SoftBank 830N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SoftBank 830Nソフトバンク はちさんまる エヌ)は、日本電気NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)が開発、製造したソフトバンクモバイル第3世代携帯電話SoftBank 3G)端末である。当初、2月20日の発売を予定されていたが約1週間延期され2月26日に発売された。

ここでは後継機であるSoftBank 841Nソフトバンク はちよんいち エヌ)についても記述する。

ソフトバンクモバイル 830N、841N
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 日本電気
発売日 2009年2月26日(830N)
概要
OS Linux
CPU M2
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
2GHz
データ通信方式 HSDPA
形状 スライド型
サイズ 113 × 49 × 13.9 mm
質量 約113 g
連続通話時間 約220分(日本国内・静止時)
連続待受時間 約570時間(日本国内・静止時)
充電時間 120分
外部メモリ microSD(2GBまで)

microSDHC(8GBまで)

FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルワイドVGA
(480×854ドット
サイズ 約3.0インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約320万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
グリッターオレンジ(830N)
ピアノブラック(830N)
パールホワイト(830N)
フロストグリーン(830N)
エナメルピンク(830N)
エッジパープル(841N)
ホワイト(841N)
ブルーブラック(841N)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

特徴[編集]

ソフトバンク2009年春モデルのNEC製のスライド型端末。同時期に発売されたNECのNTTドコモ向けモデル「N-04A」とは、全く同じではないが機能やデザインには共通点も多い。

筺体デザインは、突起類の露出を排した、薄くコンパクトな直方体形状で、ディスプレイ側下部の『=SoftBank』ロゴのさらに下方に3個のタッチセンサーを備え、筺体を閉じたままでもテレビやカメラ等の機能を利用出来る。そして、N-04Aと同様、スライドした時に画面が若干手前に傾く、「アークスライド」を採用している。

ソフトバンク向けNEC端末では初めてとなる、フルワイドVGA液晶やFelicaBluetoothを搭載している。また、3Gハイスピードは下り最大7.2Mbpsに対応している。

サービス面では、モバイルウィジェットにも対応。

841Nは、830Nとカラーバリエーションが異なるほか、大きな変更点はない。

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況 Twitter
841Nのみ
S!ループ S!タウン S!速報ニュース
(おためしコンテンツ)
S!情報チャンネル
(3Gお天気アイコン)
S!FeliCa
PCサイトブラウザ
電子コミック
S!アプリ
(メガアプリ)
着うたフル着うた
デコレメール
(マイ絵文字)
S!電話帳バックアップ PCメール
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ
(W-CDMAのみ)
S!GPSナビ デルモジ表示
(アニメビュー)
ワンセグ
3Gハイスピード
(下り7.2Mbps対応)
S!おなじみ操作 ダブルナンバー
着デコ きせかえアレンジ
(カスタムスクリーン)
安心遠隔ロック モバイルウィジェット

歴史[編集]

不具合[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]