SoftBank 832SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 832SH / 832SHs
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2009年8月7日(832SH)
10月16日(832SHs)
概要
CPU U360
音声通信方式 SoftBank 3GGSM
(2.0GHz(W-CDMA)
900/1800/1900MHz(GSM))
データ通信方式 HSDPA
下り最大3.6Mbps
形状 折りたたみ式
サイズ 105 × 49 × 15.9 mm
質量 102 g
連続通話時間 230分(日本国内・W-CDMA)
210分(GSM)
連続待受時間 310時間(日本国内・W-CDMA)
280時間(GSM)
充電時間 135分
外部メモリ microSD(2GBまで)
microSDHC(8GBまで)
FeliCa あり (Faver 2.0, アドホック通信可)
赤外線通信機能 あり (IrDA)
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 NewモバイルASV液晶
解像度 WQVGA
(240×400ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 39×96ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 白1色
メインカメラ
画素数・方式 320万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ホワイト(832SH)
ブラック(832SH)
ライトブルー(832SH)
ゴールド(832SH)
ビビッドピンク(832SH)
ディープシーブルー(832SHs)
シルバー(832SHs)
ピンク(832SHs)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 832SH(そふとばんく832SH)は、シャープが開発し、ソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末である。また、ここでは、成熟世代をターゲットとしたGENT SoftBAnk 832SHs(そふとばんく832SHs)についても解説する。

特徴 [編集]

832SHは、SoftBank 831SH、832SHsはSoftBank 831SHsのそれぞれ廉価モデルである。ワンセグ機能やGPS、モーションコントロールセンサー、タッチパネル、防水機能には対応しておらず、実質0円での販売がスタートした。

不具合[編集]

2009年9月7日 - 電話帳に登録している電話番号を待受画面に登録(デスクトップショートカット)しようとすると電源リセットが発生する不具合(832SH)

2010年5月31日 - S!アプリ待受設定と簡易留守録設定を同時に有効にすると、着信時に着信音やバイブが鳴動しなくなる不具合(832SH)

  • 未修正
    • Yahoo!ケータイまたはPCサイトブラウザの「スクリプト設定」(JavaScript)をオンにしたまま悪意あるサイトを閲覧すると、個人情報が詐取されてしまう恐れがある不具合。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]