SoftBank 102HW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SoftBank 102HW
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 華為技術日本
発売年 2012年10月19日
概要
通信方式 データ通信方式 = 3.9G: AXGP
3.5GULTRA SPEEDDC-HSDPA
3GSoftBank 3GW-CDMA
WiFi IEEE 802.11a/b/g/n
通信速度 下り/上り(AXGP):110Mbps/10Mbps
下り/上り(ULTRA SPEED):42Mbps/5.7Mbps
形状 モバイルWiFiモデムルーター型
サイズ 104.8 × 66 × 15.5 mm
質量 約135 g
連続通信時間 最大約8.5時間
連続待受時間 最大約400時間
外部メモリ microSDXCカード(最大64GBまで対応)
日本語入力 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 LED
無線LAN
規格 IEEE802.11b / IEEE802.11g / IEEE802.11n
データ転送速度(規格値) 最大300Mbps
周波数範囲 1~13ch(2,412~2,472MHz)
設定 WPSAOSSに対応
セキュリティ WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128/64bit)、
同時接続可能台数 10
メインカメラ
サブカメラ
カラーバリエーション
 
テクタイトブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 102HW (そふとばんく いちまるにえいちだぶりゅ)は、 華為技術日本製のモバイルWi-Fiルーターで、ソフトバンクモバイルによる、DC-HSDPAサービスであるULTRA SPEEDWireless City PlanningMVNOとして提供する第3.9世代移動通信システムAXGP通信サービスのデュアルモード通信(SoftBank 4G)に対応したモバイルWiFiルータ端末である。

概要[編集]

SoftBank 4Gのデータ端末としては3号機にあたり、初となる下り110Mbpsの高速通信に対応したモデルとなる。

@TCOMはWCPのMVNO事業者であるが、使用する端末としては本端末を採用し、結果、SBMともMVNO契約する形を採用している。



その他機能[編集]

歴史[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]