなる、フルワイドVGA液晶やFelicaBluetoothを搭載している。また、3Gハイスピードは下り最大7.2Mbpsに対応している。

サービス面では、モバイルウィジェットにも対応。

841Nは、830Nとカラーバリエーションが異なるほか、大きな変更点はない。

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況 Twitter
841Nのみ
S!ループ S!タウン S!速報ニュース
(おためしコンテンツ)
S!情報チャンネル
(3Gお天気アイコン)
S!FeliCa
PCサイトブラウザ
電子コミック
S!アプリ
(メガアプリ)
着うたフル着うた
デコレメール
(マイ絵文字)
S!電話帳バックアップ PCメール
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ
(W-CDMAのみ)
S!GPSナビ デルモジ表示
(アニメビュー)
ワンセグ
3Gハイスピード
(下り7.2Mbps対応)
S!おなじみ操作 ダブルナンバー
着デコ きせかえアレンジ
(カスタムスクリーン)
安心遠隔ロック モバイルウィジェット

歴史[編集]

不具合[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]